なつぞら 103話 広瀬すずさんの着物姿

昭和39(1964)年正月、
なつ(広瀬すず)は亜矢美(山口智子)に
晴れ着を着付けもらっていました。
広瀬すずさんの着物姿、きれいですね。

亜矢美から年を聞かれ、なつは27才と
答え、亜矢美に聞き返します。
亜矢美は答えず、花嫁衣裳は着ないのと
聞いてきたので、なつがまた聞き返し
亜矢美が帯を強く締めてきます(笑)

1月3日に晴れ着姿で集まるのが東洋動画の
恒例となっていました。茜(渡辺麻友)
モモッチ(伊原六花)たちも着物姿で
艶やかでしたね。

大杉社長のあいさつ

テーマ音楽とともに大杉社長(角野卓造)が
登場し「漫画のみなさん、あけまして
おめでとうございます」とあいさつします。

大杉は社長を退いて、会長になると言って
から、実はそろばんをやりたかったと
打ち明け、下山(川島明)がバカ笑い(笑)

大杉は、良い鉄道はたくさんの人が利用し
街ができるように、子供たちが喜んで
集まる街を作ってと話し、乾杯します。

モモッチが余興で、傘の上のマリを回し
ました。大杉社長たちが注目してる裏で
なつたちは話します。

神地(染谷将太)坂場(中川大志)は
大杉社長のスピーチに文句を言い出し
下山が正月だからと止めました。
茜と神地が仲が良いので、
堀内(田村健太郎)はびっくり!

仲(井浦新)井戸原(小手伸也)に招かれ
大杉社長がやってきたので、
なつがあいさつします。

大杉は「奥原なつ」という名を覚えいて
「アータのお兄さん、元気かね?面接で
落とさなくて良かったよ」と言うので
なつは「落とした事は忘れてるんだ」
とあきれてました(笑)

なつと坂場は付き合ってるの?

喫茶リボン、坂場は自分もなつも映画には
戻れないと落ち込み始めます。仲に嫌われ
ているからというのです。

さらに、なつは坂場と付き合っているので
茜は映画に戻れるが、なつは戻れないと
坂場たちが言い出し、なつは付き合って
いないといらだちます。

ついに、なつはモモッチが仕上課でうわさを
流してるのではと疑い始めました(汗)
神地は動物ばかりで童話的世界から抜け出し
ていない映画に不満たらたらです。

亜矢美の美しい悲恋

なつがブツブツ言いながら、風車へ帰ると
元ムーランルージュの新年会が行われて
いました。

なつが着替えに行こうとすると
茂木(リリーフランキー)が着物のままで
お酌をしてと頼んできます。

カスミ(戸田恵子)が「雪次郎君、田舎に
帰っちゃったんだって」と言うと
茂木は「今年はせっかく新ビルも完成して
角筈屋ホールという劇場まで作ったのに
雪次郎君にも亀山蘭子と立って欲しかった」
としみじみ言いました。

松井(有薗芳記)がスキャンダルでもあった
んじゃないかと言うと、島貫(岩谷健司)が
亜矢美にも昔スキャンダルがあったと
思い出します。

すると藤正親分(辻萬長)は「スキャンダル
じゃねえ。あれは美しい悲恋だ。その悲恋が
岸川亜矢美を一躍ムーランのスターにした事
は間違いねえ」と言いました。
亜矢美は「やめて下さいよ。そんな昔の話」
と照れます。亜矢美にどんな悲恋が
あったんでしょうね?

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る