なつぞら 88話 咲太郎、声優会社を立ち上げる

なつ(広瀬すず)が風車に戻ってくると
咲太郎(岡田将生)亜矢美(山口智子)
だけでなく、亀井蘭子(鈴木杏樹)
雪次郎(山田裕貴)レミ子(藤本沙紀)
がいました。

茂木(リリーフランキー)から声をかけられ
なつがやっと気づいたので
茂木は「影、薄いんだな。ウスバカゲロウ
だよ」と笑わせます。

咲太郎は、蘭子が漫画映画の声で出るように
なってから、外画・外国のテレビ映画の吹き
替えの仕事が増えるようになったと言い
劇団を辞めて、声優のプロダクションを作る
と打ち明けました。

蘭子とレミ子と雪次郎も劇団を辞めずに
咲太郎の会社に入ると話します。
雪次郎は川村屋を辞めても、食べていけて
るのか心配ですよね。

咲太郎が「いろんな劇団にも声をかけて
役者を集めているんだ。俺は日本の劇団と
役者を救いたいんだ」と言うと
茂木は「良い所に目をつけたと思ってる。
これからは嫌が上にもテレビの時代だ。
放送局も増えて、テレビも一家に一台の
時代だ」と賛成してくれました。

藤正親分ら再登場

咲太郎が藤正親分(辻萬長)にもあいさつ
してきたと話してると、親分本人が登場!

藤正親分は咲太郎に頼みがあって来たと
島貫(岩谷健司)松井(有薗芳記)を中に
入れ、新しい劇団で面倒を見てくれと
話しました。

松井が盗んだ時計を咲太郎に渡したので
咲太郎は逮捕されてしまったのに…。
なつは怒りますが、咲太郎はちょっと嫌な
顔をしながら「わかりました」と答えます。
でも藤正親分たちは声優の仕事をわかって
いない様子でしたね(汗)

短編映画のストーリー

初夏になりますが、ヘンゼルとグレーテルを
元にした短編映画のストーリーがまとまり
ません。

下山(川島明)が作画の作業に入らないと
間に合わないぞと言うと、麻子(貫地谷
しほり)はもう限界とつぶやき
なつはあと一歩のところまで来てると
励ましました。

神地(染谷将太)が作画しながら考えるのは
どうでしょうと提案しますが、麻子が却下!
坂場(中川大志)は森で何が起こるかだと
言うと、茜(渡辺麻友)が北海道の森に
ついて聞いてきます。

なつのアイデア

なつはその夜、十勝を思いながら
森の絵を描いてましたが、寝落ちしました。
すると夢に弥市郎(中原丈雄)が出て来て
吹雪に巻き込まれたなつを抱き上げます。

やがて、なつが目を覚ますと
坂場がいたので、びっくりしました。
落ち着いたなつは「夢で思いついたんです。
魔法です。魔女が魔法で、森の一本の木を
怪物に変えたらどうでしょうか?」
と言います。

その怪物がヘンゼルとグレーテルを守り
悪魔のオオカミをやっつけるのです。
坂場は「あなたを信じます」と賛成し
なつにイメージボードを描いてと
頼みました。

朝になって、2人とも寝てしまいますが
机の上にはいくつかのストーリボードが
出来上がっていましたね。

魔女の魔法で、木が怪物に!

会議で、茜から最後はどうなるかと聞かれ
なつは木の怪物が悪魔の塔を倒し、がれき
の中から子供たちがよみがえり、木の怪物が
塔のあった場所で動かなくなると言います。

下山はこれで進めてくれと言いますが
麻子は暗い顔で、なつと坂場を見ました。
何か引っかかっているようです。

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る