なつぞら 87話 染谷将太さん初登場

なつ(広瀬すず)がヘンゼルとグレーテルを
原作にした短編映画を作りたいと言うと
坂場(中川大志)は「これは君が作るべき
作品です。そのために僕が必ずこの企画を
通します」と言ってくれました。

そして企画が通り、会議が始まります。
坂場は脚本を最初に作るのではなく、
脚本自体もみんなで一緒に作っていきたい
と提案しました。

なつはニッコリしてましたが
麻子(貫地谷しほり)は無表情です。
茜(渡辺麻友)がどういく事かと質問すると
坂場はまずキャラクターのイメージを膨ら
ませ、アニメーターの意志やアイデアに
よって、ストーリーや台詞を生み出すと
説明しました。

すると端に座っていた男が「面白い!」
と入ってきます。堀内(田村健太郎)が
「誰だっけ?」と聞くと、下山(川島明)
が「新人君だよ」と言って、男が
「神地航也です」と自己紹介しました。
染谷将太さんが初登場しましたね。

仲と麻子

ヘンゼルとグレーテルをなつが
魔女を麻子が担当しました。

喫茶リボン、麻子は仲(井浦新)に
脚本を作らずにいきなり描く方法について
意見を聞きます。

仲は短編なので珍しいやり方ではないし
最初はアニメーター主導の短編ばかりだった
ので、坂場はその原点をやろうとしてるの
ではと答えました。

麻子がどうして自分となつを原画にしたのか
と聞くと、仲はお互いに良い刺激になると
思ったと答えます。

神地のアイデアとデッサン力

なつがお菓子の家の絵を描いて見せると
坂場は「面白いです」と言いました。
なつは坂場とキャラクターから物語の
イメージを作り、ストーリー作りが
始まります。

会議室で、なつが描いたイメージボードを
坂場が貼ると、茜がまっすぐ貼り直したい
と言いました。麻子は「相変わらず不器用
ね」とバカにします。

イメージボードを見ながら、下山は「親に
捨てられて、森の中で迷い、お菓子の家を
見つけて、魔女に捕らえられる。ここまで
は原作通りだよね」となぞりました。

坂場は問題はここからで、魔女を殺さず
ヘンゼルとグレーテルが逃げるのは
なつのアイデアだが、魔女よりもっと
悪い奴がいたらと提案します。

なつは、魔女は影の本丸に仕えているだけ
で、本丸は高い塔に住んでいると言うと、
下山はバベルの塔のようなと言いました。

坂場がイメージボードを貼ろうとすると
ピサの斜塔になるからと下山が止めます(笑

なつはその塔に闇の世界を支配する悪魔が
いて、魔女は捕まえた子を塔に連れていかな
いといけないが途中でヘンゼルとグレーテル
が逃げると言いました。

堀内がどうやって?と聞くと
なつは鳥が助けてくれると答えます。
ヘンゼルとグレーテルが森で助けた鳥が
恩返しに来るというのです。
堀内はもうグリム童話ではないと言いますが
神地は「面白い!」と言います。

なつが、いったん2人で逃げるが妹のグレー
テルがまた捕まって、兄のヘンゼルが悪魔の
塔に助けに行くと言うと
神地は面白くない!妹のグレーテルが助けに
行く方がいいといって、サラサラとイメージを
描き上げ、みんなを驚かせました。

さらに神地は、悪魔は塔の上でオオカミを
飼っていて、その餌食として、子供を連れて
来るよう魔女は命じられていたと言って
またサラサライメージを描き上げます。

そして神地は、魔女が悪魔を裏切って
グレーテルの味方になると言い出しました。

麻子が「これは短編なのよ。そんなに複雑に
してどうするの?」とかみつくと
神地は「アクションの連続にすれば何とか
なりますよ」と言いますが
麻子は「一本も作った事がない人が
何を言ってるの」と言い返し
神地は沈黙します(汗)
下山が「今日はこの辺にしとこう」と言って
会議が終わりました。

神地の絵コンテ

喫茶リボン、なつと坂場、下山と麻子は
神地はすごい新人だと話します。
その神地はスタジオでさらさらと絵コンテ
を描いて、茜と堀内が驚いていました。

リボンの麻子が、きちんとした脚本がなくて
どうやって映画を作るのかとぼやいてると
神地が絵コンテを持って登場します。

なつたちは神地の絵コンテを見てびっくり!
しっかりストーリーが出来上がっています。
神地は「使えなかったら、捨てて下さい」
と言いました。

坂場が「魔女が裏切るところが描いてない」
とつっこむと、神地は「僕は魔女のキャラ
が大好きなんです」と去っていきます。

なつが「よかったですね、麻子さん。
魔女のキャラクター、麻子さんが描いたん
じゃないですか」と言うと
麻子は「新人に褒められて喜んでいる場合
じゃないでしょ」と素直じゃないです(笑)

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る