なつぞら 86話 麻子VS坂場、なつと坂場

なつ(広瀬すず)咲太郎(岡田将生)は
新宿の風車に戻ってきました。

亜矢美(山口智子)は千遥(清原果耶)の
写真や手紙を見ながら、結婚相手について
もわざと詳しく書いてないのは、なつたちの
ことを思っているからと言います。

なつが結婚して幸せなれるか心配すると
亜矢美は「なれるよ。自分でこうと決めた事
なら、どんな事があったって前に進んで
いける」と話しました。

ヘンゼルとグレーテル

なつは短編映画の企画に「ヘンゼルとグレー
テル」を提案することにし、夕見子の言葉を
思いだします。

東洋動画スタジオの会議室に下山(川島明)
坂場(中川大志)麻子(貫地谷しほり)なつ
が集まりました。なつがいない間、麻子と
坂場は話し合ったようですが、全然考えが
合わなかったようです(汗)

なつは「ヘンゼルとグレーテル」を原作に
して短編映画を作りたいと提案します。

坂場からなぜ「ヘンゼルとグレーテル」を
やりたいのかと聞かれ、なつは自分は戦災
孤児で、生き別れた妹が休み中に元気で
生きてる事を確認できたと打ち明けました。

坂場が「ヘンゼルとグレーテルをあなた達を
投影したいという事ですか?」と聞くと
なつはそこまでは考えてないが、きっかけ
にはなってると答え、魔女に捕まっても、
兄妹が生きる事を諦めなかったところを
描きたいと伝えます。

麻子と坂場は脚本を立てるか立てないかで
もめはじめ、下山が止めて、とりあえず
ヘンゼルとグレーテルを使う事だけ
決まりました(汗)

モモッチとなつ

喫茶リボンで、なつはモモッチ(伊原六花)
と食事をしながら話します。なつは
「モモッチと話すと気が楽になる」
とゆったりした表情になりました。

なつは坂場をイッキュウさんと呼んで、
「何を言い出すかわからないから怖いが
この人がいれば良い作品ができると妙に
安心する」と言います。

モモッチが「それってもしかして好きに
なった?」と聞くと
なつは「え?違うわ」と否定しました(笑)
モモッチは坂場の父は大学教授らしいと
教えてくれます。

坂場、風車に来る

坂場が風車を訪ねてきて、なつに会いに
来たというと、亜矢美はお客さんと一緒に
「なっちゃん!」と呼んでくれました(笑)

なつは坂場を2階へ連れて行きます。
大急ぎで片づけて、中に入れると
坂場はキョロキョロと部屋の中を
見回します。

坂場が千遥の写真を見つけると
なつは事情があって会えなかったが
手紙と絵を残してくれたと話しました。

そして、なつは「絵は私たち兄妹にとって
ヘンゼルとグレーテルが落としていったパン
だとある人に言われました。帰り道を残す
ための道しるべなんです」と言います。

坂場が、ラストで魔女をかまどに突き飛ばし
殺してしまうシーンについて問題だと言うと
なつも確かに残酷だと賛同し、魔女を殺さず
逃げる事にしたらと提案しました。

坂場は「それでも魔女が追ってきたら
どうなりますか?魔女とは、子供たちの
自由や未来を奪うような社会の理不尽さ
みたいな象徴です。それとどう戦うか」
と言って、ノートにキーワードを
書いて行きます。

そして坂場は「今、君の話を聞いて確信
しました。これは君が作るべき作品です。
そのために僕が必ずこの企画を通します」
と話し、去っていきました。

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る