いだてん 25話 萩原健一さん、桐谷健太さん、斎藤工さん

古今亭志ん生(ビートたけし)が高座に上り
「今晩から、いだてん第二部の幕開けです」
と言ってから、前回の残り物があると
大正12年、関東大震災の直後の話に
なります。

嘉納治五郎(役所広司)は第8回パリ国際
オリンピックへの参加を表明しました。
金栗四三(中村勘九郎)は現役引退していま
したが、八島健三(國友久志)たち選手の
伴走者として応援にあたります。

ところが背中でゴールテープを切ってしまい
野口(永山絢斗)が「一着、金栗四三!
2時間36分」と叫びます。
金栗四三は34才で三度目のオリンピック
出場を決めたのです。

萩原健一さんが、高橋是清役でラストに
登場してましたね。残り物が終わって
田畑政治の話になります。

原勇弥さんから阿部サダヲさんへ

日本代表の日本泳法がクロールに惨敗し
田畑政治(原勇弥)は悔しさのあまり
浜名湖に身を投げました。

4年の月日が流れて、水から上がって来た
のが、阿部サダヲさんの田畑政治です。
政治はスーツ姿に着替え、メガネをかけて
第二部がスタートします。

大正13(1924)年、関東大震災の翌年
田畑政治が東京日本橋を歩いてると
走っていた金栗四三とぶつかりました。
政治は朝日新聞社の入社試験を受けます。
伝書鳩が飛んでいきました。

社長の村山龍平(山路和弘)と
緒方竹虎(リリー・フランキー)を前に
政治は日本水泳について力説します。

高座は古今亭志ん生から
五りん(神木隆之介)にバトンタッチです。
村山から君自身は泳がないのかと聞かれ
政治は医者に止められてると言って
政治(山時聡真)の頃の回想シーンが
流れました。

面接後、緒方は不合格としますが、村山が
顔がいいからと合格にしてくれましたね。

桐谷健太さん初登場

田畑政治は政治部に入り、立憲政友会の担当
となりますが、水泳にも興味があるので
運動部の河野一郎(桐谷健太)
尾高(じろう(シソンヌ))ともめます。

河野は金栗四三の弟子で、早稲田大学時代の
河野(大下ヒロト)は箱根駅伝に出ていて
陸上に力を入れていました。それに水泳推し
の政治は我慢ならないのです。

第8回パリオリンピック報告会が行われ
四三は32km地点んで意識を失って
しまったと報告し「破れて悔いなし。
幸せな選手生活でした」と話します。

そこへ政治がかみついていき
野口はすべては自分の責任だと体協主事を
辞任すると頭を下げました。

しかし政治は嘉納治五郎の辞任を求めて
暴れだし、治五郎は政治を一本背負い!
四三から「こちらが嘉納治五郎先生たい」
と言われ、政治は驚きます(笑)

政治が水泳連盟を作りたいと言うと
治五郎は「よかろう。好きにしたまえ」と
許してくれました。寛大ですね。

斎藤工さん初登場

田畑政治は高石勝男(斎藤工)
野口一雄(三浦貴大)松澤一鶴(皆川猿時)
とともに大日本水泳連盟を立ち上げます。
「水連」という看板をたてて
麻雀してました(汗)

点棒を落とした高石が、それを拾おうとして
床下の収納を開けてみると、はしごが下へと
続いていて、下の空間には水槽があって
船が浮かんでいました。帝国大学の船舶の
施設があったのです。

朝日新聞社に細田(政修二郎)が普通選挙法
の原文を手に入れたと駆け込んできます。
緒方は手分けして、写せと命じますが
政治は字が下手で、仕事から外されました。

薬師丸ひろ子さん、マリー役

大正15年12月、政治は緒方に好かれて
バー「ローズ」に連れて行かれます。
ママのマリー役で薬師丸ひろ子さんが
登場しましたね。

政治がバーをバカすると、マリーは
このバーで、緒方は枢密院の
三浦梧楼(小林勝也)と親しくなり
明治天皇が崩御された時、
次の元号が「大正」だと教えてくれた
と明かします。マリーは、大正の時の
号外を見せてくれました。

次の年号は何か政治が聞きに行こうと
すると、三浦は鬼籍に入られた、
亡くなられたとマリーは話します。

しかしマリーは、日日新聞の記者が
コースターにメモしていたと教えてくれ
政治は鉛筆でなぞってみると
「光文」という字が浮かび上がりました。

トランプ占いをしていたマリーは
ジョーカーが出たので、驚き
政治の腕をつかんで、手相を見ます。
マリーは政治に、良い手相だが、30才で
死ぬと言い出しました。政治はおじいさん
は55才、おやじは43才、俺は30才か
と嘆き悲しみます。

明治→大正→昭和

田畑政治が通りを歩いていると、大正天皇が
崩御されたとラジオで流れました。
政治は「30って、あと2年しかない」と
つぶやき、日本橋から川を見ます。
政治が去ると、欄干に手形が映ってましたね。

朝日新聞社へ戻ると、次の年号は何かと
緒方たちが騒いでいました。政治は「光文」
だと思い出しますが、日日新聞の号外が
出てしまった後でした。緒方は正確を期す
ため、裏を取るよう指示を出します。
やがて次の元号は「昭和」となりました。

田畑政治と美濃部孝蔵

昭和2年、美濃部孝蔵(森山未來)は
おりん(夏帆)や子供たちとともに大八車で
移動してると、テレビ寄席が聞こえてきます。

高座に座った孝蔵は「火焔太鼓」を演じて
いると、客席にいた政治が「あんた朝太か?
あんた財布取ったろ?弁天橋で、返せ」
と気が付きました(笑)

体協本部は野口と岸(岩松了)が卓球をして
可児(古舘寛治)が審判になっています。
陸連と水連に別れて、暇になったようです。

1年後のアムステルダムオリンピックの
招待状が届きます。政治が水連本部へ行くと
船舶の水槽が室内プールに変っていました。
スチームを引いてるので、冬は温水プールに
なります。

水泳推しの政治と、陸上推しの河野が
体協本部へ来て、アムステルダムへの
派遣選手を競いだしました。
岸は「勝手にやってくれ。金も自分で
集めてくれ」と冷たいです。

萩原健一さんは高橋是清役

朝日新聞社の緒方のもとへ、電話がかかって
きました。「あんたのところの若い者が
来ている」と言うので、緒方はどんな男かと
聞きます。電話の主が、せわしい男だという
ので、政治だとわかりました(笑)

緒方が「どちら様で?」と聞くと
電話の主は「高橋是清だ」と答え
緒方は「つまみだして下さい」と言います。

体協本部では、嘉納治五郎が「初心に返って
金栗君や三島君のように自腹参加にしよう」
と言い出します。

そこへ田畑政治が風呂敷包みを抱えて
やってきました。政治は金を出してもらった
と言って、札束をどんどん渡していきます。
1万円、2万円・・・全部で、6万円を
高橋是清から出してもらったのです。

屋敷の応接室に、田畑政治(阿部サダヲ)と
高橋是清(萩原健一)が対峙します。
萩原健一さんがラストで登場しましたね。

いだてん あらすじネタバレ、感想
いだてん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る