なつぞら 78話 陽平「天陽、結婚するって」

昭和33(1958)年春、
「わんぱく牛若丸」の制作が大詰めを迎えて
いました。麻子(貫地谷しほり)から
「まだなの?ここからの遅れは、仕上げに
迷惑かけるばかりだからね」と言われ
なつ(広瀬すず)は机に向かいます。

茜(渡辺麻友)が「マコさんが大人しく
してた方が仕事がはかどる」と言うと
麻子は「私だって言いたくないわ」と返し
下山(川島明)が止めに入りました。
しかし麻子は「下山さんもやって下さい」
と口撃してきて、下山と堀内(田村健太郎)
は苦笑いです(汗)

ラストで千遥らしき女の子がちらっと映って
ました。清原果耶さんでしょうか?

清原果耶さんが千遥?

仲(井浦新)が「無事に美術と作画、仕上げ
までの作業が終わりました。原画1万
5112枚、動画7万9098枚になりました。
みなさんお疲れさまでした」とあいさつし
露木(木下ほうか)‏が音頭を取り
みんなで乾杯!しました。

下山から初めての動画の感想を聞かれ
なつは「たくさん描くのがいかに難しいか
大事かという事がわかりました」と言います。

麻子がお煮しめを作ったので
茜は意外だとほめましたが
麻子は荒れていました(汗)
麻子から理想のタイプを聞かれ
なつはおでんを食べてとごまかします。
おでんは亜矢美ので、ジャガイモは北海道の
もののようです(笑)

井戸原(小手伸也)が誰か歌えと言い出し
露木は前足4本足の馬を描いた奴と指名し
下山がなつの手を挙げます。

なつは歌いだしたと思ったら、FFJの歌で
みんなしらっとしていました(汗)
雪次郎(山田裕貴)雪之助(安田顕)たちの
回想シーンが流れますが微妙な感じです。

モモッチ(伊原六花)たちは赤い半纏を来て
「わっしょい、わっしょい、それそれお祭りだ」
と歌うのを、麻子や富子(梅舟惟永)たちが
うれしそうに眺めていました。

陽平「天陽は今年冬、結婚する」

陽平(犬養貴丈)が久しぶりに姿を現した
ので、なつはビールをつぎます。
陽平は天陽(吉沢亮)が今年の冬に
結婚すると打ち明けました。

なつは驚きますが「おめでとうございます。
天陽君にお祝いを書かなきゃ」と作り笑顔で
ごまかします。

なつが風車に戻って1人で水を飲んでいると
信哉(工藤阿須加)がやってきました。
信哉は報告することがあると言って、今度
帯広支局に転勤する事になったと言います。
信哉が帯広へ行って、千遥のことを知らせて
くれるのでしょうか?

「わんぱく牛若丸」公開

「わんぱく牛若丸」の公開初日
なつが提案した、牛若丸が馬に乗って崖を
駆け下りるシーン。牛が4足になっているの
がわかります。子供たちは大喜びだったので
なつも笑顔を見せました。

東洋動画の階段で、坂場(中川大志)から
アニメーションにしかわからない表現が
わかったかと聞かれ、なつは簡単には
わからないので、言って欲しいと頼みます。
なつはちょっとキレてましたね(汗)

坂場は「ありえない事を本当にように描く事
です。違う言い方をするならば、ありえない
事のように見せて、本当を描く事」と
説明します。

なつは「そうか。どんなにありえない事も
本当らしく見せる動きがある。大きな嘘から
真実を描きだす。それをできるのはアニメー
ションしかない」と理解しました。

清原果耶さんが千遥?

昭和34(1959)年5月、
富士子(松嶋菜々子)から電話が
かかってきます。やっと十勝と新宿の
電話が通じるようになったのです。

富士子の後ろには、剛男(藤木直人)
泰樹(草刈正雄)照男(清原翔)
夕見子(福地桃子)明美(平尾菜々花)
戸村悠吉(小林隆)菊介(音尾琢真)
砂良(北乃きい)がいます。

なつが今年は十勝に帰ると言うと
みんな大喜びしてましたね。
一方、しばた牧場の看板前に
女の子が来ます。でも顔はわかりません。
千遥のようでしたが、清原果耶さん
なのでしょうか?来週も気になります。

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る