なつぞら 75話 岡田将生さんと仙道敦子さん

雪次郎(山田裕貴)が菓子職人を辞めると
言い出し、雪之助(安田顕)
妙子(仙道敦子)とよ(高畑淳子)が
東京へやってきました。

雪次郎はアパートの押入れに隠れますが
咲太郎(岡田将生)に開けられ
雪之助たちに見つかってしまいます。

雪之助があいさつしに川村屋へ行くと
言うと、雪次郎は「東京でやりたい事に
気づいたんだ。やっと自分の気持ちに正直に
なった」と話しました。

途中のシーンで、岡田将生さんと仙道敦子
さんが不思議な空気になってましたね。
母親と子供の親友みたいな関係ですが。

雪次郎と雪之助

咲太郎(岡田将生)が「がんばれ」と
雪次郎にエールを送ると
なつ(広瀬すず)は「お兄ちゃんは黙って」
と注意します(汗)

雪次郎は「俺にもたった一度だけチャンスが
欲しい。自分だけの夢を追わせて欲しい。
頼む。お願いします」と頭を下げました。

雪之助と雪次郎はもみあいになりながら
結局、川村屋へ行くことになります。

川村屋の厨房の親子

川村屋、雪次郎と雪之助は光子(比嘉愛未)
杉本(陰山泰)に謝りました。
雪之助が「こいつの性根を入れ替えるんで
雪次郎をこの店に置いてやって下さい」
と頼むと、杉本は戸惑います。

さらに雪之助が「私もここで働きます。
無給で。こいつがここで落ち着くまで。
何日でも働きます」と言い出し
みんなびっくりしてましたね。

雪次郎と雪之助親子は作業着で着替え
厨房で働き始めます。

岡田将生さんと仙道敦子さん

とよと妙子、なつと咲太郎がテーブルに
つきました。マダムと野上(近藤芳正)は
いつも話をこじらせると、咲太郎を口撃
します(笑)

とよが様子を見に行くというので、
なつも一緒についていきました。
咲太郎と妙子はテーブルに残され
変な空気が流れます。咲太郎が謝ると、
妙子が「あなたは雪次郎の味方になって
くれたんでしょ。私はそれだけでも
感謝します。ありがとう」と言いました。

安田顕さんと高畑淳子さん

厨房で、雪次郎が泣きながら、雪之助と
作業をしていました。とよは近づいて
雪次郎の両頬をなでて「雪次郎、もう
行きな!その代わりもう2度と戻って
くんでないよ。自分で決めたんから
その覚悟、貫け」と言います。

雪次郎が「ばあちゃん、ごめん」と
去っていくと、雪之助が「戻れ!」と
止めようとしました。

とよは両手を広げ、雪之助を遮り
「自分の子供にみじめな思いさせるんで
ないわ」と雪之助の頬を叩きます。

雪之助は「母ちゃん、ぶつなや」と
静かに言い、とよは杉本たちに
頭を下げましたね。

雪次郎は泣きながら通りを走っていきます。
「いだてん」の新橋みたいな街並みです。

下山と麻子のダメ出し

咲太郎と風車の路地裏まで戻ってきたなつは
お稲荷さんに手を合わせました。
なつは部屋に上がって、作画作業をして
「終わった」と横たわります。

翌日、牛若丸が馬に乗って崖を駆け下りる
動画を、下山(川島明)麻子(貫地谷しほり)
に見てもらいました。

下山は「表情がいいんだけど何か足りない。
馬の足に勢いがない」と言うと
麻子は「やっぱりまだタメがないのよ。
馬が足を上げて下ろすまでにタメを作って
ないから、動きが流れちゃうのよ」と
ジェスチャーを交え説明します。

なつはもう一度描き直す事になり
堀内(田村健太郎)茜(渡辺麻友)は
心配してくれました。

なつと坂場

なつが階段のところで、両手を上げて
馬の動きをマネしていると、
坂場(中川大志)がやってきて「まだ馬を
描いてるんですか?」と聞きます。

なつが「まだ馬です」と答えると
坂場は「もしお役に立つなら」と
踊り場へ行って、馬のポーズをしました。
なつは「大丈夫です。もしそれを見て
しまったら、動画を見るたんびに笑って
しまいそうですから」と半笑いでした。

なつが突然にバランスを崩し、
両手をバタバタしてると
坂場がスッと手を伸ばし
なつの手を受け止めます。
なつはハッとした表情になりました。
恋に落ちたのかな?

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る