なつぞら 68話 咲太郎「千遥のために作れ」

なつ(広瀬すず)咲太郎(岡田将生)は
川谷幸一(岡部たかし)幸子(池間夏海)に
会い、千遥が家出したことを知らされます。

風車に戻ってきたなつは「奇跡なんてない」
と2階の部屋へ行って、幼い頃の
なつ(粟野咲莉)千遥(田中乃愛)を
思い出しました。

亜矢美(山口智子)が来て「なっちゃん
ちゃんと寝ないと。明日から仕事でしょ」
と心配してくれます。

なつは「何のために私は生きてるんだろう。
自分だけ好きな夢を追って、それでいいん
でしょうか?」と聞きました。2人の会話を
咲太郎が立ち聞きです。

千遥のために作れ

亜矢美は「生きてる理由なんてどこにも
ないんじゃないの?自分で作るしかないん
だよ、きっと」と話し、咲太郎とバトン
タッチして、出て行きました。

咲太郎が「なつ、俺が悪かった。俺が千遥を
あんな目にあわせてしまったんだ。けど俺は
千遥がどこかで生きてると信じている」
と言うと、なつは「だったら今すぐ千遥を
探さないと。私は絵なんか描けないよ」と
言い出します。

咲太郎は「どうして?千遥のために描くん
だよ。お前言ったよな。漫画映画は子供の夢
なんだって。だったらその夢を千遥に見せて
やれよ」と家族の絵を広げました。

そして咲太郎は「お前、これ動かしてたん
だろ?みんな生きてたんだろ?そんな良い夢
千遥に見せてやらなくてどうするんだ?
これからも千遥に見て欲しいものを、
千遥のために作れ」と話します。

なつは「お兄ちゃん、これ描かないと
明日会社に行けない」と言って、咲太郎に
出て行ってもらい、常盤御前の絵を描き
始めました。

柴田家の富士子たち

柴田家の夜、寝ていた富士子(松嶋菜々子)が
体を起こしたので、剛男(藤木直人)が
「どうした?」と声をかけます。

富士子が「夢見たわ。子供のなつが1人で
泣いてた。大丈夫かね?」と心配すると
剛男は「大丈夫だよ。なつはもう子供じゃ
ないんだから」と言いました。

泰樹(草刈正雄)は横たわりながら、
天井を見ていました。なつの事を考えている
ようです。

なつの二十歳の誕生日

なつは常盤御前の絵を描いているうちに
朝になり、机に突っ伏して目を覚まします。
大急ぎで着替えて1階へ行くと
咲太郎と亜矢美が「ハッピーバースデー
なつ」と二十歳の誕生日をお祝いして
くれました。

信哉(工藤阿須加)が買ってきてくれた
ケーキの上のロウソクに火がついていたので
なつは吹いて、火を消します。

時間がないと言うと、亜矢美がケーキを一口
食べさせてくれ、おにぎりまで渡してくれ
ました。亜矢美さん、やさしいですよね。

なつが出かけた後、亜矢美が「あんたも
偉かったね」となぐさめると
咲太郎は「なつだけでも守らないとな。
千遥には本当にかわいそうな事した」
と涙します。

なつが東洋動画スタジオの会議室へ行くと
井戸原(小手伸也)が「牛若丸は仲ちゃんの
絵を基本に、候補に挙がった絵の要素をまと
めながら、仲ちゃんにリライトしてもらう」
と話し、拍手が起こりました。

なつは「おはようございます。遅れて
すいません」と謝ります。なつの描いた
常盤御前の絵は選ばれるでしょうか?

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る