なつぞら 65話 なつ、再び動画テストを受ける

なつ(広瀬すず)は「白蛇姫」の録音を
見学します。豊富遊声(山寺宏一)と
亀井蘭子(鈴木杏樹)の声が、白娘や許仙に
宿るのを見て、なつは涙を流します。

仲(井浦新)は次の映画の制作が決まった
また動画のテストを受けてみないか
と誘ってきました。

風車で、亜矢美(山口智子)のおでんを
食べながら、なつがテストを受ける事に
なったと言うと、雪次郎(山田裕貴)が
励ましてくれます。

咲太郎(岡田将生)も漫画映画に新しい
可能性を感じていました。

レミ子、新劇の世界へ

煙カスミ(戸田恵子)と一緒に来た
レミ子(藤本沙紀)が新劇に入りたいと
咲太郎に頼んできました。「人形の家」を
観て感動したのです。雪次郎は複雑な
表情を見せてましたね。

咲太郎は「そうだ!レミ子でもいけるんだ
漫画映画は。レミ子も絶世の美女になれる
んだ。いやパンダかもしれない」
と言い出します(笑)なつは2階へ行って、
絵を描き始めました。

なつ、再び動画テストを受ける

再び動画のテストの日がやってきます。
真っ赤なジャケットを着たなつが廊下を
行くと、下山(川島明)堀内(田村健太郎)
麻子(貫地谷しほり)茜(渡辺麻友)と
すれ違います。

テスト会場には、仲と井戸原(小手伸也)が
待っていました。就業時間までに5枚の動画
を完成させるという課題です。ドッチボール
をしている2人の絵でした。

なつは懐中時計を見て、泰樹(草刈正雄)を
思い出します。そして手を動かしながら
絵を描いていきました。

「私は鉛筆を手に、まだ何もない世界を
耕しています。じいちゃんの歩いた道は
まだまだ遠いけれど、いつかそこにたどり
つけるように」

動画テストの結果発表

数日後、なつは結果を聞きに行きます。
仲は「今回も枚数は君が一番多い。
50枚とは恐れいったよ」
井戸原は「動画で肝心なのは線のきれいさ
正確さだが短い間によくここまで上達したね。
君にアニメーターとしての可能性があると
誰もが認めざるをえない」と言いました。

そして仲が「合格だ。マコちゃんも君の事を
推していたよ。君の動画を見てくれたんだ。
お礼を言っておきなさい」と言うと
なつは放心状態になります。

なつが作画課へ行って麻子に「ありがとう
ございました。これからこちらでお世話に
なります」と言うと、麻子は「よかったわね。
これから頑張んなさいよ」と言ってくれ
下山や茜たちが拍手してくれました。

富子はトミコー(笑)

仕上課、なつが裏切るようだと謝ると
富子(梅舟惟永)は「あなた裏切るような
力持ってたの?しっかりおやりなさい。
なっちゃんと呼ばせてもらうわ」と言います。

なつが「それではトミコーさんと呼ばせて
下さい。…トミさん」と慌てて
‏山根(ドロンズ石本)のところにあいさつに
逃げました。モモッチ(伊原六花)は
笑いをこらえてましたね(笑)

「私がんばるからね、じいちゃん。今度会う
時までに私はこの道をしっかり歩ける人に
なっていたいです。それがどんなに小さな道
でも、自分の大切な道を誇れるように、
じいちゃんに示したいです。じいちゃんは
いつでも、私の一番の誇りです」

真柴摩利さんの吹替え

亜矢美が2階に来て、なつの服を置いて
いきましたが、花飾りの帽子をかぶって
踊りだしました!

なつと咲太郎は川村屋へ行って
光子(比嘉愛未)野上(近藤芳正)と
会いました。

咲太郎は借りていた最後のお金をマダムに
返し、なつはアニメータになったと報告
します。佐知子(水谷果穂)が来て
咲太郎と手を振りあいました。

お客さんたちはテレビに夢中です。
「名犬チンチンリー」というアメリカの
テレビ映画で、真柴摩利さんが少年と犬を
吹替えていましたね。

マダムが「子供が観るものだから、
字幕を出すより見やすいのよ」と言うと
咲太郎は「なるほど。日本の役者がしゃべっ
てるのか。おもしろいな」と感激します。

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る