なつぞら 64話 山寺宏一さん初登場

仲(井浦新)が麻子(貫地谷しほり)に
なつ(広瀬すず)の動画を見て欲しいと
頼みました。

仲は「とにかくあの子は描くのが早くてね。
奥原なつの才能に最初に気づいたから。
君の意見を聞かせて欲しい」と動画の束を
置いて去っていきます。下山(川島明)
堀内(田村健太郎)が見てましたね。

麻子はパラパラと、なつの動画を
見ていきました。山寺宏一さんは
中盤から初登場です!

亀井蘭子が白娘の声優に

中庭で、なつがパンを食べながら
スケッチしてると、仲が来たので
声をかけます。

仲は、なつの動画を他の人に見てもらって
いると話してから、咲太郎(岡田将生)は
まだ赤い正座にいるかと聞いてきました。

アニメーションはプレスコといって、最初に
台詞や音楽を録音してから、後で絵を描いて
いくのですが、描いていくうちに変更があり
撮り直すことになったのです。しかし台詞を
吹き込んだ映画スター2人が降りてしまった
と仲は話します。

そこで露木(木下ほうか)が全部取り直すと
言い出し、その1人が亀井蘭子(鈴木杏樹)
に決まったというのです。

山寺宏一さん初登場

東洋動画の録画スタジオに、蘭子と咲太郎が
やってきます。蘭子が白娘の絵を見て自分に
似てないと言うと、露木は「声が美人なら
それでいいんです」と失礼です(笑)
露木は蘭子に、声を変えて、白娘と小青役
もとお願いしました。

山寺宏一さんの豊富遊声がやってきました。
元活動弁士をやっていた大御所のようで
許仙や法海を演じます。

鈴木杏樹さんは声を変えて、小青を熱演して
ましたね。露木から修正が入ると、みごとに
声色を変え小青を演じ、咲太郎は手で口を
押さえ、笑いをかみ殺しました(笑)

休憩時間に咲太郎は蘭子にコップの水を渡し
「森繁久彌ならもっとうまい気がします」
と小声で話します。そこへ、なつと仲が
見学にやってきました。

麻子と富子、なつは天才なのか悩む

仕上課の富子(梅舟惟永)のところへ
麻子がやってきて「奥原なつは優秀
ですか」とズバリと質問します。

富子は「優秀?とは言えないわね。1年も
たってないし、彩色の仕事は丁寧なんだけど
遅いのよ」と言いました。

麻子が「動画は早いって話だったけど…。
あの子ただの素人なのか、それとも天才
なのか、どっちだと思います?」と聞きます。

なつ、映画を作る楽しさを感じる

白娘が法海との戦いに敗れ
泣き出す場面に、なつも涙しました。
白姫は悲しみながらも、振り向いて戦う目を
一瞬見せてから、泣き伏せます。

なつが描いて、麻子が認めたものを
井戸原(小手伸也)が採用してくれた
シーンでした。

中庭で、仲が「映画を作る面白さ、
感じられた」と聞くと
なつは「こんなにドキドキするとは思いま
せんでした。まるで夢を現実に見ている
ようでした」と答えます。

仲は「なっちゃん、次の映画の制作が決まっ
たよ。また動画のテストを受けてみないか」
と誘ってきましたね。

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る