いだてん 21話 黒崎結菜さん、柄本佑さん登場

金栗四三(中村勘九郎)はアントワープ
オリンピックのマラソンで16位に
終わりました。

スヤ(綾瀬はるか)は「16位ばってん。
うちにとっては大勝利。金メダルたい」
と吠えます。

実次(中村獅童)が「弟はどこで何を?」
と聞くと、野口(永山絢斗)は「金栗さんは
無事です。しかし傷心といいますか…」
と答えました。

金栗四三はオリンピック後、ヨーロッパを
さまよい、ドイツベルリンへ来ていました。
街を歩いていると、目の前に槍が刺さって
きます。女の人が来て、ドイツ語で
謝ってたので、やり投げの写真を撮らせて
と頼みました。

四三がアントワープオリンピックに出場した
とわかると、女の人たちが集まってきます。
ルイーゼという女性の夫はベルリンオリン
ピックをめざしていたが、中止になって
戦地に駆り出された。槍は夫の形見だと
話します。

ルイーゼは「くそったれ!」とドイツ語で
叫んで、槍を投げました。四三もすすめられ
つんのめりながら槍を投げましたね。

柄本佑さん登場

大正9(1920)年秋のミルクホール
四三はシマ(杉咲花)にドイツ人女性が
やり投げする写真を見せ「母は強か。
女子は強か。不屈の闘志はここから生まれる
女子の番たい。シマちゃん、おなごの体育ば
俺はやる」と言います。

そこへ増野(柄本佑)がやってきました。
シマは増野について、日本橋の百貨店に
勤めていると紹介します。
柄本佑さんと柄本時生さんの兄弟で、同じ
大河ドラマに出演することになりましたね。

竹早の第二高等女学校へ

四三が播磨屋の前まで来ると、スヤが正明を
笑顔で抱いていました。播磨屋の看板は
「ハリマヤ製作所」に変わり、店は大きく
なっていました。辛作(三宅弘城)
ちょう(佐藤真弓)勝蔵(波多腰由太)が
迎えてくれます。

2階の部屋で、四三はスヤに、もう30才
なので、4年後のパリオリンピックは
後輩にゆずると話し、女子の体育について
話します。

嘉納治五郎(役所広司)に相談すると
竹早の第二高等女学校で革命を起こして
と言われたのです。

スヤが熊本に帰って、一緒に暮らせると
思ったと言うと、四三は「熊本に帰るのは
今じゃなか」と怒りました。

スヤが怒って荷物をまとめ帰ろうとすると
四三はスヤを後ろから抱きしめ「そばに
おってくれ。お義母さんには話すから。
東京で一緒に暮らそう」と頼むと
スヤはわかってくれました。

古今亭志ん生(ビートたけし)が
ドラマがラブストーリーになっていると
ツッコみます(笑)

日本泳法からクロールへ

浜松では、アントワープオリンピックから
帰国した内田正練(葵揚)斎藤兼吉
(菅原健)から、田畑政治(原勇弥)たち
が話を聞いていました。

西洋人たちはみんなクロールで泳ぎ
日本泳法では歯が立たないというのです。
内田たちが泳いでいると、タコのようだと
笑われてしまったのでした。

政治がふんどし一丁で海へ飛び込んだので
美濃部孝蔵(森山未來)は政治の財布から
お金を盗んで、浅草十二階へ戻って
きました。ちゃっかりしてますね(笑)

小梅(橋本愛)清さん(峯田和伸)が所帯を
持ったというので、びっくり!小梅は
美川(勝地涼)を追い出します。

孝蔵は古今亭円菊という名前で再出発し
席亭(中村育二)が孝蔵の落語を見て
ました。

黒崎結菜さん登場

大正10(1921)年4月、金栗四三は
竹早の東京府立第二高等女学校の教師と
なり、校長(ミスターちん)が歓迎して
くれました。シマちゃんも同じ職場です!

四三が教室へ入っていくと、女の人ばかりで
気後れしてしまいます。四三は地理と歴史と
日本の体育を教えると言ってドイツで撮った
やり投げ女子の写真を見せました。

生徒の白石(百瀬さつき)が、四三の熊本弁
がおかしいからと笑うと、
村田富江(黒崎結菜)がバン!っと
床を蹴って、黙らせます(汗)

四三は、強健な肉体が最高の美しさになると
話し、放課後に希望者だけトレーニングを
すると誘いますが、誰も来ません。

2日目の授業で、日本人女性と西洋人女性の
違いを、裸のイラストで説明すると、シマが
「年頃の女子に何を」と怒ってきました。
アメリカ帰りの可児(古舘寛治)も
暴走してましたよね(笑)

永井(杉本哲太)がテニスコートとして
やってきて、自分の気にいっている服を着て
香水をつけろとアドバイスしてくれます。

女子学生に槍投げを

やがて四三は悪口を言われるようになり
富江、白石、梶原(北香那)溝口(松浦
りょう)が、もうやめてと忠告に来ました。

四三は深々と頭を下げて、このままでは
面目丸つぶれなので、1回ずつ槍を
投げて欲しいとお願いします。

渋っていた4人でしたが梶原が両手で投げ、
槍が少し飛びました。2人目の溝口は
かなり飛んだので、見物人から拍手が
起こります。

富江は羽織を脱いで、たすき掛けして
やる気です。シマが何か叫んでと
アドバイスすると、富江は「くそったれ!」
と槍を投げました。遠くまで槍が飛んで
拍手と歓声が巻き起こります。

女子学生たちは走り幅跳びのトレーニングも
始め、ハリマヤ製作所では女子用のユニ
フォームも出来上がりました。

シマ、増野と結婚する

ミルクホールで、シマは増野に見合い写真を
返し、結婚の話をなしにしようと言います。
すると増野は、結婚して、子供が出来ても
オリンピックに出て欲しいと話しました。

シマは増野と結婚することになり、四三と
スヤが仲人を勤めることになります。
カメラマン(山下敦弘)に4人の写真を
撮ってもらいました。大正11年、
孝蔵も結婚することになるようです。

いだてん あらすじネタバレ、感想
いだてん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る