マッサン 8回 鴨居欣次郎の堤真一さん登場

住吉酒造での歓迎会、政春(玉山鉄二)が
「今日はありがとうございます。2年間、
スコットランドで学ばせてもらった知識と
経験を生かし、1日も早うウイスキーが
造れるよう頑張りたいと思うとります」
とあいさつしました。

エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)
は「初めまして。エリーです。マッサンと
結婚して日本に来ました。まだまだ日本の事
わからないことたくさんだけど、
早く皆さんと仲良くなりたいです。
よろしくお願いします」とあいさつします。

好子(江口のりこ)が「マッサンって何?」
と聞き、池田が「僕も呼んでええですか?」
と聞くので、 政春は「アホか、あかん」
と答えました。
エリーがアホの意味を質問すると
政春は「大阪では挨拶みたいなもんじゃ」
と答えます。

鴨居欣次郎(堤真一)が登場しました。
大作(西川きよし)は「鴨居商店の
鴨居欣次郎さんや。今大阪では、飛ぶ鳥を
落とす勢いやで。太陽ワイン知っとるやろ?
これ、お前がおらん間に、うちで造らせて
もらうことになった」と説明してくれます。

欣次郎が「嫁はん?ハゥ・ドゥユードゥ?」
と声をかけると、エリーは「アホ!」
と答えてしまいました(笑)
欣次郎はスコッチウイスキーの原酒を飲むと
すぐに帰ってしまいましたね。

佳代(夏樹陽子)が呼びに来ます。
母屋へ行くと、優子(相武紗季)は
怒っている様子です。

佳代が「優子と結婚はどうするつもり?」
と言うので、政春は何のことかわかりません
やがてエリーもやって来ます。靴のまま畳に
上がるのはお約束です(笑)
佳代が「亀山君、うちの優子と婚約して
るんです」と言うと、
エリーは「結婚の約束?」と驚き、
優子は出て行ってしまいました。




2年半前、大作は「スコットランド
行ってみいへんか?ウイスキーの造り方を
本場行って勉強してこい。今に日本人も
ほんまもんのウイスキーを飲む時代が
やって来る。一緒に造ってみようやないか」
と留学の話を持ってきてくれ、
優子も「政春さん、頑張って下さいね」
と言ってくれたのです。

大作が「帰ってきたら、頼むど」と言うので
政春は「全部わかっとります。
任せてつかぁさい」と答えたのでした。

政春が「てっきりウイスキーのことだと」
と戸惑うと、大作は「全部任せて下さい
って言うたら、優子のことも込みに
決まっとるやろ。そらそうやないかい!

どこの世界に、大枚はたいてやで、
スコットランドまで留学させて。
そんなお人好しどこにおる?
帰ってきたら優子の婿になる。婿に入る。
それが大前提に決まっとる」と言います。

夜、政春はエリーに「なるべく早う
2人きりで暮らせる家探すけん。
とにかく明日からはウイスキーじゃ!
まずは大麦を仕入れる。
日本の大麦と日本の水で、スコットランドと
同じウイスキーが出来るか試してみるんじゃ。
出来ることから1つずつじゃ」と話しました。
小さなことからコツコツとに似てますね。

連続テレビ小説 マッサン あらすじと感想
連続テレビ小説 マッサン キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る