なつぞら 53話 東洋動画の入社試験に合格

なつ(広瀬すず)は咲太郎(岡田将生)が
描いた家族の絵と、父親が残した家族の絵
を見比べて、そっくりだと気づきます。

やがて父親が描いた絵を持って、
風車へ向かいました。
風車の2階へ行くと、咲太郎ががいたので
なつは「お兄ちゃん、夕べはごめんなさい。
ひどいこと言って」と謝ります。

咲太郎の部屋は、亜矢美(山口智子)が
買ってきた本やポスターでいっぱいです。
咲太郎は「お前が東洋動画に落ちたのは
俺のせいだ。大杉社長に余計な事を言った」
と言うと、なつは実力だと否定します。

そして、なつは9月の試験がもう一度ある
ので、漫画映画を諦めないと話しました。
咲太郎は「なつの言う通りだ。自分のために
生きてない奴は、人の事も助けられない。
今の俺じゃ、誰の力にもなれないよ」
と言います。

なつは「お兄ちゃんはそこにいるだけで
力だよ。お父さんの手紙と同じ。ありがとう。
その手紙と一緒に、お兄ちゃんが私を励まし
続けてくれたんだよ」と言って、父親の絵を
持っていてと渡しました。

咲太郎は「これはずっとなつが持ってろよ。
俺はなつに見せてもらう方が良い」と
なつの父親の絵を返します。

夜、咲太郎はサンドイッチマンになり
なつはサンドイッチマンの咲太郎の絵を
描いてましたね。

なつ、柴田家へ手紙を送る

柴田家、富士子(松嶋菜々子)が「なつから
やっと手紙が来たわ。ダメだったみたい」と
言うので、剛男(藤木直人)照男(清原翔)
はガッカリします。

明美(平尾菜々花)が北海道に帰ってくる
かと聞くと、富士子は9月に募集があると
答えました。泰樹(草刈正雄)は「帰って
来ないのか。帰って来て欲しい訳じゃねえ」
と言うので、富士子たちは笑います。

9月、東洋動画の採用試験が行われ、なつら
受験生は、セル画に色を塗る実技をして
面接には大杉社長がいませんでした。
山川(古屋隆太)から「どうしても
うちに入りたいのですか?」と聞かれ
なつはどうしても漫画映画を作ってみたい
と答えます。

なつ、東洋動画に合格する

東洋動画から合格通知が届いて
なつは寝っ転がって、仰向けになって
足をバタバタして、大喜びしました。
佐知子(水谷果穂)も喜んでくれます。

柴田家、悠吉(小林隆)菊介(音尾琢真)も
一緒に乾杯しました。なつはいないので
サケをくわえた熊の彫刻が代わりです(笑)

なつが光子(比嘉愛未)から電話を受けると
夕見子(福地桃子)からでした。タバコ屋の
赤い公衆電話からかけてました。
夕見子は「中に入ったらとにかく負けんな」
と励ましてくれます。やさしいですね。

夜、なつは咲太郎が描いた家族の絵を持って
風車へ行きました。亜矢美は「咲太郎から
聞いたわよ。おめでとうございます」
と喜んでくれます。

なつは絵を返してから「私をここに置いて
もらえませんか?東洋動画で働くようになっ
たら、寮を出なければならないんです」
とお願いしました。

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る