なつぞら 51話 犬養貴丈さんと工藤阿須加さん、なつの幼なじみ

咲太郎(岡田将生)は東洋動画の
仲(井浦新)を訪ね「なつは落ちたん
でしょうか?実力がなかったんでしょうか?
どうなんでしょうか?」と大声で聞きます。

仲が「なっちゃん落ちたんですか?」
と驚くと、咲太郎は「知らなかった?
そりゃちょっと無責任じゃないですか?」
と突き飛ばし、仲は池に落ちてしまいます。
井浦新さんの落ちっぷり、みごとでしたね。

喫茶店へ行って、咲太郎は池に落とした事を
おわびし、なつは実力が足りなかったん
だろうと言います。

仲は「てっきりなっちゃんは受かったと
ばかり思ってたんです。採点は悪くなかった
はずです。そりゃあ経歴からいえば他の者に
負けるかもしれないけど、だから入社したら
責任を持って育てようと思ってたんだ。
それなのに」と話しました。

咲太郎が「お腹が空いてませんか」と言うと
仲は取り乱したことを謝り、面接で何か
あったのかと言います。

咲太郎は大杉社長(角野卓造)に会って
余計な事を言ったかもと考え始めました。

咲太郎のやけ酒

信哉(工藤阿須加)が川村屋へやって
来ました。なつの様子を信哉が聞くと
光子(比嘉愛未)は首を振ります。

亜矢美(山口智子)が風車へ帰ってくると
咲太郎が「なつが落ちた」と
やけ酒を飲んでいました(泣)

咲太郎が「俺はバカだ。どうやったら
なつの力になれるか、わからない。
迷惑ばかりかけてる」と落ち込むので
亜矢美はこんなことしてる場合じゃないと
お酒を取り上げます。

北海道と東京の幼なじみ

咲太郎が川村屋へ行くと、なつ(広瀬すず)
と信哉が話していたのでそっと帰りました。
信哉はサツ回りといって、警察署を回って
事件を取材してると話します。

信哉が「夢はあきらめるの?」と聞くと
なつは「あきらめたくないの。アニメーター
になれる他の道を探そうと思ってるの」と
言いました。

そこへ仲と陽平(犬養貴丈)が訪ねて来て
なつに謝ります。信哉がなつの東京の
幼なじみだと言うと、陽平は北海道の
幼なじみだと言いました。

大杉社長が落とした…

仲は「正直君の絵は悪くなかったよ。それで
何で君が落ちたのか調べてみたんだけど」
と話しだします。

仲と陽平が、面接をした山川(古屋隆太)を
訪ねて、なつが落とされた理由を聞くと
大杉社長が落としたと答えたのです。

大杉社長は、咲太郎が新劇の赤い星座を
やっていて、プロレタリア演劇の流れを
組んでいて、愚連隊か太陽族かわからない
不良な兄がいるから、落としたのでした。

9月の仕上げ試験

仲と陽平は、9月に仕上げの試験があると
教えてくれます。セル画に色を塗ったり
トレースしたり、アニメーターの勉強に
なるというのです。なつは受けることに
決めました。

なつは北海道に手紙を書いて、不合格に
なったが、9月に仕上げの試験を受ける
と伝えます。

なつが風車へ行くと、亜矢子が飲もうと
誘って来ました。そこへ信哉が来て、
咲太郎が警察に逮捕されたと言いました。

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る