なつぞら 44話 陰山泰さんは、ひよっこの和夫さん

昭和31(1956)年4月、
なつ(広瀬すず)雪次郎(山田裕貴)
雪之助(安田顕)は東京新宿へ
やってきます。

採用試験の6月までのあいだ
なつは川村屋にお世話になることに
なりました。

川村屋に入ると、雪乃助は
野上健也(近藤芳正)に抱きつきます。
野上は大正元年から川村屋にいる
小僧から叩き上げの店員さんだと
雪乃助が紹介しました。

なつたちがあいさつすると
野上は「店先で、頭を下げれば
礼儀になると思ったら大間違いですよ」
と注意します。三橋佐知子(水谷果穂)が
チラ見してました。

陰山泰さんが中盤で初登場してきます。
「ひよっこ」の和夫さんを演じてました。
今回も料理人の役です!うれしいですね。

比嘉愛未さん、近藤芳正さん再登場

事務所で、前島光子(比嘉愛未)が現れると
雪之助は「光子ちゃん、あの頃はまだ可憐な
少女だった」と懐かしそうに話しました。

光子は、雪次郎には雪之助のような立派な
菓子職人になってと言い、なつには採用試験
まで厨房で皿洗いをしてと話します。

光子がなつの絵に興味を持ってくれたので
ノートを見せると、野上は笑いました。
失礼ですね(笑)

なつは「私がなりたいアニメーターはその絵
に命を吹き込むんです。漫画は紙の上で物語
を描きますが、漫画映画は絵が物語を演じる
んです。アニメーターは役者と同じように
物語を絵で演じる人なんです」と話します。

なつが「私に出来ると思いますか」と聞くと
光子は「不安を誰かの言葉で解消するのは
良くないわ。その不安と戦わないと。
私は応援します」とアドバイスしました。

雪之助が「あなたは先代のマダムの意志を
立派に継いだんですね」と言うと
光子は「なつさん、この新宿もある意味
北海道と同じように、開拓者が集まる所
なのよ。文化の開拓者。あなたのように
新しい事に挑戦する若い人たちがこれから
どんどん集まってくると思うわ。この川村屋
もそんな新宿でありたいと思ってる。
あなたも頑張りなさい」と話します。

陰山泰さんは、ひよっこの和夫さん

光子は厨房に、なつたちを連れて行って
コックたちに紹介しました。
陰山泰さんが川村屋の職長・杉本平助役で
登場します。「ひよっこ」では乙女寮の食堂
の和夫さんでしたよね。うれしい再登場です

雪次郎が「よろしくお願いします」と
あいさつすると、杉本は「ここは軍隊じゃ
ないから。そう固くならず」と言います。
雪次郎が「よかった」と力を抜くと
雪之助が「よかったじゃない」
と叱りました(汗)

インド風バターカリーに柴田農場のバターを

なつはお土産を持ってきたとバターを出し
インド風バターカリーに使ってと
話します。

なつたちがテーブルにつくと
柴田農場のバターを使ったインド風バター
カレーを特別に出してくれました。
なつが野上にもすすめると
野上は「川村屋の味にはなりませんから。
落書きが芸術にはならないように」
と嫌味を言います(汗)

事務所の光子は「おいしい」と言い
杉本は「良いバターですよ」と認めました。

雪之助は「このカリーは先代のマダム、
今のマダムのおばあさんにあたる方が
その昔、インド人革命家を助けたことから
ここで作られるようになったんだ。
いわばこれは命がけで守ったマダムの
カリーだ。革命家が生み出した川村屋の味だ
名物となるのは、その店の人間の覚悟だ」
と話します。

なつが、マダムに兄が借金をしたと言うと、
雪之助は「カリーじゃなくて、借りを
作ったか」だって(笑)

なつが「歌を聴きに行きませんか」と誘い
クラブメランコリーへ行きます。
煙カスミ(戸田恵子)が「ガード下の
靴磨き」を歌い、レミ子(藤本沙紀)が
靴磨きに少年を演じてました。
カスミは客席のなつに気づいたようですね。

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る