なつぞら 34話 吉沢亮 VS 清原翔

なつ(広瀬すず)天陽(吉沢亮)は
漫画映画を観に行きました。
天陽からアニメーション制作会社に
本当は行きたいのかと聞かれ
なつは無理無理無理と笑います。

雪月で、妙子(仙道敦子)が
コーヒーと紅茶を持ってきてくれ
雪之助(安田顕)雪次郎(山田裕貴)が
新商品のバター煎餅を持ってきました。

なつがミルクバケットの形をしてるのに
気づき、食べて「おいしい」と言います。
雪之助は「これを地元の銘菓にしたんだ。
帯広に来た人がこれを買って帰るような
お土産に」と話しました。

バター煎餅・開拓の郷

なつが「だから地元のバターに
こだわっているんですね」と言うと
雪乃助は「その通り。天陽君の絵と同じだ。
ここで生きてなければ、作れないものに
したいんだ」と語ります。

とよ(高畑淳子)は入れる缶を考えたと
言います。明治の頃に依田勉三という人が
晩成社という開拓団を率いていて、その時
バターを作っていた缶をイメージしてるの
でした。

とよは開拓の郷という名のバター煎餅を
その缶に入れて、なつにプレゼントして
くれます。

天陽と照男、スキー大会に

汽車の中、天陽が「じいさんに相談して
みたら?東京へ行く事。お兄さんも向こうに
いるんだし、柴田家の人もダメとは言わない
んじゃないか」と言うと
なつは「行きたいなんて言ってない」と言い
天陽は「だったら行くなよ」と言いました。

沈黙の後、天陽は「俺、今度スキー大会に
出る。開拓青年団。板につける金具はあるが
板はない。自分で作る」と笑います。

なつが持って帰ったバター煎餅を
泰樹(草刈正雄)たちが食べました。
菊介(音尾琢真)はビスケットみたいと言い
悠吉(小林隆)は雪月は変わっていて
小豆よりバターが中心だと言います。

天陽がスキー大会に出るとなつが言うと
泰樹は照男(清原翔)にも出るよう
命令しました(汗)

富士子と剛男

富士子(松嶋菜々子)は剛男(藤木直人)に
「もしも照男にその気があって、なつは
じいちゃんのためを思って、断れないと
思ったとしたら、それは2人にとって
残酷は話よね」と言います。

剛男は「なつは天陽君の事が好きなん
だろうか?もしそうじゃないとしたら
照男の事を好きになる可能性もあるのかな」
と考えました。富士子は「今のままがいい」
と言います。

天陽は手作りのスキー板に、やすりを
かけながら、なつとのことを思い出して
いました。

天陽 VS 照男

泰樹が「これを使え」と新しいスキー板を
照男にプレゼントしてくれます。
なつが「ずるい!天陽君は板を持ってない
から自分で作るんだよ」と言い
夕見子(福地桃子)は「それでは勝負に
ならんわね」と笑いました。

泰樹が「勝てばいいんだ。勝った方が
かっこいいべ」と言うと
富士子と剛男は顔を見合わせます。

スキー大会の日が来ました。
ゼッケン5の照男は、ゼッケン4の天陽を
呼び出し「お前、なつの事どう思ってる?
好きなのか?」と聞きます。
天陽 VS 照男、妙な雲行きになって
きましたね。

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る