いだてん 17話 オリンピック中止から駅伝開催へ

大正4(1915)年6月、欧州戦争が
長期化し、ベルリンオリンピックは中止
となりました。
嘉納治五郎(役所広司)から聞かされ
金栗四三(中村勘九郎)は落ち込み
部屋に籠ってしまいます。

熊本、スヤが東京へ行きたいと言い出し
幾江は「スヤとマラソンとどっちが大事か
聞いてみな。今ならマラソンに勝てる」
と話しました。

四三のことを心配して、播磨屋に、
福田(嶺豪一)野口(永山絢斗)たちが
やってきます。辛作(三宅弘城)が止め
ますが、徳三宝(阿見201)が
戸を押し倒し、中に入っていきました。

四三はぼーっと壁に寄りかかって元気なく
座ってました。清さん(峯田和伸)が
走るしかないと言いますが、四三は
走れませんと気力を失っていました。

そこへスヤ(綾瀬はるか)がやってきて
四三を井戸端に連れて行って、
水をかけます(笑)

金栗四三、再び走り出す

少し元気になった四三に
スヤは熊本へ帰ろうと誘いました。
四三がきつい練習の後、スヤの夢を見ていた
と話すと、スヤはオリンピックは終わった
ので、帰ろうと繰り返します。

四三がおれは何位?と聞くと
スヤはもちろん金メダルだと答え
四三はちょっと笑顔になりました。

しかし、スヤが金メダルならもっと笑顔に
なれると四三の両方のほほをつかむと
四三はスヤの手を取って、しがみついて
泣き始めます。

やがて2階から降りてきたスヤが自転車
を借りて、四三が走ってきますと言うので
ちょう(佐藤真弓)と辛作は大喜び!

一方、酒場へ行った野口たちは
スヤは四三の何だろうと話してました。
結婚した事はまだ報告してなかったのです。

金栗四三の新しい目標

夜、四三はスヤに追い返してしまった事を
詫びて、引退してからの事を考えないとと
話します。スヤが、四三が50人いたら
50個の金メダルを取れたのにと言うので
四三は「ばば!」と閃きました。

金栗四三は東京高等師範学校の校長室を訪ね
嘉納治五郎に指導者になると報告します。
治五郎は高師は教員を育てる学校だからと
驚きません。

四三は俺が50人おったら、金メダルが
50個取れると言うと、治五郎は団体競技の
考えだと理解してくれました。
さらに四三が、東京から大阪まで走破する
50人を育てるため、教員になると言うと
治五郎は新たな目標ができたなと大喜びし
2人は抱き合います。

金栗四三、神奈川師範の教員に

美濃部孝蔵、三遊亭朝太(森山未來)は
泳ごうとしない若き日の田畑政治・
まーちゃん(山時聡真)を海に投げ飛ばし
ました。医者に止められてると言われたのを
政治が信じてるのが、愚の骨頂だというの
です。

古今亭志ん生(ビートたけし)に振られ
昭和35年の田畑政治(阿部サダヲ)が
岩田(松坂桃李)東知事(松重豊)と一緒に
登場します。聖火リレーのトーチについて
考えてました。

大正5年、金栗四三は神奈川師範の教員と
なって地理を教えながら、放課後には
マラソンを後輩たちに教えはじめます。

読売新聞の土岐善麿と大村幹

シマ(杉咲花)の働くミルクホールで
四三と治五郎が、東京~大阪までのレースの
話をしていると読売新聞の土岐善麿(山中聡)
大村幹(竹森千人)が話しかけてきました。
読売新聞でも京都から東京への遷都50周年
行事として運動会を行おうとしていたのです

土岐たちが理事に会うというので、浅草の
凌雲閣へ行ってみると、吉岡(満島真之介)
がいました。天狗倶楽部をやめて、新聞社に
入ったのです。四三たちは再会を喜び
あいました。

土岐の提案で、東海道五十三次をたどる
コースを取る事にします。さらに治五郎は、
世界に誇れるスタジアムを作りたいと語り
ました。凌雲閣から外を見て、明治神宮外苑の
緑地に建てたいと言い、みんなで乾杯!

東海道五十三次駅伝競走

大日本体育協会で、東海道五十三次の
レースについて話し合いました。
いつも反対している岸清一(岩松了)は
読売新聞が協賛だというので賛成し
武田(永島敏行)は「駅伝」という名を
つけたらと提案します。

「東海道五十三次駅伝競走」と決まって
拍手が起こりました。

シマは女子マラソンをやりたいと言い出し
ますが、嘉納治五郎だけでなく
二階堂トクヨ(寺島しのぶ)にも
大反対されてしまいます(泣)

四三は木のバトンを持って考え事をして
ましたが、洗濯物を干しているスヤが
襷(たすき)をかけているのを見て
それだ!と閃きました。

熊本の金栗家で実次(中村獅童)が仏壇に
向かっていると、幾江(大竹しのぶ)が
突然に現れて、びっくり!東京からスヤが
帰ってこないと幾江は話します。

スヤのご懐妊

大正6年4月27日、東海道五十三次駅伝が
開幕します。京都三条大橋をスタートしま
した。関東軍の最終ランナーは金栗四三
です。

スヤが日本橋を市電に乗ってると大観衆が
集まっていました。スヤが市電を降りて
見守っていると、四三が走って来て
2人はアイコンタクトします。
516Kmを46人の韋駄天が駆け抜けたと
新聞記事になりました。

幾江が金栗家へやってきて、四三が帰って
くる、スヤがご懐妊と言うので、実次や
シエ(宮崎美子)たちは大喜びします。

いだてん あらすじネタバレ、感想
いだてん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る