まんぷく 137話 臭い問題とスープ問題解決

萬平(長谷川博己)は寝ている
源(西村元貴)をたたき起こし
「アメリカ製の発泡スチロール容器に
どうして刺激臭がないか調べるんだ。
アメリカ製のものは船便で輸入される。

当然日本に着くまでに時間がかかる。
輸送に掛かる日数。それから船の中での
保管状況を船会社に連絡して調べるんだ」
と命じます。

福子(安藤サクラ)も起きて来て
「夜中の2時ですよ」と呆れました(汗)

臭い問題の解決

真一(大谷亮平)西野(馬場徹)
久坂(竹村晋太郎)戸塚(ぎぃ子)は
発泡スチロールのカップに刺激臭がない
のでびっくりします。

萬平に振られ、神部(瀬戸康史)と源が
説明しました。アメリカ製の発泡スチロール
容器は、日本へ輸送している間に臭いが
取れたのです。

船会社によると日本へ着くまで10日で
その間カップはブリキの容器に入れられ
太陽の熱でコンテナ内は熱くなり
50℃にもなるのでした。

そこで容器をブリキ缶に入れて熱したら
臭いが取れたのです。萬平は容器工程の
最後に徐臭室を作り熱風を吹き込んでは
と提案しました。

スープ問題の解決

西野、久坂、戸塚はスープ問題を
解決してくれていました。
粉スープを入れたビーカーに
お湯を注ぐと、完全に溶けていきます。

立花家、ヌードルにお湯を入れて
福子、鈴(松坂慶子)幸(小川紗良)に
試食してもらいました。

カップは熱くなりません。
3人ともおいしいと言うので
萬平も源も笑顔になります。

しかし福子はフタはどうするんですか?
100円で売るんですか?高すぎる!
お湯で戻せるシナチクやチャーシューを
入れたらと新しい課題を出しました。

新しい課題

萬平は開発チームのメンバーに
普通のラーメンに入っていない新しい
具材を考えるよう課題を伝えます。

神部から話を聞いて、森本(毎熊克哉)は
製造工程がますます複雑になる
岡(中尾明慶)は原価が上がるのに
100円なのかと不満をぶつけました。

世良情報はフェイクニュース?

パーラー白薔薇、世良(桐谷健太)は
萬平から連絡がないと不機嫌そうです。

しのぶ(牧瀬里穂)は、幸が来て
ヌードルを試食したと話してたと言うと
世良は「ダビンチ君が女と歩いとった」
と言い出します。

アキラ(加藤雅也)も寄ってくると
世良はレオが金髪の女の人とごっつ腕を
絡ませ歩いてた、恋人だと言いました。
世良情報は本当でしょうか?
フェイクニュースでしょうか?

幸は英語のレポートで、A+を取り
レオのおかげだとうれしそうです。

名木君、恋愛経験を学ぶ

名木(上川周作)はシェイクスピアや
パスカルを読んでいました。

忠彦(要潤)が呼びかけると
名木は「僕は女の人と交際した事が
ありません。恋愛経験がないのに
芸術家やなんて。そしたら学ぶしか
ないんです」と答えます。

忠彦が居間に逃げ込んで、どうして
弟子を育てればいいんやと相談しました。
いつのまにか克子(松下奈緒)忠彦が
けんかになると、タカ(岸井ゆきの)が止め
大介(川口調)は「くわばらくわばら」
と逃げ出します。

立花家の家族それぞれ

源は参考書を手に部屋にこもって
ため息をつきました。

萬平は社長室で「う~ん。洋風で
高級感のある具材」とつぶやきます。

立花家のリビングの福子は2階に
目をやりました。2階の幸は
レオとの写真を見て笑います。

福子は針を手に刺し、いったー!
幸とレオ、どうなるのでしょうね。

まんぷく あらすじ ネタバレ 感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る