まんぷく 123話 田中哲司さんのいやらしい演技

萬平(長谷川博己)真一(大谷亮平)
世良(桐谷健太)はテイコー食品へ行き
猿渡(田中哲司)と直接対決します。

しかし猿渡は「他の悪徳業者と
一緒にすな」と逆切れし、去っていきます。
萬平たちはあきれ、あの自信はどこから
来るんだと怒りました。

特許庁から呼び出され、萬平と真一は
東京へ行きます。特許庁の小此木が
「麺の水分量は45%」と言うと
萬平が「はい。油で麺を揚げる前の
麺の最適な水分量です」と言いました。

真一が「立花萬平が試行錯誤の末にたどり
着いた数値です」と言うと
特許庁の角が「質問だけにお答え下さい」
と注意します。

テイコー食品も出願してる?

小此木が「審査結果は後日お答えします」
と言うので、真一はいつごろか聞くと
角はわかりませんと答えました。

萬平が「麺を油で揚げる湯熱乾燥式即席
ラーメン製造法の特許の申請をしてるのは
うちだけですよね」
真一は「テイコー食品さんも出願して
るんですか」と質問します。

萬平は「あそこはうちの技術を盗んだん
です。うちから社員を引き抜いたんです」
と言うと
小此木は「そういういきさつは我々の
関知する事ではありません。あくまでも
出願内容を精査して特許の認定を申請
します」と答えました。

萬平は戦闘モード

萬平と真一がとんぼ返りで翌日に
大阪へ帰って来ます。
テイコー食品も特許を出願してるらしい
と言うので、鈴(松坂慶子)たちは
動揺しました。

福子(安藤サクラ)は萬平に
ラーメン作りに専念してと頼みます。

真一は商工会でテイコー食品の動きを
探ると出かけて行き、萬平は「これは
避けて通れない戦いだ」と戦闘モード
です。

世良はジェントルマン!?

パーラー白薔薇、福子は世良に
「萬平さんにはラーメン作りに専念して
もらいたいんです。ケンカは世良さんに
引き受けてもらいたんです。クッソ!とか
おら!とかは世良さんの得意分野でしょ」
と頼みます。

世良は福神漬けを、しのぶ(牧瀬里穂)
アキラ(加藤雅也)に頼んでから
「僕はジェントルマンやぞ。あの社長の
相手は面倒くさい。本気でケンカしたら
血を見る事になるで」と断りました。

打倒、猿渡!

まんぷく食品の工場で、作業しながら
みんなで話します。

森本(毎熊克哉)は本家の方が近くの
売り場で多く置かれてたと言うと、
ハナ(呉城久美)は皆本家を買っていく
敏子(松井玲奈)は向こうが安いと
不満そうです。

吉乃(深川麻衣)が頑張ると言うと
森本と岡も賛成して
神部(瀬戸康史)が「えいえい、おー!」
と掛け声をかけ、みんなも声をあげます。

研究所の萬平も「えいえい、おー!」
と叫ぶので、鈴はやめてと頼みました(汗)

神部と忠彦

神部が香田家に帰って来たので
タカ(岸井ゆきの)が食事が出来てると言い
ますが、神部は会社でラーメン食べてきたと
お風呂へ行ってしまいます。

忠彦(要潤)が居間へ来ると、泣いている
タカを克子(松下奈緒)が慰めていました。

忠彦は神部とお風呂で話し合います。
手づくりのひよこちゃんが浮いてました。
忠彦は神部を責める訳でもなく
克子が怒ったらただではすまない
と脅します(汗)

ヤモリの泣き声(笑)

立花家、源(二宮輝生)幸(三宅希空)
福子と鈴が食事を取っていました。
萬平は仕事でいません。

源と幸が「お父さん、クソって言うてた」
と心配すると、福子は「空耳や、風の音や」
と言い、鈴は「ヤモリの鳴き声ね。ヤモリは
家を守ってくれてるの」と言います。

クソっと鳴くのかと源が聞くと
鈴は「クソークソーってね、福子」
福子は「そう。クソーって」と言って
源と幸をくずぐり笑顔にさせました(笑)

福子は小声で鈴に「ありがとう」
と伝えましたね。

特許が認められた!

4日後、特許が認められたと知らせが来て
皆大喜びします。萬平は「ざまあみろ」と
言うので、福子は心配しました。

テイコー食品、猿渡は坂部(今野浩喜)に
「大枚はたいてお前を引き抜いた意味が
なかったやないか。くそ、このまま引き下が
れるかい」とリベンジに燃えます。
まだ一波乱も二波乱もありそうですね。

まんぷく あらすじ ネタバレ 感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る