まんぷく 99話 東風万智子さん登場

萬平(長谷川博己)は鶏がらスープを
福子(安藤サクラ)たちに味見してと
頼んできました。

克子(松下奈緒)忠彦(要潤)は
おいしいと言いますが
タカ(岸井ゆきの)はつわりのせいで
受け付けません(汗)

鈴(松坂慶子)が「私はおいしいとは
思いません。おいしくない」と言うと
福子も「何度も飲みたくなるような
味ではない。この程度の味で満足しては
いけないと思います」と厳しいです。

鈴が「私は、まずい」とズバリ言うと
萬平は「わかりました」と寸胴鍋を持って
研究所へ戻っていきました。
東風万智子さんが後半に登場してましたね。

鶏がらスープから鶏スープへ

萬平は河原塚(後藤健司)から
鶏がらでなく、5羽の鶏を買います。

パーラー白薔薇、福子が失敗したと話すと
敏子(松井玲奈)が心配しました。
アキラ(加藤雅也)しのぶ(牧瀬里穂)は
材料費や道具にお金がかかることを
心配します。

澄(西村亜矢子)絹江(那々實あぐり)
かず子(八田麻住)が店に隅で悪口を
言ってるのを、アキラが苦々しく
聞いてましたね。

世の中がひっくり返るような味を

一週間後、再び味見を頼みます。
鶏の胸肉を使ったスープで
鈴も、においはいいと感心しました。
タカは、つわりがひどく欠席です。

忠彦と克子は、おいしいと高評価でしたが
鈴は「私はそうは思いません。むしろ最初の
方がおいしかったかも。全員がおいしいと
言わないといけないんでしょ、萬平さん」
と辛口です。

克子が「お母さんは萬平さんにラーメン作り
を諦めさせたいんでしょ」と聞くと
鈴は「いいえ。本当においしくないの。
まだ2回目ですよ。2回目で世の中が
ひっくり返るような味ができる訳ない」
と言いました。

福子も「そうですよね。この程度の味
やったらすぐ飽きられてしまうように
思います」と鈴に賛同します。

萬平は下を向いて「作り直します」と
寸胴鍋を持って去っていきました。

岡と森本は高評価

即席ラーメン研究所、岡(中尾明慶)
森本(毎熊克哉)は、うまいと高評価
してくれました。

萬平は鈴の言う通りで、2、3回で
完成する訳はないと言います。

真一(大谷亮平)が訪ねて来て
萬平と福子に相談があると
話しました。

真一の再婚相手

居間で、真一は「実は再婚を考えている
んだ。友人の紹介である女性と出会ってね。
この人なら咲も許してくれるんやないかと
思って」と切り出します。

咲(内田有紀)が亡くなって、17年になる
真一が再婚を考えなかったのが不思議だと
萬平は言いました。

相手は35才の本城好美という女性で
3年前にご主人を亡くし、6才の女の子と
4才の男の子を育てているのです。

真一は、萬平たちのことを親戚だと思って
いるので、みんなに祝ってもらえないなら
再婚はしないと言い、福子に会ってほしい
と頼んできました。

東風万智子さん登場

パーラー白薔薇で、福子は真一から
本城好美(東風万智子)を紹介されます。

好美は、6才の花子、4才の和光がいると
話だし、悪さばかりして、冬眠してるカエル
を起こそうと地面を掘ったら、モグラが
出てきたと花子が言っていた。和光は家に
こもりっぱなしと大阪弁で話しました。

話を聞いていたアキラが「要するに普通の
大阪のおばちゃんや」と言うと
しのぶがたたきます(笑)

福子は咲とは違う好美を
どう思ったんでしょうね?

まんぷく あらすじ ネタバレ 感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る