まんぷく 85話 万能調理器の完成するが家は抵当に

福子(安藤サクラ)は真一(大谷亮平)に
電話し「萬平さんは万能調理器は終わると
言ってました」と伝えます。
真一は「悪かったね、福ちゃんに
心配かけて」と謝りました。

萬平(長谷川博己)が万能調理器に入れ込み
すぎなのを、福子や真一たちが心配しますが
もうすぐ完成のようですね。

福子がパーラー白薔薇に行くと言うと
鈴(松坂慶子)は克子(松下奈緒)の家へ
行くと話しました。

奈保美のアンニュイなポーズ

香田家のアトリエで、忠彦(要潤)は
花村奈保美(さとうほなみ)をモデルに
絵を描いています。ワンピースの奈保美は
アンニュイなポーズです。

タカ(岸井ゆきの)は奈保美が毎日来て
朝9時から夕方4時まで、ご飯の時以外
忠彦とずっと2人でアトリエにこもってる
のが気に入らない様子でした。

鈴が、もし間違いが起こったらと言うと
克子は、忠彦は職業画家だから絶対に
そんなことないと言います。

しかし、忠彦が奈保美に接近して
ポーズをつけてるのを見て、
3人は悲鳴を上げました(汗)
鈴は「男は船、女は海なんてわかった事を
言うてたけど、どうなっても知らないから」
と言います。

万能調理器が完成する

真一が「金庫にはほとんど現金はありません
このままではいずれ空になりますよ。
もう新規融資も追加融資もやめましょう
織田島製作所…」と言うと
萬平は「あそこはダメです。もう万能調理器
は完成するんです」と大声を出しました。

萬平は船場銀行へ電話して
融資をお願いしました。

織田島製作所、萬平と神部(瀬戸康史)
健三(山西惇)正(金井勇太)そして
久美子(畦田ひとみ)と赤ちゃんが
見守る中、ついに万能調理器が
完成します!

萬平は「あとはこれをどうやって商品化に
持っていくかだ」とつぶやきました。

万能調理器のリンゴジュース

他の銀行に融資を断られ、梅田銀行にもう
一度融資を頼んでみようと萬平が言うと
真一は、担保が必要だと言ってくると
話します。

立花家に萬平が万能調理器を持ってきて
源(二宮輝生)幸(三宅希空)は
笑顔になりました。

皮をむいたリンゴを調理器に入れると
リンゴジュースが出てきます。
源や幸、鈴と福子は、それを飲んで
「おいしい」と笑顔になりました。

萬平の相談、家と土地を担保に

源と幸をお風呂に行かせてから
萬平は相談があると切り出します。

「この万能調理器の次の課題は商品化だ。
つまりこれと同じものを何台も作るという
ことだ。でもそのためには資金がいる。
梅田銀行から資金を受けるしかないんです。
担保が必要なんです。この家と土地を
担保にしたいんだ」と頼みました。

福子は「約束が違います。萬平さんが
もうすぐ終わるって言うから、萬平さんの
趣味やと思ってたから何にも言わなかったん
です。家や土地を担保に入れるなんて
約束が違います」と反対します。
鈴も大反対し、ほっぺを膨らませました。

萬平の訴えに、福子は賛成する

萬平は「8年前、理不尽な追徴課税を
受け入れたのは、国と戦うよりも
自分のやりたいことに時間を注ごうと
思ったからです。

でも僕は信用組合の理事長になった。
この仕事も世の中の役に立つ、
人を笑顔にする事だと思ったからです。

僕はそれが間違っていたとは思えません。
仕事は充実していたし、8年間も続けて
これたんだから、周りの人も評価して
くれたんでしょう。

でも織田島製作所を手伝うようになって
気がついたんです。やっぱり自分がやりた
かった事はこういう事だったんだって。
僕はずっと自分を押さえつけてきたん
だって。

この万能調理器は織田島製作所の夢であり
僕や神部君の夢でもあるんだ。せっかく
ここまで出来たのに、世の中に出せないまま
埋もれていくなんて、耐えられない。

頼む福子、僕のわがままを聞いてくれ。
幸と源のように、世の中の人を笑顔にする
幸せにする商品なんだ。頼む」と訴えます。

福子は「分かりました。私も同じ事を思って
いましたから。8年前、本当の萬平さんに
戻って下さいって言うたのは、私ですから」
と萬平に賛成しました。

万能調理器が商品化できるのか心配です。
世良の力も借りた方がいいですよね。

まんぷく あらすじ ネタバレ 感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る