まんぷく 80話 福子のサザエさんパーマ

萬平(長谷川博己)が池田信用組合の
理事長を引き受けて、8年が経ちます。
一気に時間が飛んで、新しい登場人物が
たくさん出てきましたね。

昭和32(1957)年10月、
経済白書に書かれた「もはや戦後ではない」
が流行語になったそうです。

福子(安藤サクラ)たちは大阪池田にある
庭付きの一軒家に住んでいました。
ベランダのある立派な洋風の家です。

矢柴俊博さんと濱口秀二さん

池田信用組合で、萬平はあいさつします。
真一(大谷亮平)が隣にいました。
今年度上半期の決算報告で、目標達成した
と話すと、拍手が起こります。

理事長室で、萬平と真一は、梅田銀行の
喜多村圭吾(矢柴俊博)嶋明弘(濱口秀二)
と話しました。望月綾(玄理)がお茶を
入れてくれます。

喜多村と嶋は、萬平の堂々たる話に
感心したと話してから、景気が悪くなって
きたので油断しないでと忠告してきました。

加藤雅也さんと牧瀬里穂さん

池田駅前商店街を、サザエさんの髪型の
福子が歩いてきます。鏡の自分を見て
福子はビミョウに笑いました。

パーラー白薔薇に入っていくと
川上アキラ(加藤雅也)しのぶ(牧瀬里穂)
が、福子のパーマに気づきます。

アキラはニューフェースに、しのぶは
宝塚に落ちてしまった過去があるようです。

桑原敏子(松井玲奈)が訪ねてきました。
敏子は呉服屋の夫に嫁いでいたのです。
松井玲奈さん、久しぶりの登場ですね。

深川麻衣さん,井上拓哉さん,中村凛太郎さん

鈴(松坂慶子)は香田家へ行って
克子(松下奈緒)と話しました。
鈴は、福子が理事長夫人になったのに
パーラーで働いているとぼやきます。
8年経っても、文句ばっかり(汗)

神部(瀬戸康史)はタカ(岸井ゆきの)と
結婚してましたが、香田家に住んでました。
マスオさん状態ですね。

大きくなった吉乃(深川麻衣)が現れると
忠彦(要潤)も帰って来ました。
成長した重之(井上拓哉)学(中村凛太郎)
は京泉大学へ通っているようです。
写真での登場でした。

二宮輝生さんと三宅希空さん

立花家に帰った鈴は、大きくなった
源(二宮輝生)幸(三宅希空)に
習字を教えていました。

萬平が帰ってくると
源と幸は飛び出していきます。

モーニングの萬平が窮屈だったと言うと
源と幸は、バッタみたい、ペンギンみたい
とバカにし、萬平とじゃれあいました(笑)

家族5人の食卓は豪華で
温かい家庭でしたね。
萬平はおビールを飲みます。

山西惇さん、金井勇太さん、畦田ひとみさん

福子は萬平に、敏子から相談を受けたと
話しました。萬平に知り合いの町工場を
助けて欲しいというのです。

小さな会社だが今まで世の中にはない道具を
作ろうとしてると聞いて、萬平の目が
光りました!

萬平は真一と一緒に、織田島製作所を
次の日に訪ねます。織田島健三(山西惇)
正(金井勇太)久美子(畦田ひとみ)の
姿が見えました。

まんぷく あらすじ ネタバレ 感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る