まんぷく 78話 団時朗さん登場、萬平を理事長に

萬平(長谷川博己)は進駐軍に逮捕されて
しまいますが、東弁護士(菅田将暉)たちの
協力もあって、釈放されます。

萬平、福子(安藤サクラ)源(髙田幸季)は
香田家に居候していました。

後半では、団時朗さんが登場します。
連続テレビ「カーネーション」
「ぺっぴんさん」に出演していましたね。

団時朗さんが演じる大鳥勘一という人は
福子と萬平の運命を変える人になるようです

萬平への来客

台所で、鈴(松坂慶子)克子(松下奈緒)
タカ(岸井ゆきの)が話してると、
「ごめんください」と声がしたので
タカが玄関へ飛び出していきます。

毎朝新聞の小早川という人がいて
萬平について取材させてと頼んできました。
福子が出て、萬平は留守で
そっとしておいてと追い返します。

お昼に巻きずしを食べようとしてると
「ごめんください」と声がしたので
タカがまた玄関へ飛び出していきます。

今度は、大村と半田という人で、
徴税反対運動をしているので、
萬平に旗頭になってと頼んできました。
福子が出て、追い返しました。

萬平のこれから

鈴が「これからどうするつもりやの?」
と聞くと、萬平は追徴課税のうち2万円が
残っていると答えます。

鈴は「何を発明するのよ?」と聞き
ついに「堅気の仕事について欲しいわ」
と言い出しました(汗)

克子が忠彦について、売れない画家だった
と言い出し、忠彦(要潤)がせき込みます。
福子が背中をさすり、タカがお茶を入れて
あげました(笑)

タカの合格発表

「ごめんください」と声がしたので
タカがまた玄関へ飛び出していくと
神部(瀬戸康史)は暗い顔で立って
いました。

タカとともに居間に来た神部は
「見て来ました。大阪大学の合格発表」
と暗い顔で、ためてから
「合格です!」と笑顔で伝えます。

タカは両手を上げて喜んで、克子とハグし
みんな笑顔になりました。

神部、萬平と仕事がしたい

吉乃(濱田優音)重之(栗田倫太郎)
学(西村竜直)も帰って来て
タカと神部が結婚する話になります。

萬平がダネイホンの売れ行きについて聞くと
神部は悪くはないが、競合の商品がでて
きてると渋い表情です。

さらに神部は本当はまた萬平と一緒に
仕事がしたいと打ち明けました。
タカと結婚したら、萬平とも親戚になると
言うと、福子も笑顔になります。

神部が「僕が必要になったら、いつでも声を
かけて下さい」と言うと
萬平は「ありがとう、神部君」と
うれしそうでした。

団時朗さん登場

大鳥勘一(団時朗)という男が訪ねてきて
萬平に会いたいと土下座してきました。
池田で織物業を営んでいる大鳥は
池田の産業発展のため萬平の力を借りたい
と頼んできます。

居間に入った大鳥は、萬平に会えて
感激しました。池田は敏子(松井玲奈)が
結婚して住んでいるところだと福子が言うと
大鳥はその縁に大袈裟に驚きます(汗)

大鳥は池田を経済発展させる目的で
信用組合を作ることになった
その名は「池田信用組合」と言うと
克子と鈴は「そのままや」と
ツッコみました。

大鳥はその信用組合の理事長に
萬平になってと頼んできます。

まんぷく あらすじ ネタバレ 感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る