菅田将暉さん弁護士役で登場,まんぷく第67回

萬平(長谷川博己)が脱税の容疑で逮捕
されてしまいます。堺(関健介)たちに
渡していた奨学金が給料にあたるとされ
その分の税金を納めていないというのです。

軍事裁判で禁固4年罰金7万円の実刑判決を
受けてしまいました。

福子(安藤サクラ)は真一(大谷亮平)と
電話で話し、東京へ行くと言い出します。
真一と鈴(松坂慶子)は身重の福子を心配
しますが、面会できるのは家族だけだからと
行くことにしました。

菅田将暉さんが、東太一という弁護士役で
今日の最後に登場してました。おどおどした
感じで、かなり不安ですね。

萬平は刑務所で作業を命じられる

萬平は刑務所の広場で「クソッ!」と
言いながら作業してると
MPに「黙って作業しろ」と命じられます。

鈴は香田家に行って、萬平について
克子(松下奈緒)忠彦(要潤)と話し
「萬平は目をつけてられてるんやないかしら
世の中では大悪党やと思われてるわよ」
と文句を吐き出しました(汗)

確かに萬平は2度も進駐軍に逮捕され
目をつけられてる感じもします。
困難が何度も襲ってきますね。

福子、東京へ

福子が東京へ着くと、雨が降っていて
堺が傘をさしてくれます。
福子は神部(瀬戸康史)倉永(榎田貴斗)
小松原(前原滉)増田(辻岡甚佐)
堀(原雄次郎)の顔を見回し
ほっとしたと笑いました。

福子が世良(桐谷健太)を気にすると
足を骨折して、大阪へ帰ってしまった
というのです。

萬平の逮捕を知って、世良は怒って
金庫を蹴って、足にひびがはいったの
でした。

しかし神部は怪しいと言います。
普通に帰っていたからです。

列車の中の世良は、足の包帯をはずし
松葉杖を前のお客さんにプレゼント
してました。

福子と萬平の面会

萬平が収監されていたのは中野にある
アメリカ第8軍刑務所でした。
福子が訪ねていくと、萬平と
30分だけ面会が許されます。

萬平は源は元気か?と心配し
福子は萬平がやせたことを心配します。
萬平は、なんでこんなことになったのか
考えてもわからないと弱っていました。

萬平が罰金7万円について聞くと
福子は「真一さんとも話したんですけど
それについては萬平さんと相談しないと」
と答えます。

萬平は「東京の会社を売却して、金を作る
しかないだろ。もしかしたら大阪の会社も」
と話しました。

萬平と福子の悲しみ

そして萬平は「弁護士を探してくれないか。
会社の資産整理に詳しい信頼できる先生だ」
と頼みます。

福子は「わかりました」と言うと
萬平は苦労をかけると謝りました。
福子は「萬平さんが元気でいてくだされば
それ以上望みません」と言います。

萬平が「福子」と金網に手を当てると
福子は萬平の手に合わせて「だけど
出来れば、この子が生まれてきた時に
お父さんに抱っこしてもらいたいです」
と話しました。
萬平は「すまない」と涙を流します。

美代子、弁護士を紹介してくれる

大衆食堂やまねで、みんなで食事しました。
美代子(藤本泉)がだしてくれた、
ちゃんぽんライスに
福子は「おいしい!」と大感激します。

福子は東京から出て来てから
何も食べていなかったのです。

真一は弁護士を探すのは難しいと言ってると
話を聞いていた美代子が「私の兄の知り合い
に弁護士がいます。まだ事務所開いて2年目
ですけど」と言います。

菅田将暉さん、弁護士役で登場

福子と真一はメモを手に雑居ビルの一室を
訪ねると、「東太一法律事務所」が
ありました。

「ごめんください」と声をかけると
中から「どうぞ」と声がします。
事務員の尾崎多江(渡辺真起子)が
迎えてくれました。

多江が「東先生、お客さんですよ。
もうそれはいいから、先生。私が
ふいときますから」と言うと
かがんでいた東太一が立ち上がります。

菅田将暉さんです!
お茶をこぼしたみたいです。
ちょっと頼りない弁護士みたいで
大丈夫でしょうか?(汗)

まんぷく あらすじ ネタバレ 感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る