まんぷく 58話 浜野謙太さんと片岡愛之助さん再登場

萬平(長谷川博己)たちが逮捕されたことは
新聞沙汰になり、世の中に知れ渡ります。
福子(安藤サクラ)は萬平が釈放されると
信じていました。

三田村会長(橋爪功)のもとに3人の男が来て
世良商事とたちばな塩業を大阪商工会から
退会させるべきと言います。

専売局の波多野(西川忠志)は電話で
問題のある会社は取引を停止するかも
と言ってきました。



ダイナホンについて

萬平は、メイ軍曹(ブレイズ・プラント)
ビンガム軍曹(メイナード・プラント)
から取調べを受けます。

ビンガムがダイネホンについて質問したので
萬平は、栄養食品で、中身は
動物性たんぱく質やビタミンなどで
大阪の栄養失調の人を助けたくて
作ったと言います。

そして福子の産後の肥立ちが悪かったので
開発し、病院に売っているが、金儲けの
ために作った訳ではないと説明しました。
ビンガムは萬平についてだんだん
理解してくれているようですね。

世良、もういっぺん手榴弾を投げて

チャーリー・タナカ(岡崎体育)が
世良が話を聞いてくれと言ってるというので
メイが行きました。

世良(桐谷健太)はもういっぺん海に
手榴弾を投げてと頼みます。
魚にも生活習慣があり、あの時間には
魚がいなかった。日暮れにはたくさん
集まってくるというのです。

メイが要件はそれだけかと聞くと
世良は「あのチャーリー・タナカは
生意気だ」と文句を言います(笑)
世良はまた雑居房へ連れて行かれました。

浜野謙太さん再登場

牧善之介(浜野謙太)が訪ねて来ました。
大阪歯科医師会の理事をしているのです。
偉くなったんですね。

牧は、萬平は善人だと言って、萬平の妻の
福子と自分の妻の恵(橋本マナミ)は
ホテルで一緒に働いていたと言います。

そして軍事物資の横流し容疑で、憲兵に
捕まったことがあったが濡れ衣で釈放された
と説明しました。

片岡愛之助さん再登場

加地谷(片岡愛之助)もやってきました。
加地谷は自分が軍事物資を横流しした罪を
萬平になすりつけたと話します。

憲兵からひどい拷問を受けたのに
釈放された萬平は「あなたを許します。
加地谷さんのおかげで、僕は福子と
結婚できたんですから」と言ったのです。

加地谷は今はチンドン屋をやっていて
「立花萬平くんは悪くない!」
とチラシ配りをしてました。

世良、牧、加地谷から話を聞いたメイが
軍事裁判にかけましょうと言いますが
ビンガムは迷っているようです。

福子、英語の辞書を出して考える

加地谷は電話で、牧はやってきて
萬平の無実を訴えたと福子に話します。

牧は「僕は他人やから無茶ができるん。
福ちゃんが進駐軍に乗り込んでも、
家族は相手にしてもらえないだろう。
だけど、やっぱり福ちゃんしかいない
と思う。萬平さんを助けられるのは」
と言いました。

研究室で、鈴(松坂慶子)克子(松下奈緒)
忠彦(要潤)がダイネホンを作ってましたが
材料がなくなってきたようです。

雑居房では、真一(大谷亮平)世良、
神部(瀬戸康史)萬平がそれぞれの
思いをつぶやきます。

福子は英語の辞書を出して「立花萬平にも
社員たちにも一切罪はありません」と
英語を考えていました。

ノームービングサースディでしたが
浜野謙太さんと片岡愛之助さん再登場
しましたね。




まんぷく あらすじ ネタバレ 感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る