まんぷく 56話 米陸軍憲兵隊の取り調べ、世良も逮捕

萬平(長谷川博己)たちが連行された夜
克子(松下奈緒)忠彦(要潤)が
かけつけてきました。

克子が何で倉庫に手榴弾があったのか聞くと
福子(安藤サクラ)は元々陸軍の施設だった
と答えます。

忠彦は、進駐軍が日本に残っている武器や
弾薬を徹底的に回収している、マッカーサー
暗殺未遂事件があって以来、取り調べを
厳しくしていて、軍事裁判にかけられる
と説明しました。

福子と鈴はショックを受けますが
萬平から塩とダイネホンを運ぶよう言われて
いるので4人でそれをすることにしました。



ビンガム軍曹と萬平

ビンガム軍曹(メイナード・プラント)から
萬平は取り調べを受けていました。
陸軍の倉庫を誰に紹介されたか聞かれますが
萬平は世良(桐谷健太)に迷惑がかかると
思い、言いませんでした。

ビンガムは「君が本当のことを言わなければ
周りの人間がみんな不幸になるんだぞ」と
流暢な日本語で、やさしく警告します。

チャーリー・タナカは日系2世

雑居房で、真一(大谷亮平)は萬平の取調が
続いていること気にしてました。
高木(中村大輝)は謝り、
野村(南川泰規)堺(関健介)は
うっぷんがたまっていたとうなだれます。

森本(毎熊克哉)が「社長のせいだ」と
言い出し、神部(瀬戸康史)が反発し
また言い合いが始まりました。
岡(中尾明慶)は軍事裁判で死刑になるかも
と言い出します。

寝ていたチャーリー・タナカ(岡崎体育)が
起きだし「何の騒ぎじゃ?おとなしく寝とけ」
と注意しました。

岡が「チャーリー言うたの?どっからどう
見ても日本人やん?」と絡むと
タナカは「俺は日系2世や。アメリカの
軍人や」と大阪弁です(汗)

神部たちから「同じ日本人を牢屋に閉じ込め
心が痛まんのか?」とツッコまれ
タナカは「俺は日本は嫌いだ。金髪の白人に
生まれたかった」と英語で話します。
大阪帝大を出た神部が訳してくれました。

反乱はフェイクニュース

専売局の波多野(西川忠志)から塩を納めて
欲しいと催促の電話があります。

福子は明日中にはなんとかと答えてしまい
ましたが、塩を運ぶのは忠彦だけです。
克子と鈴はダイネホン作り担当でした。

車の音が聞こえてきたので、福子たちが
外へ行くと、2人の新聞記者で、塩軍団が
進駐軍に連行されたのかと聞いてきます。
福子たちは反乱を企てようとしてるという
のはフェイクニュースだと否定しました。

メイ軍曹と真一

メイ軍曹(ブレイズ・プラント)から
真一は取り調べを受けていました。
メイは「矢島証券にいたのか?なぜたちばな
塩業に?」とウイスキーをついでくれます。

真一は「前の会社では毎日金のことばかり
考えて仕事をしていました。それが嫌になっ
たんです。妻を亡くして人生観が変わった。
戦争であなたたちと戦い負けたことも。

でも一番大きな理由はあの夫婦の力になりた
かったことです。社長の萬平君と福ちゃん
ですよ。福ちゃんは僕の死んだ妻の妹です。

萬平さんは損得を考えず世の中の役に立つ
仕事をしようとしてます。それを福ちゃ
んが支えてるんです」と語りました。

メイ軍曹は「ヘイ、ヘイ。俺を騙そうと
しているのか?あの会社では何をしていた?
クーデターのため金を集めていたのか?」
と声を荒げます。

世良も連行される

萬平は両手を縄で縛られ、廊下を歩かされ
ていました。ビンガム軍曹の言葉を思い出し
世良を思いました。

その世良は新聞記事を見てびっくり
三田村会長(橋爪功)も驚いていました。

世良が福子に電話していると
メイ軍曹らが来て、世良も連行されて
しまいましたね。




まんぷく あらすじ ネタバレ 感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る