まんぷく 44話 松坂慶子さんのかわいい演技

鈴(松坂慶子)が「私は出て行きます」
と書置きを残し、いなくなります。
福子(安藤サクラ)は塩軍団に
鈴が家出したので、探してと頼みました。

萬平(長谷川博己)は「僕のせいだ!
僕がお母さんを怒らせた。お母さんが
自分が源氏の末裔だって言うから
冗談でしょって。ご先祖様が源義経だって
言うんだ」と打ち明けます。

塩軍団が「冗談でしょ」と笑うと
萬平は「それを言っちゃいけなんだよ」
と言い
福子は「娘の私も聞いた事ありませんよ」
と言いました。とりあえ、ずみんなで
鈴を探すことにします。



水島家にも、清香軒にも静はいない

福子が水島家へ行くと、ハナ(呉城久美)
賢作(松木賢三)は来てないと言いました。

萬平が清香軒へ行くと、竹春(阿南健治)
まさの(久保田麿希)も来てないと言います
が、顔を見合わせ、素の表情になります。
ちょっと怪しいです。

香田家の食卓

香田家では、みんなで食事をしていました。
忠彦(要潤)がぼーっとしてるので
克子(松下奈緒)が「どうしたのあなた?」
と聞きます。

タカ(岸井ゆきの)が「絵のことで頭が
いっぱいなのよ」と言うと
忠彦は「真一さんのこと考えてたんや」
と答えました。

咲(内田有紀)が亡くなり一人暮らしなので
真一(大谷亮平)は寂しいのでは
というのです。

タカと吉乃(濱田優音)が「昔より
明るくなった」と言い、学(西村竜直)も
「明るくなった」と言うと
重之(栗田倫太郎)が「昔の真一おじさん
知らんやろ」とつっこみます(笑)

克子がおかずを届けに行った時の話を
します。克子が「私らに遠慮して一人でいる
ことない。咲姉のことを忘れ、これからの
人生を考えて」と言ったら
真一が「確かに所帯を持って子供が出来たら
仕事にも張り合いが出来るかもしれない。
でもやっぱり僕の妻は咲なんだ」と
話したのです。

そこへ電報が届きます。
「ハハ イエデ フクコ」

タカが、たちばな塩業へ

克子は福子に電話しました。
克子が鈴はきていない、何があったか?
と聞くと、福子はいろいろ不満がたまって
いたと思うと答えます。

克子は、タカが春休みなので、そちらへ
行かせると話しました。
すると福子が代わりに香田家へ行くと
言い出します。

翌日、タカがたちばな塩業へやってきて
タカファンの小松原(前原滉)
増田(辻岡甚佐)堀(原雄次郎)は
大喜びです。

佐久間(川並淳一)がトラックを運転し
萬平も福子についていくことに
なりました。

神部(瀬戸康史)岡(中尾明慶)が自分たち
に仕事を任せてと言います。塩軍団の中に
タカ一人で大丈夫でしょうか?

新しい冒険

トラックの中で、福子が謝ると
萬平は僕が悪いと謝り返しました。

福子が「向こうにつくまで仕事のこと考えて
いていいですよ。三田村会長の投資して
頂いたお金で新しい事やるんでしょ」
と言うと、運転手の佐久間は
「そうなんですか」とびっくり!

福子は「新しい冒険!私たちの事は気に
しないで考えて」と笑いますが
萬平は「考えられないよ」と
厳しい表情です。

福子と克子、萬平と忠彦

香田家で福子と萬平、克子と忠彦の
4人で話し合います。

萬平が「僕が悪いんです。言っちゃいけない
こと言っちゃって」と言い、鈴がご先祖様が
源義経だと言うのをバカにして笑ったと
打ち明けました。

福子と克子は「そんなの聞いたことない。
絶対ウソ」と笑い、福子は「また蹴った。
この子もウソやって言うてる」と言います。
予定日は4月8日だというので
克子と忠彦はあと1週間だと驚きました。

萬平が「ウソかどうかなんて問題じゃないん
です。きちんと話を聞いてあげなかった。
僕が悪いんです」と言います。

忠彦は「萬平さんの言う通り、あのお母さん
には反論してはいけない。何を言われても
そうですねと、うなずいてあげないと。
源義経を否定されるということは、
武士の娘やという事を否定される事と
同じなんやわ」と萬平に賛同しました。

福子と克子は鈴の家出を軽く考えてたけど
萬平と忠彦は重く受け止めてましたね。

鈴、清香軒にいた

清香軒、メガネの常連さんが帰ってから
竹春が「ラーメンできたで」と出すと
まさのが受け取り、奥へ持っていきます。

鈴が座っていて「いただきます」と
ラーメンを食べ始め「おいしい。
塩加減が絶妙」と言いました。

竹春とまさのが、萬平たちに黙っているのは
後ろめたいと言うと
鈴は「悪いのはあの旦那。いろいろあるの。
おつゆもおいしい」と言います。
松坂慶子さん、ラーメンをおいしそうに
食べますよね。

竹春とまさのが「いろいろ?」と身を乗り
出してくると、鈴は「あの人が塩を作ると
言い出したから飯炊き女をやらされてるの。
そもそも福子がああいう人と結婚するのを
反対してたんやから」と話しました。

竹春が「今さらそんなこと」と言うと
鈴は「さっきからおいしいって言うてるん
やから、ありがとうくらい言いなさい」
と言います。

2人で「ありがとうございます」と言って
まさのが「お代は?」と聞くと
鈴は「後で萬平さんに払わせます」と答え
2人は納得しました(笑)

松坂慶子さんの鈴、最初は憎たらしい感じ
でしたが、かわいらしくなってきましたね。




まんぷく あらすじ ネタバレ 感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る