西郷どん 43話 西郷隆盛と大久保利通の完全なる決別

明治6(1873)年10月14日、
帰国した岩倉具視(笑福亭鶴瓶)を交えた
最初の閣議が開かれます。

西郷隆盛(鈴木亮平)が日本国大使として
朝鮮派遣されることになったと言うと
大久保利通(瑛太)は「西郷参議の朝鮮派遣
のこと今一度考え直すべきだと思います」
と反対しました。

数日前、大久保は岩倉に「西郷に勝ち
今の政府をぶっ壊したいのです。そのために
まず西郷の朝鮮派遣を覆します」と
2人だけで企んでいたのです。

今回は、西郷隆盛と大久保利通の対立が
決定的となってしまいましたね。
「西郷どん 43回 さらば、東京」です。



西郷隆盛の朝鮮派遣で、大久保 VS 西郷

閣議の席で、西郷隆盛と大久保利通の討論が
始まります。西郷が軍艦も兵も連れずに
1人で行って、礼節を尽くして話せば
朝鮮も理解してくれると主張しました。

大久保は今行けば必ず戦になるので
富国強兵し、蒸気の力で欧米のように
あらゆるものを作って軍備拡大すれば
朝鮮の方から交渉にやって来ると話します。

西郷は朝鮮にいる2000人の居留民を
見殺しにするのかと言いました。
江藤新平(迫田孝也)が岩倉と大久保の
罷免を要求しだすと
三条実美(野村万蔵)がうろたえだします。

すると岩倉が「わかった西郷、望み通り
朝鮮へ行ってこい」と言い
三条が天子様に奏上するだけとなりました。
ところが大きなプレッシャーを受けたためか
三条が倒れてしまいます。

西郷隆盛の朝鮮派遣の余波

西郷従道(錦戸亮)小兵衛(上川周作)が
隆盛のもとにやってきました。

従道が朝鮮の内情を調べてから行った方が
いいのではと止めますが、隆盛が行くと言う
ので、従道は万一のためにとピストルを
差し出します。隆盛はいったん
ピストルを手にして、畳に置きました。

鹿児島の西郷家にも、隆盛の朝鮮派遣の
知らせが来て、糸(黒木華)園(柏木由紀)
川口雪篷(石橋蓮司)らが心配します。

三条実美、倒れる

10月18日、閣議が行われる会議室で
西郷隆盛、江藤新平、大隈重信(尾上寛之)
後藤象二郎(瀬川亮)板垣退助(渋川清彦)
大木喬任(濱田嘉幸)が待っていると
岩倉が来て、三条が倒れたので
今日の閣議は中止と知らせました。

隆盛が三条のお見舞いに行きますが
家人に面会を断られてしまいます。
隆盛が「三条様は政府にとって扇の要。
ゆっくり体をお休め下さいとお伝え下さい」
と帰ろうとすると、三条が出て来ました。

辛そうな表情の三条は「こない頼りないまろ
が扇の要な訳ないやろ。西郷ほんますまん。
岩倉が帰ってくる前の政府がよかった。
天子様と政府と日本の民がつながって
いた。大久保が恐ろしいことを考えている」
と教えてくれます。



岩倉具視、太政大臣代理に

一方、岩倉は明治天皇(野村万之丞)に
何か奏上してました。そして数日後の閣議で
岩倉が「まろが太政大臣代理である」と
宣言します。

大久保は岩倉に「天子様に西郷が朝鮮へ
行ったら命を落とすかもと伝えて」と
言ったのでした。
西郷の朝鮮派遣は見送りに決まります。

江藤らが岩倉に詰め寄ってもめ始めると
隆盛は「わかりもした。我ら一同天子様の
お言葉に従いもす。おいの役目はここまでで
ございもすな。あとはお任せいたしもす」
と頭を下げて去っていきました。

桐野利秋(大野拓朗)別府晋介(篠原悠伸)
たちが岩倉の決定に反発し、陸軍を動かすと
言ってきますが、隆盛が制しました。

11月24日、西郷隆盛が辞表を出し
江藤、後藤、板垣も政府に辞表を出します。

大久保と岩倉の新しい人事案

大久保は岩倉に新しい人事案を提出
しました。大久保は自分を内務卿に
と考えていました。

岩倉は料亭に、木戸孝允(玉山鉄二)
伊藤博文(浜野謙太)井上馨(忍成修吾)
山県有朋(村上新悟)を招きます。

岩倉は長州の者たちに政府に戻ってきてと
頼み、木戸にお酒をすすめてきました。
木戸が「薩摩に戻った西郷が兵を出すと?」
と聞くと、岩倉は「さすがその頭が必要や」
と褒めます。

木戸は西郷がそんなことをするはずがないと
席を立ちました。

木戸孝允と西郷隆盛

木戸孝允が長屋に隆盛を訪ねてきます。
隆盛が「まさか木戸さあまで政府を去ると」
と聞くと
木戸は条約改正に失敗し、留守にしている
間に長州の者たちが汚職にまみれた責任を
取らねばならないと答えました。

隆盛は、異国で悔しい思いをした木戸たちが
野に埋もれるのは惜しい。人間は過ちを犯す
ものだが、その過ちを認め、どう生かすかで
器量が決まると言います。

木戸は「その言葉しかと胸にとめておこう」
と右手を差し出すと、隆盛は「よっしゃ
頼む」とシェイクハンド!
2人は笑顔を見せました。

子供たちが帰らないでと訴えてくると
木戸は子供たちの面倒を見ると約束
してくれます。



西郷隆盛と大久保利通との別れ

大久保が邸宅に帰ってくると
ゆう(内田有紀)が迎えて
達熊(吉田奏佑)の友達が来ていると
話しました。

2階の部屋へ大久保が行くと、達熊が
隆盛の馬に乗って遊んでいました(笑)
大久保は怒りながらも、ゆうと達熊を
下がらせ、隆盛と2人で話します。

隆盛は自分が政府を去ることになったのは
岩倉との謀だったのかと聞くと
大久保はそうだと認めました。

隆盛は、幼い頃から大久保は賢かったが
やり方が好かないと責めると
大久保は卑怯者とも何とでも言え、憎め!
覚悟はできていると答えます。

隆盛は、ずっと2人でやってきて
何度も何度も助けられたのだから
どうして憎めと言うのか?
おいの負けじゃ。後はおはんのやり方でやれ
一蔵どんの国づくりを眺めながら、鹿児島で
畑を耕すと涙を浮かべました。

大久保は「吉之助さあ」と立ち上がって
何かを言おうとしたところで
ゆうがお茶を持ってきます。

隆盛が、お世話になったと頭を下げると
ゆうは、これが最後かと心配しました。
隆盛は、一蔵どんが日本中に鉄道を作ったら
薩摩などすぐになるので会いに来てと
笑って去っていきます。
大久保も涙を浮かべてましたね。

西郷隆盛、鹿児島へ

西郷隆盛は翌朝早く、熊吉(塚地武雅)
とともに鹿児島へ発とうとしていると
西郷従道がやって来ました。

従道は新政府に食いついて、西郷の名を
恥ずかしめぬようにすると言うと
隆盛は「頼むぞ」と去っていきます。

これが、西郷隆盛と大久保利通との
永遠の別れとなってしまうのですね。




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る