西郷どん 41話 岩倉使節団と明治天皇行幸 新しき国へ

川口雪篷(石橋蓮司)が菊次郎(城桧吏)に
勉強を教えていると、大砲の音が聞こえます
糸(黒木華)たちも驚いて外へ出ると
花火が見えました。

磯御殿の島津久光(青木崇高)が憂さ晴らし
で花火を上げていたのです(汗)

廃藩置県の後、新政府は諸制度を改め
始めました。しかし薩摩と長州の出身者が
実権を握る構図は変わらず、維新に尽力した
旧藩出身者には不満が募っていました。

新たに欧米に使節団が派遣されることが
取り決められます。
「西郷どん 41回 新しき国へ」です。



岩倉使節団

大久保利通(瑛太)木戸孝允(玉山鉄二)
岩倉具視(笑福亭鶴瓶)が使節団について
日本が新たな国家として生まれ変わった事を
万国に知らしめ、不平等条約を各国に改め
させることが目的だと説明しました。

西郷隆盛(鈴木亮平)が今行かねばならぬ
ことなのかと疑問を呈すると
江藤新平(迫田孝也)も西郷に賛成します。

伊藤博文(浜野謙太)は自分がアメリカと
イギリスに見聞に行った経験を話し
使節団は急務だと説明しました。
岩倉に促され、三条実美(野村万蔵)も
うなずきます。

西郷隆盛、明治天皇行幸を提案

江藤 板垣退助(渋川清彦)
大隈重信(尾上寛之)後藤象二郎(瀬川亮)
は薩長が実権を握っていることに不満を
もらし、大久保らが留守の間が好機だと
考えていました。

大久保の執見室、大久保は西郷に
土佐や肥前出身者の企みがあると話し
ます。大久保はお見通しだったのです。

西郷は、民の窮状を天子様に直にご見聞
頂きたいと提案します。帝の巡幸です。
西郷と大久保は互いに力を尽くすことで
まとまります。

菊次郎を異国へ誘う

鹿児島の西郷家に、隆盛からの手紙が
届きました。雪篷がそれを読んで
菊次郎に渡します。

園(柏木由紀)が読めるの?と聞き
糸は何と書いてある?とたずねると
菊次郎は異国に行ってみないかと
書かれていると答えました。

迷う菊次郎に、糸は他人に決めてもらわず
自分で決めなさいと言います。

島津久光の怒り

磯御殿で、島津久光は散切り頭にし、
洋服を着た桂久武(井戸田潤)
大山綱良(北村有起哉)に怒りを
ぶつけていました。

海江田武次(高橋光臣)はちょんまげで
着物なので、久光の信頼は厚いです(汗)

中村半次郎、改め、桐野利秋

隆盛の長屋で、村田新八(堀井新太)が
隆盛に何か話そうとすると
従道(錦戸亮)川路利良(泉澤祐希)が
やってきます。川路も欧州に同行が
許されたのです。

さらに中村半次郎(大野拓朗)もやって
来ました。半次郎は桐野利秋と名を改め
陸軍少尉に任じられたのです。
隆盛は芋泥棒と笑います(笑)

宮内大丞になった新八を合わせて3人を
お祝いしようと隆盛が言うと
新八が「まってくれやい!おいは天子様の
おそばに仕えるなんて、畏れ多くて
できもはん」と言い出しました。

隆盛は3人について話します。
川路はいつも冷静沈着でポリスに向いている
桐野は川路と正反対だが、誰よりも先陣を
切り、みなに慕われている。

新八は、自分と同じ島流しの辛酸をなめたが
明るい性格なので、いつも腹を空かした
清い男なので、天子様にお仕えするのに
向いているというのです。

川路も桐野も涙ぐんで、感動した様子になり
ますが、新八のお腹がグーと鳴ります(笑)



明治天皇と西郷隆盛

西郷隆盛は新八、山岡鉄太郎(藤本隆宏)
とともに、明治天皇(野村万之丞)の御前で
各地を巡幸し、民の暮らしを見て頂きたい
と奏上しました。

万里小路博房(川井つと)ら公家たちは
大反対し、明治天皇はいったん奥に
下がられます。

ところがやがて明治天皇は隆盛の前に来られ
「西郷、卿の申す事もっともじゃ。
朕に力を貸してくれ」と賛成されました。

岩倉使節団、サンフランシスコへ

明治4(1871)年、明治天皇自ら
使節団の勅命を読まれ、岩倉、大久保、
木戸は大緊張します。

岩倉と大久保は西郷に、政府の方針は
動かしてはならんと釘を刺して
サンフランシスコへ出発していきました。

すると江藤や後藤が新しい大蔵卿を
立てるべきと提案してきます。
井上馨(忍成修吾)は「大蔵省のことは
この井上と西郷参議が任されております」
と反対しました。

隆盛、長屋で不満の声を聞く

隆盛が長屋へ戻ってくると
お房(犬山イヌコ)金太(及川いぞう)
和助(木全隆浩)が新政府に不満をもらして
いるのが聞こえてしまいます。

隆盛が「今じゃった」とあいさつすると
お房たちは隆盛だけは別だと笑って
去っていきました。

新聞には岡山で7千人の一揆が起きたと
書いてありました。別府晋介(篠原悠伸)
が急を知らせに来ます。

山城屋事件

隆盛がかけつけると、桐野が
山県有朋(村上新悟)を斬ろうとして
いました。隆盛はなんとか桐野を押し
とどめます。

陸軍を掌握していた山県が、65万円
(今の100億円以上)を山城屋に
貸しつけ、その見返りを受け取って
いたというのでした。

山県は責任を取って役目を返上します。
村上新悟さんの良い声がほとんど
聞こえなくて、残念です。



天皇巡幸の衝撃

海江田武次が島津久光の書状を持って
訪ねてきました。廃藩置県によって
鹿児島の人々の不満が高まっているので
久光を県令にというのでした。

隆盛は久光を県令にはできない
新しい国を作ったからにはもう後戻り
できないと言い、
天皇巡幸のことを伝えます。

天皇巡幸のことを知って、西郷家も
騒然としました。川口雪篷は酒を断つ
ことにします。

明治天皇、薩摩へ巡幸

明治5年5月、明治天皇は西国各地を巡幸し
隆盛、新八もお供で鹿児島に帰りました。
久光は明治天皇が洋服を着ていたので
びっくりしたようです!

久光は隆盛と2人きりになると
これがお前が我が兄斉彬と共に
創りたかった新しか国か?と
質問します。

隆盛は亡き殿がめざしたものとかけ離れた
国になって申し分けないと涙ぐみました。

すると久光は「このやっせんぼ!
最後までやりきれ!やってやって
そいでも倒れた時には薩摩に帰って来い。
後は若い者に任せればよい。
新しか国は若い者のためにあっとじゃ」
と話します。

隆盛が「お言葉ありがたく頂戴
いたしました」と感謝しました。
久光はいったん隆盛を下がらせようと
しますが、呼び止めて
「天子様のお召し物、すぐ考え直せ」
と命じました(笑)

菊次郎、異国で学びたい

西郷家の祠を隆盛が拝んでいると
糸と菊次郎がやってきます。
菊次郎は「おいも異国で学びとう
ございます。天子様のお姿を拝して
心が決まりもした」と話しました。

隆盛は「よう言うた。気張れ」と言い
糸は、愛加那の気持ちがわかったが
菊次郎を後押ししたいと言います。

西郷隆盛と菊次郎と糸、
穏やかな親子関係でしたね。
次週、帰国した大久保と西郷が
対立してしまうようです。




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る