まんぷく 28話 瀬戸康史さん登場、要潤さん再登場

鈴(松坂慶子)が寝ているアトリエに
男が忍び込んできます。

福子(安藤サクラ)萬平(長谷川博己)
克子(松下奈緒)や子供たちも
ぐっすり寝込んでいました。

男は居間に入ると、ひきだしから
はんこの売上金の札束を見つけます。
鈴が「何をしているの!
皆の者!出会え!」と叫ぶと
男はびっくり!

瀬戸康史さんが登場!
神部茂という男です。



瀬戸康史さん登場

後ろ手を縛られた神部を
鈴、福子、萬平、克子、タカ(岸井ゆきの)
が取り囲んで、問い詰めました。

神部が戦争から帰ってくると、空襲で
家は焼けて、母親が亡くなっていて
仕事も無く、金も尽きてしまいます。

はんこ屋が繁盛しているのを見て
家までつけてきたと打ち明けました。

神部が朝鮮にいたというので
克子は香田忠彦を知らないかと聞きます。
神部はちょっとためてから
知りませんと答えます。

神部茂は泥棒?

神部が空腹で倒れてしまったので
すいとんをごちそうすると
大喜びで食べました。

萬平以外は眠たいと
布団へ戻ってしまいます。

翌朝、福子が起きてくると
萬平は台所で寝ていて
神部はいなくなっていました。

神部は逃げたと思ったら
お礼だと言って、廊下を雑巾がけ
していました。
鈴は怒って「今すぐ出て行きなさい」
と追い出します。

萬平が「僕は戦争に行かなかったから
彼のような人には引け目を感じるよ」
と言うと
福子は「ほんまにあんな人はたくさん
いるんでしょうね」と言いました。

要潤さん再登場

鈴が寝ているアトリエに
再び男が忍び込んできます。

鈴が起きて「また!あんたか!
よくもまあ性懲りもなく」と叫ぶと
「お母さん、僕です、忠彦です」
と忠彦(要潤)でした。

鈴が「克子!みんな来て」と言い
克子、福子、萬平がやって来ます。
克子は「あなた、生きてた」と
忠彦に飛びつきます。

忠彦は「子供は無事か?」と確認し
フィリピンからの復員船がなかなか
なくて遅くなったと謝りました。

子供たちが寝ているのを見て
忠彦は「みんな大きなったな。
ありがとう。克子」と感謝し
「まだ信じられへん。生きて帰って来たのが
戦争は地獄や」と語ります。

克子はお風呂を沸かしに行きました。

忠彦、子供たちとも再会する

翌朝、忠彦が庭に立っていたので
タカ、吉乃(濱田優音)学(西村竜直)
重之(栗田倫太郎)は大喜びです。

タカが「ご無事にお戻りになられて
おめでとうございます」とあいさつするので
忠彦は「大人になったな、タカ」と
笑顔を見せました。

克子や福子たちも出て来て
万歳!万歳!してると
神部も来て、万歳!に加わります。
瀬戸康史さんの神部、笑顔が清々しくて
憎めないキャラですね。




まんぷく あらすじ ネタバレ 感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る