まんぷく 19話 恵の結婚相手は牧?野呂?

福子(安藤サクラ)は萬平(長谷川博己)と
結婚して立花福子となりました。

福子が表の掃除をしているとご近所さんが
差し入れしてくれます。
昭和19(1944)年春、福子と萬平が
結婚して1年が経っていました。

戦争について新聞は勇ましく伝えてましたが
庶民の暮らしは配給制が始まっていて
苦しくなっていました。



鈴、萬平が気に入らない

鈴(松坂慶子)は香田家を訪ねて
克子(松下奈緒)と話します。
子供たちは米つきをしていました。

克子は「福子がうらやましい。1年経っても
まだ新婚気分よ。萬平さん、萬平さんって」
と言うと
鈴は「あれは世話を焼きすぎ。萬平さんは
軍隊の身体検査でその日に返されたのに
平気は顔して」と言います。

鈴は萬平のことが気に入らないようです。

人間、食わなければ終わりだ

萬平は、福子が食事を工夫してくれるのに
感謝してから「憲兵隊に捕まった時、僕は
豚になった。人間食わなければ終わりだ」
と言います。

福子は「食べられるだけ幸せですね。こんな
ものしか出来ませんが、しっかり食べて丈夫
な体に戻って下さい、萬平さん」と言うと
萬平は「ありがとう、福子」と答え
2人は笑顔になりました。

恵の結婚相手は牧?野呂?

満開の桜の木の下、福子は恵(橋本マナミ)
と会いました。恵のお腹は大きくなっていて
福子が「今何か月ですか?」と聞くと
恵は「7か月」と答えます。

大阪東洋ホテルは、恵は結婚して辞めていて
開店休業状態で、大前田(曽我廼家寛太郎)
は元気ない様子です。

福子は萬平の会社について、会社を立て直し
飲料水製造機を作っていると話します。

加地谷(片岡愛之助)は北海道にいるようで
したが、萬平は恨んでいないようです。

福子は「母が萬平さんのこと気に入らない
みたい。元々私たちの結婚に乗り気やなかっ
たし、軍隊の身体検査にはねられた事も
恥ずかしいって」と言います。

恵の結婚相手は牧

すると恵は「私の旦那さんも身体検査で
はねられてしまったの。痔よ」と
打ち明けました。

恵は牧(浜野謙太)と結婚したのです。
野呂(藤山扇治郎)が兵隊に取られて
競争相手がいなくなったら、余裕が出て来て
恵は好きになったとうれしそうです。

福子は「事実は小説より奇なり」と
笑いました。

恵が世良(桐谷健太)について聞くと
福子は戦争に取られたが、うまくやってる
だろうと言います。

福子が「予定日いつですか?」と聞くと
恵は「7月7日」と答え
福子は「七夕や。元気な赤ちゃん、
生んでくださいね」と話しました。

恵が「ありがとう。今日は福ちゃんに会えて
よかった」と言うと
福子は「私も」と恵のお腹に手をやります。

鈴、萬平を信用していない

福子は鈴を訪ねて「一人で大丈夫?」と
心配しました。鈴は「毎日忙しいわよ。
さっきまで克子のところにいたの」と
答えます。

戦争に行った忠彦(要潤)真一(大谷亮平)
や咲(内田有紀)のことを話してから
萬平の話題になりました。

鈴は萬平について「ひ弱な旦那様で大丈夫」
と心配したような事を言ってから
「発明家は山師と一緒」と萬平を
まったく信用してないようです(泣)

鈴が「私は武士の娘です」と言うと
福子がハモってました(笑)

3か月後、本格的な空襲が
北九州を襲います。




まんぷく あらすじ,ネタバレ,感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る