まんぷく 16話 三田村会長に福子は頼る、世良も動く

萬平(長谷川博己)が憲兵隊に連行され
厳しい取り調べを受けている状態が
まだ続いています(泣)

鈴(松坂慶子)が寝ていると
咲(内田有紀)が現れました。

咲は「お母さん、福子は自分が小説の
主人公になった気でいるんよ。立花さんが
好きになったって勘違いしてるんやわ。
同情と恋心がごっちゃになってるってこと。
私はお母さんの味方よ」と言います。

咲が夢枕に立ったと鈴が伝えると
福子(安藤サクラ)は「咲姉ちゃんが
そんなこと言う訳ない」と信じません。



三田村会長がホテルに来る

ホテル、福子の話に、恵(橋本マナミ)が
「それはお母様の夢なんでしょ?
お母様の願望が夢になった」と言い
福子は「そうか!咲姉ちゃんが言うた
訳やない」と気づきます。

大前田(曽我廼家寛太郎)が来て、商工会の
会合に三田村会長が来ると言うので
恵は三田村会長に萬平のことを頼めばいいと
ひらめきました。

萬平、気力を取り戻す

牢の中の萬平(長谷川博己)は床に落ちた
ご飯を食べるほど、気力を取り戻します。

村城(平原テツ)が「認めろ、立花!
横流ししたのは自分だと認めろ」と言いに
来ると、萬平はニヤリと笑いました。

村城が取り調べは不要だと言うと
瀬沢(要冷蔵)は事実をはっきりさせる事は
処罰以上に重要だと言い、
原(木内義一)も賛成します。

福子、三田村会長に頼む

ホテルの控室、三田村会長(橋爪功)が来た
ので、福子は会長の髪の毛を直してあげ
新聞にのってる戦争の話題を振ってから
萬平のことを相談しました。

憲兵に捕まっている萬平を助けてと頼むと
会長は憲兵に捕まるのはよほどのことだと
難しい顔になります。

そこへ世良(桐谷健太)があいさつに
来ました。会長が「なんとかしてみよか。
交渉のうまい人間にやってもらおうか」
と言うと、世良が立候補します。

廊下で、福子が「立花さんのことはどうでも
よかったんじゃなかったんですか」と聞くと
世良は「ラーメン一緒に食べた親友やぞ。
立花君を助けたらええんやろ」とコロッと
変わっていたので、福子はびっくり(笑)

世良、萬平のため動き出す

世良は加地谷(片岡愛之助)に近づいて
「なんで立花君を弁護しないんです?」
とたずねます。
加地谷は「もうやめてくれ終わった話や」
と去っていきました。

鈴は香田家を訪ね、克子(松下奈緒)に
咲が夢枕に立った話をします。

鈴が「咲も同じ考えだったのよ。福子は
立花さんを忘れないとダメ」と言うと
克子だけでなく忠彦(要潤)も福子の
味方をしました。
鈴が「私は武士の娘」と言うのを
克子と忠彦がさえぎってましたね。

福子と萬平、同じ月を見上げる

世良は理創工作社を訪ね竹ノ原(宮田佳典)
に萬平をかばう理由を聞きます。
竹ノ原が答える前にシーンが
牢屋へ移りました。

稲村(六平直政)が牢に戻って来て
「おとがめなしやと。わいや。
明日釈放らしいで」と言います。

萬平は稲村の腕をつかみ「そうですか。
よかったですね」と涙ぐみました。
稲村は萬平の肩をつかみ「お前は無実や。
わいは信じてるで。あんたも絶対に
出てこい。絶対に!」と涙目です。

福子が月を見上げていました。
牢屋の萬平も同じ月を見ていましたね。




まんぷく あらすじ,ネタバレ,感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る