まんぷく 13話 六平直政さん 木内義一さん登場

福子(安藤サクラ)が萬平(長谷川博己)に
思いを伝えようとしていると、
3人の憲兵隊が入ってきます。

「立花萬平はお前か?軍事物資横領の容疑で
逮捕する。お前が横流ししてることは
わかってる」と言ってきました。
萬平は抵抗しますが、外へ連れ出され、
黒い車で連行されてしまいます。

加地谷(片岡愛之助)竹ノ原(宮田佳典)が
帰って来て、どういう事かと聞くので
横流しの容疑で、萬平が連れて
行かれたと説明しました。



福子の戸惑い、鈴の勘違い

夕方の今井家、鈴(松坂慶子)が仏壇の
咲(内田有紀)の写真を見ていると
ガシャンと音がします。

福子がお茶碗を割ってしまったのです。
福子がぼんやりしていたと謝ると
鈴は「あなたもまだ咲のことが」と
勘違いします。

福子が「横流しって何?」と聞くと
鈴は精霊流しのことを解説してくれました。
福子は鈴に萬平のことを打ち明けられず
戸惑っていたのです。

木内義一さん、朝ドラの常連さん

萬平は大阪憲兵隊東大阪分遣隊へ連行され
原拳三郎(木内義一)ら憲兵から激しい
取り調べを受けます。

桂木権八という男が、軍の統制品である
ジュラルミンを萬平から買い取ったと
言ったというのです。しかも桂木が自殺
したというから、どうしようもありません。

木内義一さんは「純と愛」「マッサン」
「カーネーション」「あさが来た」
「べっぴんさん」「わろてんか」にも出演
している連続テレビ小説の常連さんですね。

恵、ダブル告白を受ける

恵(橋本マナミ)がホテルに出勤して
きますが「はあ~」とため息まじりです。

ロッカールームで、恵は野呂(藤山扇治郎)
牧善之介(浜野謙太)からダブル告白を
受けたと言います。

福子が「保科さんならありそうなことやと
思います。きれいやし」と褒めると
恵は「私は男の人とお付き合いしたことが
ないの。急にあんな事言われても困るんよ。
私の悩みは深刻やの」と言いました。

福子が「私かてこんな事お母さんに
相談できない」と言うと
恵は「一緒にしないで、今井さんなら
わかってくれると思ったのに」と
行ってしまい
福子は「え~」と驚きます。

ジュラルミンは軍の統制品

福子は加地谷から電話で事情を聞きます。
大阪港の倉庫から軍の統制品のジュラルミン
が見つかり、捕まった闇業者が萬平から
買ったと証言したというのでした。

ジュラルミンは根菜切断機の材料です。
加地谷は、憲兵に捕まったのだから
萬平が金目当てで、横流ししたと決めつける
ような言い方でした。

福子が「立花さんから話を聞いたんですか」
と聞きますが、加地谷は電話を切って
しまいます。

野呂が来て、恵をめぐって牧と恋敵になって
いると話しだしますが、福子はいつの間にか
いなくなってました(笑)

足踏み式の削り機

牧歯科で、牧は田窪平吉(上村厚文)の
治療をしようとしていました。
看護師さんが足踏みして削り機を
動かしてましたね。

田窪が「うちの近所に憲兵が踏み込んだん
ですよ。そこの社員が捕まったそうです」
と萬平のことを言いますが、
牧は聞いていません(泣)

克子と忠彦も、福子を心配する

鈴が香田家に来て、克子(松下奈緒)に
「福子がずっと上の空なの。お茶碗は割るし
靴は左右反対に履くし、やっぱり咲のこと
引きずってるのね」と心配します。

忠彦(要潤)は「福ちゃんは咲姉ちゃんが
大好きだったからな。お母さんと2人きり
っていうのも良くないんじゃないか」
と言いました。

福子、敏子とハナに打ち明ける

福子がホテルのフロントで元気なく仕事して
ると、敏子(松井玲奈)ハナ(呉城久美)が
やってきます。
福子は安心したのか泣いてしまいました。

喫茶店で、福子は萬平が憲兵隊に連れて
行かれたと言います。
敏子とハナから萬平とお付き合いしてるのか
と聞かれ、福子は「将来一緒になりたいって
言われて」と打ち明け
2人は「え!」とびっくり!

福子は「咲姉ちゃんが亡くなって、私は幸せ
になったらあかんと思ってたんだけど、真一
さんが『大事な人が生きてそこにいるんやっ
たら、本当にその人を手放したらあかん』
って。私自分から立花さんに会いに行ったの
そしたら目の前で憲兵に連れて行かれた…」
と泣き出します。

六平直政さん登場

萬平は憲兵から「明日はもっと容赦しねえ」
と牢屋に放り込まれました。
5人の男がすでに入っていました。

稲村大悟(六平直政)という男から
「えらいやられようやな」と声をかけられ
萬平は「僕は無実です」と訴えます。

稲村は「そういう事言うやつが一番悪さ
してるねん」と言い、男たちは笑いました。
萬平を助けてくれる救世主はいないので
しょうか?




まんぷく あらすじ,ネタバレ,感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る