まんぷく 8話 福子と萬平の初デート、咲の入院

萬平(長谷川博己)が「あれは本気です。
僕と付き合って下さい。結婚を前提に」
とプロポーズします。

福子(安藤サクラ)は「はい。
わかりました」と笑顔で答えました。

2人で、つばきがきれいに咲いている
公園へ行きます。初めてのデートです。
ベンチに並んで座りました。



福子の家族のこと

福子は「父は私が小学校を卒業する前に
亡くなったんです。その時もう下の姉は
嫁いでましたから、上の姉と母と3人
暮らしだったんです。

けど、お金が無くて、上の姉がずっと
家計を支えてくれてました。でも今は
母と2人だけやから、私の収入で
暮らしてます」と話します。

萬平が「大変でしょう」と言うと
福子は「フフフ。楽天家やから私。
大変なのは母です。口うるさくて二言目には
私は武士の娘」と笑いました。

萬平は、咲の結婚式の時、鈴は幸せそう
だったと覚えてましたね。

咲(内田有紀)は布団で咳をしていました。

克子(松下奈緒)の旦那の忠彦(要潤)は
画家で、生活費は忠彦の親に助けてもらっ
てるが、子供4人で幸せそうだと福子は
説明します。

福子の家族を改めて紹介してましたね。

萬平の家族のこと、会社のこと

ラーメン屋へ移動して、今度は萬平が
家族について説明します。

萬平の父親は物心がつく前に、母親はその
すぐ後に亡くなり、兄弟がいなかったので
親戚の間を転々としていたのでした。

18才で修理屋で働き始め、カメラでも
時計でも大概の物は直せるようになり、
25才の時に独立して大阪へ来たのです。

直すだけで気が済まなくなり、アメリカの
ミシンや幻灯機を改良し始めたのでした。
売り込みができないので共同経営者と
組んでいると萬平へ話します。

萬平、福子を加地谷に紹介

萬平は福子を工場へ案内してくれました。
根菜切断機について説明し、みんなが
喜んでくれる仕事がしたいと話していると
加地谷(片岡愛之助)が来ます。

萬平が福子を知り合いだと紹介すると
加地谷は「お前にそんな相手がいたのか」
と驚いてから「この前も言うたやろ。
勝手に社外の人間を入れるなて」
と去っていきました。

萬平が「大丈夫。福子さんのこと
スパイだなんて思ってないよ」と言うので
福子は「スパイ!」とびっくり!

本気で結婚を前提にお付き合いしたい

萬平は福子を家の前まで送ってくれます。
萬平は加地谷に、単なる知り合いだと言った
事を謝り、本気で結婚を前提にお付き合い
したいと言いました。

福子が「私はぺっぴんさんでもないし」と
髪をいじりながら話すと
萬平は「そんなことはありません!」
と否定します。
家の中の鈴(松坂慶子)も気づきました。

萬平が「福子さんはかわいい方です。それに
心がやさしくて、礼儀正しくて、頭もいいし
ラーメンもおいしそうに食べるし、
また会って下さい」と頼むと
福子は「こちらこそ」と答えます。
2人は笑顔で別れましたね。

鈴は福子と萬平のつきあいに大反対

福子が家に入ると、鈴が玄関で待っていて
びっくり!

福子が萬平について、友達と会社経営してる
と話すと、鈴は「ダメです。あなたはちゃん
とした大きな会社の勤め人と結婚するの。
会社経営なんて、ばくち打ちみたいな人は
許しません」と大反対します。

小野塚家、咲の咳がひどいので
真一(大谷亮平)が心配していました。

野呂、ショックを受ける

大阪東洋ホテルの休憩室で、
野呂(藤山扇治郎)は恵(橋本マナミ)に
福子に告白した人がいるって?
と聞いてきました。

恵は後ずさりしながら、見ていたと認め
福子が告白を受け入れたと言います。
野呂はショックを受けてましたね。

咲の緊急入院

フロントの福子が「は~。ん~…」と
ため息をついているので
恵はどうした?と声をかけます。

福子が、鈴が萬平との交際を反対してる
と打ち明け、相談に乗って欲しいと言うと
恵は相談に乗って欲しいのはこっちだと
言い返してきました。

ベルが鳴ったので、お客さんの方を見ると
牧善之介(浜野謙太)です。

牧は「お姉さんが救急車で運ばれた。夕べ
緊急入院されたそうです。真田山病院です。
製薬会社の知り合いから聞いたんです」
と教えてくれました。

牧は恵に一目惚れ!?(笑)

福子は大急ぎで真田山病院へ行くと
ベッドで寝ている咲の横に
真一がいました。
真一は、咲が結核だと話します。




まんぷく あらすじ,ネタバレ,感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る