まんぷく 6話 萬平、福子に告白する

今井福子(安藤サクラ)は
立花萬平(長谷川博己)と
3年ぶりに再会します。

咲(内田有紀)が体調を崩したというので
福子はお見舞いに行きました。

咲が「ただの風邪。わざわざ来なくて
ええのに」と言うので、
福子は「今日は仕事が休み」と言います。

咲が「一緒に映画とか観に行ってくれる人
いないの?男の人」と聞くと
福子は萬平のことを一瞬思い浮かべ
「いないって、やめてよ」と答えました。

真一(大谷亮平)が仕事を早めに切り上げて
帰って来て、咲のために、おかゆを作ろうと
言います。やさしいですね。



牧善之介、白馬に乗って現れる

福子が今井家の前まで帰ってくると
白馬に乗った牧善之介(浜野謙太)
が現れました。

牧が「お姉さんはお元気ですか」と聞くので
福子は「夫婦仲良く暮らしております。
もうこの家にはおりません」と答えます。

牧はショックを受け「帰るぞ、蘭丸」と
去っていきました(泣)

福子は鈴(松坂慶子)に、家の前に
牧がいたと報告し、
咲は風邪だったと伝えます。

鈴が忠彦(要潤)からの借金の申し出を
断ったと言うので、福子は克子(松下奈緒)
を訪ねて、封筒を渡しました。

福子が「歯医者さんがうちに来た」と言うと
克子は「牧善之介?」と覚えていて
2人は大笑いします。

福子と萬平、ラーメン屋へ

福子と萬平は町で偶然に出会いました。
萬平が「お茶でもどうですか?」と
誘ってくると、福子のお腹が鳴ります(笑)

2人は川のほとりの屋台で、
ラーメンを食べました。
おいしそうです。

福子が電話交換手をしていたと言うと
萬平は間違えて外国人につながれた事が
3年前にあったと言い
福子は自分だと謝りました。

萬平は「お姉さんの結婚式より前に僕たち
おしゃべりしてたんだ。こういうの縁って
いうんですかね。このつゆは何からだしを
取ってるんだろう」と笑います。

理創工作社の根菜切断機

福子が家に戻ると、鈴がお鍋を作って
待っていたと言いました。

萬平が理創工作社へ戻ると
加地谷(片岡愛之助)は根菜切断機を
軍が試験採用したと話します。

そして萬平が勝手に世良勝夫(桐谷健太)に
工場を見せる許可をしたことに
文句を言ってきました。

世良は敵か味方か?

次の日、世良がやって来たので
萬平は根菜切断機の説明をします。

竹ノ原(宮田佳典)から耳打ちされた
加治谷は「お引き取り下さい。世良さん、
おたくは野上商会の根菜切断機を扱って
いるそうですね。うちの技術盗む気か。
こいつはお前を騙したんや」
と言いました。

世良は「野上商会より立花君が作った
根菜切断機の方がはるかにええ。
ぜひ僕に売らせてくれ」と頼みます。

加治谷は「お引き取り下さい」と
世良を追い出しました。

「今日も一日ご苦労様」という表示の前で
世良は「分かってないな」とつぶやき
加治谷は萬平に「分かってないんや、
お前は人を見る目がない」と叱ります。

萬平、福子に告白する

この年の12月、日本は米英相手の
大きな戦いに突入しました。

萬平はタクシーに乗って、新聞を読んで
ましたが、大阪東洋ホテル前で降ります。

フロントに福子がいないので
萬平が奥へ行くと、福子がいました。

萬平は「福子さん、アメリカと戦争が
始まってしまいましたね。でも…」
と近づいてきて
「僕とつきあって頂きませんか?
お願いします」と告白してきます。

恵(橋本マナミ)野呂(藤山扇治郎)が
びっくりしてましたね。




まんぷく あらすじ,ネタバレ,感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る