まんぷく 5話 桐谷健太さん 橋爪功さん登場

昭和16(1941)年、咲(内田有紀)
と真一(大谷亮平)の結婚から3年が経ち
第二次世界大戦が始まります。
咲は真一と穏やかに暮らしていていました。

克子(松下奈緒)には4人目の子供・学が
生まれ、忠彦(要潤)は相変わらずの
貧乏画家です(汗)

福子(安藤サクラ)は21才になっていて
鈴(松坂慶子)と暮らしています。
福子が「遅くなる」と出かけようとすると
鈴は「聞いてない」と不機嫌になりました。



福子と恵のフロント係

大阪東洋ホテルのフロントで、福子は
保科恵(橋本マナミ)と話していました。
大前田三郎(曽我廼家寛太郎)が来て
「今日6時からの宴会わかっとるね」
と頼むので、福子と恵はわかっております
と答えます。

裏庭で、福子がちりめんじゃこ弁当を
食べていると、野呂(藤山扇治郎)が
トマトスープの缶詰を差し入れして
くれました。

この3年で野呂は何個の缶詰を福子に
プレゼントしてくれたのでしょうね?

橋爪功さん登場

第52回大阪商工会の定例会が開かれます。
萬平(長谷川博己)加地谷(片岡愛之助)も
会場にやってきました。

福子は恵と一緒に、飲み物を配って
ましたが、萬平も福子もお互いに
気づきません。

商工会会長の三田村亮蔵(橋爪功)の
あいさつがあり、それが終わるとすぐ
加地谷は萬平を誘って
三田村にあいさつに行きます。

加地谷は「理創工作社の加地谷と申します」
と名刺を出して「わが社は小型の根菜切断機
を作っておりまして。陸軍のしかるべき方に
ご紹介して頂きたい」と頼みました。

萬平が「どんなに固い根菜、例えばごぼう
でも、ジャガイモでも」と言うと
三田村は「ハハハ!その根菜か」と
笑ってくれます。

桐谷健太さん登場

萬平が詳しく話そうとすると
世良勝夫(桐谷健太)が「三田村会長!
先日食事会に同席させて頂いた世良で
ございます」と入って来て
2ショット写真を見せてきます。

加地谷によると、世良は個人商社を
やっているようです。

外国人がジャケットを福子に預けるのに
萬平は気づきます。
萬平が近づいていくと、別のお客さんに
ぶつかって、飲み物が萬平のズボンに
かかってしまいました。

福子は萬平を休憩室へ連れて行きます。

福子と萬平の再会

福子は萬平にズボンを脱いでもらって
アイロンをかけ始めました。
萬平はバスタオルで、足を隠します。

萬平は結婚式で幻灯機を貸してあげた事を
覚えてましたが、福子はまったく覚えて
いません(汗)
萬平に言われ、やっと思い出します。

萬平がバスタオルを落とし
福子は「キャー!ご立派になられましたね。
あの頃と雰囲気が全然違うから」
と感心しました。

萬平が根菜切断機を扱っていると言うと
福子は「発明家なんですね。立花さんは。
早くしないと」と急いでアイロンします。

安藤サクラさんは、ママさんヒロイン

福子と萬平は会場へ戻りました。
萬平が「福子さん、ご結婚は?」と聞くと
福子は「まだです」と答え
萬平は笑顔になります。

福子の結婚はまだでも、
安藤サクラさんは、ママさんヒロイン
なんですよね。

世良が萬平のところへ来て自己紹介して
萬平のことを前から知っていたと言います。
世良も2年前まで技術屋で幻灯機を作って
いたのですが、萬平の幻灯機を見て
到底かなわないと思いやめたのです。

知り合いの高平社長が通りかかると
世良はすぐそっちへ行ってしまいます。
世良はちょっと癖のある感じでした。

咲が体調を崩す

福子が今井家へ帰って、萬平のことを
話しますが、鈴も覚えてません(汗)

幻灯機の写真で鈴は涙してましたが
映してた人まで覚えていないのです。

鈴は「咲が体調を崩したらしい」
と話しました。
咲はせきこんでました。心配です。

帰りの車の中で、加地谷はもっと人脈を
広げないとと言ってましたが、
萬平は福子のことを思い出して
ニヤついてましたね。




まんぷく あらすじ,ネタバレ,感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る