まんぷく 4話 咲と真一の結婚、浜野謙太さんは回想で登場

今井福子(安藤サクラ)は大阪東洋ホテルで
働き始めて1ヵ月で、電話交換手から
フロント係に異動になりました。

福子が笑顔で接客してると
保科恵(橋本マナミ)から「そんなに
笑わなくていい」と言われてしまいます。

鈴(松坂慶子)が、咲(内田有紀)と
真一(大谷亮平)の結婚を許してくれ
今井家は穏やかな雰囲気です。

咲は「今日、お店に真一さんが見えたの」
と話します。真一が咲が働いている宝飾店に
来て、咲の結婚指輪を買ってくれたのです。

そして、咲が克子(松下奈緒)から聞いた
話によると、忠彦(要潤)が咲のために
絵を描いてくれているのでした。

浜野謙太さんが、中盤の回想シーンで
登場してましたね。



福子と萬平の出会い

福子は敏子(松井玲奈)ハナ(呉城久美)と
一緒に屋台のラーメンを食べていました。

福子が、咲にお祝いで何かしたいと言うと、
敏子は父親が面白い機械を中之島の見本市で
見たと教えてくれます。

福子が訪ねて行ったのは、たちばな工房で
立花萬平(長谷川博己)と出会いましたね!
萬平は幻灯機を見せてくれて
福子は結婚式で使わせてとお願いします。

加地谷圭介(片岡愛之助)は後から
話を聞いて「タダで貸したらあかんよ。
借用料を払わせるんや」と厳しいです。

浜野謙太さんは回想で登場

明日はいよいよ咲の結婚式。
白馬に乗った人が咲にプロポーズに来たと
いう話になって、回想シーンで
牧善之介(浜野謙太)が登場しました。

咲がお世話になっていた歯医者さんで
白馬に乗って来て「咲さんとおつきあい
させて下さい」と頼みにきたのです。

しかし鈴は背が低すぎるからと
断ったのでした(汗)

咲、鈴にあいさつする

福子の隣に寝ていた咲は起きだして
1階へ降りて、鈴に話しかけます。

咲が「お母さん、今まで育てて下さって
ありがとうございます」と頭を下げると
鈴は「咲、幸せになるのよ」と
咲の手を取りました。

咲は「はい、お母さん」と涙を流し
福子を抱きしめます。

咲と真一の結婚式の披露宴

咲と真一の結婚式の披露宴が始まります。
克子から寂しくなるねと言われ
鈴は「寂しくなんてありません。
私は武士の娘」といつもの台詞です。

忠彦は金屏風の横に飾られた自分の絵を
見ます。咲は忠彦に会釈しました。

福子が「みなさま、新婦・咲の妹の福子で
ございます。この日のために特別な出し物を
用意しました」とあいさつします。

しかし竹ノ原(宮田佳典)が幻灯機の準備に
まごついてしまっていて、萬平は福子に
「まだ」と言ってきました。

福子のあいさつ

福子は「その前に一言ごあいあさつを」
と切り替えます。

「姉の咲は昔から男の人に大変もてて
おりました。母はそれが心配で、姉が男の人
と会う時は、いつも私についていけと
言いました。監視役です」

会場は大受けでしたが、
鈴は気が気でありません(笑)

「姉が真一さんと外で会うた時も、
私がついておりました。

でも私はその時、思いました。この人は
今までの人とは違う。咲姉ちゃんにぴったり
やて。この2人が結ばれればいいのにって。

だから真一さんが家に来て『咲さんと結婚
させて下さい』って言って下さった時には
本当にうれしかった。

お父さん代わりになって、自分の事を後回し
にして、家族を支えてくれた咲姉ちゃんに
やっと幸せが来たと思いました。

真一さん、咲姉ちゃんを幸せにして下さい。
咲姉ちゃんも真一さんを支えてあげてね。
それが私の心からのお願いです」

鈴は涙を流し、忠彦は「いいあいさつや」
とつぶやきます。

咲と真一の写真

萬平が準備できたとアイコンタクトしたので
福子は「それではあちらをご覧ください」
と言いました。

カーテンが閉められ、ライトが消されると
幻灯機から映し出される写真が
スクリーンに映ります。

咲の幼い時の写真が映ると
次に真一の幼い時の写真が映りました。

だんだんと2人の成長していく写真が
映っていって、最後は咲と真一の
2ショット写真が映ります。

披露宴が終わり、帰っていく萬平に
福子は「ありがとうございました。
今日のお礼です」と封筒を出しました。

萬平は「結構です。自分が作った幻灯機が
役立ってくれて、皆さんがあんなに感激
して下さって、僕は胸がいっぱいです。
お礼を言いたいのは僕の方です。
では失礼します」と帰っていきます。

福子は「ありがとうございました」と
萬平を見送りました。
萬平は笑顔で帰っていきましたね。




まんぷく あらすじ,ネタバレ,感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る