半分青い 155話 秋風羽織からの手紙

鈴愛(永野芽郁)は仙台の浅葱家を訪ね
白い箱に納められた裕子(清野菜名)と
再会します。本当に悲しいですね。

洋二(山中崇)が「そよ風の扇風機は
進んでますか?裕子があの扇風機、病院の
患者さんや赤ちゃんにやさしいって言って
出来がったら病院に入れたいって言って
ました」と話します。

そして「鈴愛さんの話よくしてました。
その時の裕子のうれしそうな顔って言ったら
こっちがやきもち焼いてしまうほどでした」
と涙ぐみました。
鈴愛は穏やかに笑う裕子の写真を見ます。



正人、スパロウリズムへ

律(佐藤健)がスパロウリズムで1人
パソコンに向かっていると、背広姿の
正人(中村倫也)が来ました。

ミカデザインのミカさんのところに
本の装丁を取りに寄ったというのです。
正人、ちょっと久しぶりな感じです。

正人は出版の仕事について「きついね。
しばらく動かないよ。亀の歩み」と
話してると、速達が届きました。

秋風羽織(美濃権太)からだったので
律は封筒を開けて、読み始めます。

秋風羽織からの手紙

「スズメ、律君、元気だろうか。
短い手紙を書きます。

人生は希望と絶望の繰り返しです。
私なんかそんなひどい人生でも、
大した人生でもないのに、そう思います。

でも人には想像力があります。夢見る力が
あります。生きる力があります。
明日を、これからを、どんなにひどい
今日からだって、夢見ることはできます。

希望を持つのはその人の自由です。
もうだめだと思うか、いや先はきっと
明るいと思うかは、その人次第です。

律君とスズメには、その強さがあると
信じています。  秋風羽織」

裕子は最後まで患者さんに寄り添った

洋二が「あの日の話を少ししていいですか?
3月11日です」と聞くので、
鈴愛は「はい」と答えます。

「裕子はいつものように病院に出かけて
いきました。あの日、地震が来て、そして
津波が来ました。患者さんを上に上に
上げたそうです。

でも全員を動かせる訳じゃない。
裕子は最後まで動けない患者さんに
寄り添ったんだそうです」

律の生まれた意味は、鈴愛を守るため

正人が、鈴愛を1人で行かせて良かったのか
と聞くと、律は「裕子ちゃんと鈴愛の関係は
2人だけのものだから。鈴愛は1人で裕子
ちゃんに向き合った方がいいと思った。

そうじゃないと本当の意味でそれを受け入れ
たり、乗り越えたりできないんじゃないかと
鈴愛は裕子ちゃんにとって、ただの親友じゃ
ない。特別な存在だったと思うんだ。
だから俺はここにいる」と答えます。

正人が「律は今までも遠くにいたり
近くにいたりしながら、鈴愛ちゃんを
守ったんだな」と言うと
律は「俺の生まれた意味はそれなんで。
あいつを守るためなんで」と言いました。

正人が「それ本人に言わないの?」と
乗り出してきますが
律は「言わないね。言うなよ」と
釘を刺すので
正人は「了解いたした」と答えます。

携帯に残った裕子の声

看護師姿の笑顔の裕子の写真を
鈴愛が見ていると、洋二が裕子の携帯を
持ってきました。

近くに打ちあがっていた携帯の
メモリに、裕子の声が残っていたのです。
再生すると裕子の声が流れてきます。

「えっと。裕子です。あんまり暗くなりたく
ないな。言いたいこと言います。
クウちゃん、ママがいなくなってもしっかり
生きるんだよ。絶対君は大丈夫だからね。

洋二さん、ごめんなさい。私、患者さんを
置いていくことできません。クウちゃん、
よろしく。今までありがとう。

ボクテ。ちゃんと漫画描きなよ。私たちの
中で唯一の生き残り。売れっ子、頑張れ!

鈴愛、生きろ!最後に暑苦しいこと言って
申し訳ないが、私の分まで生きてくれ。
そして何かを成し遂げてくれ、
それが私の夢だ。生きろ、鈴愛!
呼ばれてる。じゃあね」

私は生きて裕子の夢を叶える

鈴愛は、海の歩道を1人で歩きながら
「あなたの事思うと、すごく胸があつくなる」
とシーナ&ロケッツのユーメイドリームを
歌っていました。

座って、ジュースの缶を2つ並べ
「ユーコ、歌ってよ」とつぶやいて
ポケットからキャラメルを出して
口に放り込みます。

裕子、ボクテ(志尊淳)鈴愛と3人で
歌って、騒いだことを思い起こしました。

やがて鈴愛はスパロウリズムに戻って来て
律に「そよ風ファン作ろう。鈴愛、生きろ
私の分まで生きてくれ。そして何かを成し
遂げてくれ。私は生きて裕子の夢を叶える」
と決意を固めます。




半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る