半分青い 143話 嶋田久作さんはモアイ像似!?

鈴愛(永野芽郁)花野(山崎莉里那)が
つくし食堂に帰ってくると
宇太郎(滝藤賢一)草太(上村海成)が
迎えてくれます。

部屋にいた晴(松雪泰子)は
花野たちの声を聞いて
鏡の前へ行って、髪を整えました。

鈴愛の足音が聞こえたので
晴は布団に入って寝ます。
やがて鈴愛が来たので
晴が上体を起こすと
鈴愛が「寝とって」と気遣ってくれました。

晴が、そよ風扇風機について聞くと
鈴愛は「そういうのは、あかん。
子供が勉強やろうとする時に
『宿題やりなさい』というのと一緒や」
と注意します(汗)



母ちゃん、幸せ病や

晴は「今生きてるだけで幸せな気分や。
幸せで幸せでしょうがないんや。
ウーちゃんのいびきも、幸せの印の
気持ちになる。どんな時もきらきらして
思える。母ちゃん、幸せ病や」と話ました。

そしてゾートロープを手に取り
「あんた9才の時、片耳聞こえんように
なった時、これ作ってくれて。雨の日に
言いよらした」と幼い鈴愛(矢崎由紗)を
思い出します。

「半分だけ雨降っとる。半分、青い」と
言ったのでした。
やがて花野がカニの千羽鶴を持ってきて
くれます。

佐藤健さんと有田哲平さん

ラーメンカフェで、律(佐藤健)が顔の上に
ノートを乗せ、机を枕に考え込んでいるので
津曲は「大丈夫?」と声をかけました。

津曲(有田哲平)が近づいてくると
律は4日間も風呂に入ってないので
くさいと頭をぐしゃぐしゃに 
かきむしります(笑)

律は、風に渦を作らせないためには
羽根が邪魔だと言い出しました。
津曲が、イギリスが羽根のない扇風機を
出したと、ダイソン扇風機を挙げると
律は「あれはパワフルな風を出そうとして
いる。方向性が真逆」と言います。

律がコーヒーをこぼしてしまったので
津曲は休憩したほうがいいと勧めました。

津曲は息子の修二郎が作ったスマホアプリの
ゲームを見せて自慢してから、いつもマスク
をしてるのを気にします。

律が息子の翼の写真を見せると
津曲は「律君やさしそうだから、時間が
かかりそうだね。元奥さん忘れてないでしょ
男は女々しいよね」と言い、そよ風扇風機を
応援すると笑いました。

嶋田久作さんはモアイ像似!?

鈴愛が仏壇にお祈りして、居間へ行くと
里子(咲坂実杏)大地(田中レイ)も
いました。

草太に頼まれ、鈴愛は晴に薬を持って
行きます。

晴が段ボールを押入れに入れてと頼むと
鈴愛が押入れにモアイ像を発見!
健人の新婚旅行のお土産でした(笑)

鈴愛は田辺(嶋田久作)の顔をを思い出し
「風がやわらかくなるんだ。壁に当てると」
の言葉が浮かび「これや!」と閃きます。




半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る