西郷どん 33話 寺田屋騒動と龍馬とお龍の新婚旅行

薩長同盟が成ったわずか2日後、
寺田屋で、お龍(氷川あさみ)が
お風呂に入っていると、外に多くの役人が
やってきたのに気づきます。

お龍は襦袢だけを羽織って
2階に駆け上がり、寝ていた
坂本龍馬(小栗旬)に知らせました。

寝ぼけ眼の龍馬は
危険を察知し銃を取り出します。

役人たちがなだれ込んでくると
龍馬は銃を撃って、三吉慎蔵(佐藤政之)ら
とともに役人に応戦しました。

お龍が薩摩藩邸に助けを求めに来ます。
中村半次郎(大野拓朗)川路(泉澤祐希)が
西郷吉之助(鈴木亮平)に知らせました。
「西郷どん 33回 糸の誓い」です。



吉之助、龍馬とお龍とともに薩摩に帰国

坂本龍馬は寺田屋を脱出しますが
両手に傷を負ってしまいました。
龍馬がお龍に、あーんとごはんを食べさせて
もらっていたので、大久保一蔵(瑛太)と
吉之助はしばらく声をかけられません(笑)

吉之助が薩摩に帰ることになったので
龍馬も薩摩で匿うことが決まりました。

西郷家では吉之助が帰国すると知らせを受け
糸(黒木華)たちが待っていましたが
吉之助がお龍と一緒に笑いながら
「今じゃった」と帰って来たものだから
大変です。

琴(桜庭ななみ)は、このお方は?と驚き
吉二郎(渡部豪太)は怒って、吉之助に
掴みかかってきました。

龍馬が少し遅れて来て
「またお世話になります」と言い
吉之助が、龍馬の奥方さんだと話し
誤解が解けます。

糸の心配事

龍馬が寺田屋事件について、吉二郎、
園(柏木由紀)川口雪篷(石橋蓮司)らに
説明します。100人に捕り方と戦ったと
龍馬が銃を出したので、
熊吉(塚地武雅)は、びっくり!

糸は家を出て、ため息をつくと
満寿(美村里江)もやってきました。
糸は、どんな時も旦那様のそばにいて
助けることができるお龍さんが
うらやましいと話します。

満寿は子供ができないことを気にしてるの?
と心配すると、お龍も出て来て
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たると
言ってきました(汗)

家に戻ったお龍は、糸が心配しているのは
吉之助の女子が京にいると思っていると
言い出します。

吉之助が「おいには断じておらん」と満寿
の方を見てしまい、満寿は大久保に女子が
いると気づいてしまったようです(汗)

薩摩藩、長州征伐を拒否

夜、龍馬が薩摩に呼んだ訳を聞くので
吉之助は、イギリスの公使パークスを
薩摩に招くことになったので、パークスを
もてなすための知恵を貸して欲しいと
お願いします。

一方、大久保は大坂城に呼び寄せられ
長州征伐のため出兵するよう命じられ
ました。

大久保は「大義なき命を受けるゆわれは
まったくございません」と断り
老中・板倉勝静(堀内正美)は驚愕します。

一橋慶喜(松田翔太)が「長州征伐は必ず
する。あとは薩摩だ」と怒る横で、
将軍・徳川家茂(勧修寺保都)は寝て
いました。病に倒れたのです。

龍馬とお龍の新婚旅行

龍馬と男装のお龍が帰ってきました。
新婚旅行へ行ってきたのです。
日本初の新婚旅行とも言われてるんですね。

日当山温泉や塩浸温泉や霧島温泉をめぐり
高千穂へ登ったと話します。高千穂は
女人禁制なのでお龍は男装していたというので
糸は驚きます。

龍馬が吉之助に、パークスはシェリーが
好きだと話していると小松帯刀(町田啓太)
が来ました。幕府軍が長州征伐に
動き出したのです。龍馬は下関に寄って、
様子を探ることにします。

夜明け前、龍馬が一人で出かけようと
するのに、糸は気づきました。
龍馬は、長州は戦場なので、お龍を連れて
いけないので、よろしくと頼んで
去っていきます。

やがて、お龍が出て来て、龍馬はどこに?
と聞くので、糸は「坂本殿の気持ちを
わかって」と言いました。

しかし、お龍はどうしても龍馬についていく
と聞かないので、糸は着物をお龍にかけて
今なら間に合うと送り出します。



第二次長州征討、はじまる

慶応2(1866)年6月7日、幕府軍十万
が芸州口、小瀬川口、石州口、小倉口の四方
から長州に攻めてきます。
第二次長州征討です。

数日後、薩摩にも砲撃が聞こえ、熊吉は
大慌てしますが、雪篷は祝砲だと笑います。
ハリー・パークス(セイン・カミュ)を
島津久光(青木崇高)が迎えたのです。
セイン・カミュさん、久しぶりですね。

島津久光、島津茂久(長田成哉)の横に
通訳・松木安右衛門(横田大明)が
ついていました。
一方、パークスは婦人と一緒で
アーネスト・サトウが通訳を勤めます。

久光が、ナマコを熱心にすすめると
パークスは渋々口にしますが
シャンパンで流し込みました(笑)

小松と桂久武(井戸田潤)は万事順調だと
廊下を歩いて笑ってましたが
松木が急変を知らせに来ます。
パークスが激怒し、薩摩を発ったと
いうのです。

琴が「兄さあがエゲレスの
船に捕まった」と西郷家へ知らせに来ます。

西郷吉之助とパークス

吉之助は通訳の松木とともに
軍艦プリンセス・ロイヤル号に乗り込み
パークスと話し合おうとしました。

パークスは藩主としか話さぬと拒否し
イギリス兵たちは銃を向けてきます。
吉之助は自分たちの藩主とは
女王陛下のようなものと言うと
パークスはわかってくれました。

パークスはテーブルにつくと
「なぜ宴会ばかりして話し合いを
しない。君らは何を求めている」
と聞いてきます。
吉之助は「薩摩は交渉をのぞんでいて
腹の内を探ろうとしている」と答えました。

パークスが「なぜ国の王は天子様と将軍と
2人いる」と聞きます。

吉之助は「幕府は天子様の元で政をして
いたが、今は腐りきっている。これからは
薩摩が天子様に天下をまとめてもらう。
民をないがしろにする幕府は立ち行かぬ。
薩摩が、いや西郷が正します」
と答えました。

パークスが「やっと議論のできる人物と
出会った。私は西郷を信じる。もう1つ
話がある。大変重要な事がある。
ノーナマコ」と言うと、吉之助は大笑いし
パークスとシェイクハンドです。

吉之助と糸、愛加那

吉之助が「今じゃった」と帰ってきたので
西郷家のみんなは安心します。
ナマコを大量にもらってきたので
糸はそれを受け取って、台所へ行きました。
でも、その顔は暗いままです。

2人きりになったので吉之助は何を
怒ってるのかと聞きました。
糸は、怒ってるのではなく、心配しすぎると
こういう顔になると暗い顔です。

吉之助がパークスには腹を割ってわかって
もらえたと言うと、糸は私も腹を割って
話してと、愛加那はどんな女子だったかと
ズバリ聞きます。

吉之助は「糸どん、おいは一度死んだ。
そいをわかってくれや。愛加那はおいを
再び生かしてくれた。愛加那がおらん
かったら、おいの心は死んだままじゃった。
愛加那はそげな女子じゃ」と語りました。

糸は、そんな人に嫉妬していたとは
恥ずかしいと言い、子供の頃から好きだった
ので、精一杯気張りますと手をつきます。

吉之助が「あいがとな」と笑うと
糸は、お龍とも誓ったが、難儀な男に
一生ほれ通すと話しました。

吉之助が「こっちに来んか」と誘うと
糸は近づいてきて、吉之助に寄り添い
吉之助は行灯の火を消します。

秋になって、吉之助は再び上京すること
になりました。糸は「実は子を授かり
ました」と打ち明け
雪篷は「女子は男次第。めでたい」
と喜びます。

吉之助が目に涙を浮かべ笑顔になると
糸は「こん子とともに待っちょります。
じゃっで旦那さあ、チェスト、気張れ」
と送り出しました。




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る