西郷どん 32話 薩長同盟 長州ファイブと薩摩留学生の写真

西郷吉之助(鈴木亮平)と
桂小五郎(玉山鉄二)が
坂本龍馬(小栗旬)の仲立ちによって
薩長同盟を結ぶことになりました。

ラストの会談のシーンは
緊迫した空気でしたね。
「西郷どん 32回 薩長同盟」です。

一橋慶喜(松田翔太)はフランス・公司
ロッシュを呼んで、軍艦を兵庫に乗り入れて
欲しいと頼みます。ふき(高梨臨)は踊りを
ロッシュたちに披露していました。

イギリス・オランダ・フランスの連合艦隊が
兵庫の海に現れ、京の人たちは大混乱。
鍵屋直助(西沢仁太)お虎(近藤春菜)は
大パニックに陥ります。



長州再征伐の詔

大久保一蔵(瑛太)が吉之助と
村田新八(堀井新太)のところへ来て
「公方様が再び天子様のもとに参られる
そうじゃ」と伝えました。
再び長州征伐の詔を出そうという
狙いがあるのです。

吉之助は、下関に行かなかったことを
激しく後悔します。

一橋慶喜は孝明天皇(中村児太郎)に
長州再征伐の詔を賜るようお願いしました。

岩倉具視(笑福亭鶴瓶)は「長州再征伐の詔
が下されてしもうたではないか」と怒ります
大久保が金子を出すと、吉之助はそれを奪い
何か手は無いかと聞きました。

岩倉が一橋と手を組めと適当なことを言うと
大久保が突然苦しみだします。
岩倉は、持病の胃痛だ。妾のところへ
連れていけと言いました。

おゆうと大久保

大久保の居室へ、吉之助が大久保と行くと
おゆう(内田有紀)がいました。
大久保は「こげな仲になった」と言います。
ちゃっかりしてますね(笑)

薬を飲んで、落ち着いた大久保は
一枚の書状を出してきます。
それは天子様がお許しになったことでも
天下万民が納得できないものであれば
従わなくてもよいという内容でした。

おゆうが止めようとしますが
吉之助は「一蔵どん、恐ろしか男じゃ」
と大久保の横に名を連ねました。

薩摩藩邸、大久保と吉之助の書状を見て
中村半次郎(大野拓朗)
川路利良(泉澤祐希)は2度目の長州征伐に
大義はないと大騒ぎします。

大久保と西郷の書状の波紋

岩倉は何と罰当たりなと怒ったと思ったら
やりおったかと大笑いです!

一橋慶喜は書状を見て怒り
赤いワインをこぼしました。

桂小五郎は伊藤博文(浜野謙太)に
だまされんぞ!薩賊のことは
2度と信じないと言います。

海江田武次(高橋光臣)は怒ってましたが
大山格之助(北村有起哉)は様子見の構え
のようで、海江田の怒りを受け流しました。

坂本龍馬と亀山社中

西郷吉之助は長崎の亀山社中を訪ね
坂本龍馬と中岡慎太郎(山口翔悟)に
まず謝りました。

そして商いの話をしたいと切り出します。
薩摩の名で武器や軍艦を買って、長州に
引き渡し、その代わりに、薩摩は長州から
米を買うというのです。

坂本龍馬は手を差し出し、吉之助と
シェイクハンドして交渉成立しました。

桂小五郎の意地

龍馬と中岡は長州を訪ねて
新式のミニエー銃の威力を披露します。
長州藩士たちはその破壊力に驚いてましたが
桂はクールな表情を緩めません。

交渉の場で、龍馬はつまらない意地を張るな
と言いますが、桂は屈辱は死んでも忘れん
と立ち上がります。

龍馬は日本が滅んでしまうと止めますが
桂は侍の意地があると去ってしまいました。

伊藤も去ろうとすると、龍馬はグラバーから
預かった写真を見せます。伊藤がイギリスへ
留学した時の写真でした。

桂は長州藩士たちの会話を聞いていました。
ミニエー銃の威力に、死ななくて済むと笑顔
だったのですが、薩摩の銃だと知って
旧式銃で戦い、討ち死にしようと泣き顔に
なっていったのです。
桂の表情が曇りましたね。



桂と伊藤、鍵屋へ

慶応2(1866)年1月、桂と伊藤が
龍馬とともに鍵屋へやって来ました。

長州側の要求を書いた条文を見て
新八は激怒します。
薩摩は決して長州を裏切らず、長州の朝敵と
いう汚名をそそぐべく尽力するよう求めて
いて、薩摩がへり下る内容だったのです。

吉之助は明日まで返事を待って欲しいと頼み
薩摩藩邸で小松帯刀(町田啓太)
桂久武(井戸田潤)と相談します。

久武は、島津久光と相談できぬまま自分たち
だけで決めることにショックを受けました。
小松は、長州側から頭を下げるまで
こちらから交渉には乗らないと言い
吉之助は了解します。

海江田たちの乱入

鍵屋の吉之助のもとへ、伊藤が1人で
訪ねてきました。そしてイギリス留学
した長州ファイブの写真を見せます。
薩摩藩の留学生も一緒に写っていました。

吉之助は明日の話し合いの場に
この写真を持ってきてと頼みます。

御花畑と呼ばれる小松帯刀の屋敷で
薩摩と長州の話し合いが始まりました。
しかし両者とも睨みあったまま無言で
龍馬は舌打ちします。

そこへ激怒した海江田たちがなだれ込んで
来ました。吉之助たちが密かに長州藩と
話し合っていたことを察知したのです。

薩長同盟の陰に、長州ファイブと薩摩留学生の写真

桂が話し合いはムリだと去ろうとすると
吉之助は伊藤に写真を出すよう頼みます。

写真に、伊藤ら長州藩士と薩摩藩士が
一緒に写っているのを見て、
海江田や大山、桂も驚きました。

吉之助は、イギリスで長州と薩摩が手を
組んでいると言い、伊藤は異国で
日本の行く末について話したと語ります。

そして長州の村川という留学生が金に
困った時に、薩摩の中山という留学生が
お金を貸してくれたが、病で亡くなった
と言いました。

吉之助が桂の前に来て、頭を下げると
大久保、久武、小松までもが
頭を下げます。

桂は負けを認め、龍馬は涙を流し
シェイクハンドを促しました。
吉之助と桂が握手すると
龍馬と大久保もシェイクハンドしました。

慶応2年1月21日、薩長同盟が
締結します。薩長同盟の陰に
薩摩藩と長州藩の写真のエピーソードを
絡めた演出、新しかったですね。




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る