半分青い 121話 石橋清河さんの教育ママ役

鈴愛(永野芽郁)は花野(山崎莉里那)から
仙吉(中村雅俊)がつけた新しい店の名前を
聞き出そうとします。

アイデアを思い出した鈴愛が電話すると、
より子(石橋清河)が出てしまい
「萩尾律の妻ですが、主人に何のご用
でしょうか?」と聞きます。

鈴愛は「ココンタがしゃべる技を
考え付いたのですが」と言うと
より子は「おっしゃってる意味が
よくわかりませんが」と怖いです。
鈴愛は「いいです。間違えました」と
電話を切り「奥さん、怖!」と恐怖します。

より子から「ココンタがしゃべる方法
見つけたらしいわよ。何かの暗号かしら」
とチクリと言うと
律(佐藤健)は「うん」と答えるのが
精一杯な感じでした(汗)

和子(原田知世)は「律、ちゃんとフォロー
したほうが」とアドバイスします。



石橋清河さんの教育ママ役

楡野家、鈴愛は花野から新しい店の名前を
聞き出す方法を説明しはじめました。

携帯をココンタに取りつけ、ハンズフリー
にして、離れたところから鈴愛が話し
花野にはココンタがしゃべっているように
見せかけるのです。

ココンタに赤いチャンチャンコをつけて
その下に携帯を隠すことにしました。

萩尾家、より子は翼(山城琉飛)のテスト
結果が悪いので、叱っていました。
律が来ると、より子は「この子、遅れてるの
石田さんちの正彦さんに負けちゃったんだ
よね、塾で。いつも一番だったのに」と
言います。

さらに、より子は「あなたもこんなとこに
長くいていいのかしら?菱松電機の婦人会で
噂になってた。ロボットプロジェクトの
リーダー、部下の猪田さんに乗っ取られる
んじゃない?」と責めてきました。

律が「猪田はよくやっている」と言うと
より子は「人がいいわよね。外の空気
吸ってくる。人の家は息が詰まるわ」と
出ていきます。石橋清河さんの教育ママ役
なかなか良いですよね!

翼は「お母さん、ときどきああなるから。
やさしい時もあるから、百点取った時とか」
と言うので、律は「翼」と頭をなでます。

新しい店の名は、センキチカフェ

ココンタに通話中の携帯を忍ばせて
鈴愛、晴(松雪泰子)宇太郎(滝藤賢一)
草太(上村海成)健人(小関裕太)は
居間から食堂に移動して見守りました。

花野は「お腹すいた」と降りてきて
テーブルにおまんじゅうとオレンジ
ジュースを見つけます。
おまんじゅうを食べて、ニッコリ!

花野が「コンタも食べる?」と聞くと
鈴愛は鼻を押さえ「ココンタ、いらない」
と答え、花野は「しゃべった?」とびっくり

鈴愛が「おおジイジが言ってた新しい五平餅
屋さんの名前って何だっけ?」と聞くと
花野は「センキチカフェ」と答えます。

鈴愛が「普通」とつぶやくと
写真の仙吉は「普通で悪かったな」と
ひねくれました(笑)

センキチカフェ、オープン

センキチカフェがいよいよオープンします。
ブッチャー(矢本悠馬)菜生(奈緒)
西園寺満(六角精児)たちもやって来ました
お揃いのユニフォームは、おしゃれ木田原で
作ったものだそうです。

律や、まさこ(ふせえり)もお祝いに
かけつけてくれました。

鈴愛が五平餅を焼き始めると
写真の仙吉が「早い!」とツッコミ
写真の廉子(風吹ジュン)が「仙吉さん
うるさいよ」と仲良し夫婦です(笑)

里子(咲坂実杏)大地(田中レイ)
五郎(高木渉)たちもいて
西村(酒向芳)も来てくれました。

西園寺富子(広岡由里子)と一緒に、
ブッチャーの姉・麗子(山田真歩)が来ると
健人は一目惚れしてしまいます!

朝露高校のクラゲ先生

律は貴美香(余貴美子)と話していました。
和子について、貴美香は在宅で良いと言って
ると、鈴愛が来て和子の調子を聞きます。

貴美香は「あの人は強い。この人は
弱いけどな」と律を見ました。
ブッチャーが「朝露高校のクラゲ先生が」
と呼びに来たので、律だけ行きます。
鈴愛はクラゲの話はつまらんと行きません。

鈴愛が「律が弱いって?」と聞きます。
貴美香は「あんたにだけ言う。和子さんは
落ち着いとる。あの人はすごい。
律君は薬もらいに来る。眠れんらしい。
助けたって。あんたしかおらん。
大阪の家の方もあんまりな。

ほやけど和子さんも何かあるとええな。
何かやることがある方がええと思うんや。
仕事っていうか役割っていうか」と
言いました。
鈴愛は何かを思いついたようです。

クラゲ先生(春海四方)から「クラゲ先生
って、私の本名知っとるのかね」と聞かれ
律とブッチャーは苦笑い。
菜生が「勅使河原です、先生」と言うと
クラゲ先生は「あんた誰やったの?」
と菜生のことを覚えてません(泣)

鈴愛は律を呼んで「和子おばさんに
お仕事お願いしたい」と言い出します。




半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る