西郷どん 31話 西郷吉之助 坂本龍馬を西郷家へ

西郷吉之助(鈴木亮平)は薩摩と長州が
手を組みたいと言いますが
桂小五郎(玉山鉄二)だけでなく
大久保一蔵(瑛太)も拒否します。

中村半次郎(大野拓朗)川路利良(泉澤祐希)
が勝海舟がやってきたと知らせに来ました。
吉之助が小松帯刀(町田啓太)の元へ行くと
勝ではなく、坂本龍馬(小栗旬)でした。

海軍操練所はつぶされ、脱藩した龍馬は
土佐藩に戻れないので、吉之助に助けを
求めてきたのです。
「西郷どん 31回 龍馬との約束」です。



西郷吉之助 坂本龍馬を西郷家へ

西郷家の糸(黒木華)吉二郎(渡部豪太)
園(柏木由紀)川口雪篷(石橋蓮司)は
吉之助の帰りを待っていました。

心配する糸に、雪篷は吉之助が乗っている
胡蝶丸は日本一の蒸気船なので沈むことは
ないと安心させます。

やがて吉之助が龍馬を連れて帰宅しました。
吉之助の家が雨漏りしてるので、龍馬は
薩摩の英雄がどういう暮らしをしてるのか
と不思議がります。

琴(桜庭ななみ)熊吉(塚地武雅)は
吉之助は自分のことより民のことを
優先すると説明すると、龍馬は
「気に入った!しばらくお世話になります」
と頼んできました。

雨漏りを直しながら、吉之助は龍馬に
「日本の雨漏りを直したい。
異国という雨に晒されている。
民まで苦しめられている」と言います。

龍馬は、日本を飛び出して、世界で
商売をやりたいと笑いました。

吉之助、龍馬を久光に会わせる

京、二条城、一橋慶喜(松田翔太)は
将軍・徳川家茂(勧修寺保都)が上洛する
こととなり、二度目の長州征伐を行うと
各藩の藩士たちに伝えます。

吉之助は島津久光(青木崇高)
島津茂久(長田成哉)に
「幕府の命には従わぬが
得策かと存じます」と言上しました。

久光は「西郷!」と近づいてきて
「案ずるな。薩摩は兵を出さん。
幕府を見限ることにした」と言います。
大久保が久光を説得してくれたのです。

久光は、斉彬を超えることはできないと言い
動かざること桜島のごとしじゃと言います。

吉之助は久光に、龍馬を紹介し
海軍操練所にいたので、薩摩の海軍を
立て直すことができるとアピールしました。

そして龍馬は、自分は商人なので、船を一隻
貸してくれたら、長崎で異国から船や武器を
買ってくると言い「薩摩でわしを買うて
もらえんやろか」と久光に聞きます。

薩摩の宝はサツマイモと宝島と西郷吉之助

大久保の執務室、吉之助は大久保に
久光を説得してくれたお礼を言いました。

吉之助が長州と手を組むしか道はないと
話すと、大久保はムリだと言います。
すると寝ていた龍馬が「打つ手はあるぜよ」
と起きてきて、自分が薩摩と長州の手を
組ませようと言いました。

吉之助はうまくわたりをつけてくれたら
長州へ行くと頭を下げます。

翌朝、夜も明けぬうちに、龍馬が出発
しようとしました。吉之助は寝てましたが
糸は気づいて見送ります。

龍馬は、タイムイズマネー、
薩摩の宝はサツマイモと宝島と西郷吉之助
だと名言を残し、去っていきました。



大久保、岩倉具視に会う

大久保は京の岩倉邸を訪ねて
岩倉具視(笑福亭鶴瓶)から書状を
受け取りました。

近衛、二条、九条、中川宮へ
再び長州征伐をさせないよう
働きかける内容です。

大久保が金子を差し出すと
岩倉は「中川宮には気をつけよ。
あいつは曲者や。まろみたいにな」
と忠告してくれました。

大久保が訪ねて行って、岩倉の文を渡すと
中川宮(なだぎ武)は「まろも出来る限り
お力添えさせて頂きます」と答えます。
大久保が金子を渡そうとすると
中川宮は断りました。

廊下で、大久保は「どこが曲者や。
月とスッポンや」とつぶやきます。

桂小五郎、長州へ

桂小五郎は下関の白石邸にいて
坂本龍馬と会っていました。
桂は長州に呼び戻されていたのです。

龍馬は、薩摩から船を借りて、異国から
武器を買うので、それを長州で買わないか
とすすめてきました。

桂が「薩摩だけは許さん」と怒ると
龍馬は「つまらん意地を張ったら
長州まで幕府に叩き潰されてしまうぜよ。
西郷さんまで恨んではつまらんぜよ」
と話します。

中岡慎太郎が西郷家へ

西郷家で、糸は吉之助があまりにあちこち
直すのを見ていると、自分たちに別れを
言っているように見えてしまうと
不安がりました。

吉之助は糸の手を取って「そげんことは
なか」と笑顔を見せます。

そこへ何者かが訪ねてきました。
元土佐藩士・中岡慎太郎(山口翔悟)です。
龍馬からの使いで、急ぎ長州へ来て
欲しいというのでした。



吉之助、文を海江田に託し、京へ

吉之助が糸に見送られ出立しようとすると
大久保からの火急の文が届きます。
徳川家茂が上洛し、諸藩を集めて
長州征伐の勅許が下されるというのでした。

吉之助は鶴丸城へ行って、大山格之助
(北村有起哉)海江田武次(高橋光臣)に
自分の代わりに長州へ行ってと頼みます。

大山が断りますが
海江田は行ってくれると言うので
吉之助は文を託しました。

一橋慶喜と中川宮

吉之助と大久保は二条城へ行き、
諸藩とともに徳川家茂と一橋慶喜と
面会します。

慶喜は、天子様より長州征伐は
日本国の重大事なので、改めて奏上せよ
とのことだと伝えました。

廊下で、吉之助と大久保が一安心だと
話していると、慶喜が家臣たちと
やって来ます。

吉之助と大久保が頭を下げていると
慶喜が来て「お前が大久保か。お前の働きは
よう聞こえておる」と岩倉が中川宮へ
宛てた文を投げつけてきました。
中川宮は慶喜と通じていたのです。

慶喜は「お前らお動きは筒抜けじゃ。
徳川の世をこれ以上汚すな」
と警告してきました。

海江田の裏切り

吉之助と大久保が鍵屋へ戻ってくると
龍馬が待っていました。
龍馬は畳をこぶしでたたいて
「わしはお前さんを見誤った。
まさか約束を違えて、京へ来とるとは!」
と怒ります。

吉之助が、海江田に文を託したと言うと
龍馬は、中岡しか来ていないと言い
「西郷さん、おまんは信用も義理も
人情も何もかも失うたぜよ」
と失望しました。

一方、薩摩では大山が「なぜだ!」と
海江田を殴っていました。
海江田は「間違っとるのは吉之助じゃ」
と言います。海江田は吉之助の文を
長州へ持って行ってなかったのです。

龍馬は怒って鍵屋を出ていきました。
吉之助は「おいは何をしとっとじゃ。
ないごて桂さんの気持ちを、
おごっとった」と後悔します。

大久保は「しかたがなか。天が味方せん時は
おいが味方してやる。チェスト!気張れ!」
と西田敏行さんの代わりに励まして
くれました。

吉之助は涙目で「チェスト!」
と叫びましたね。




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る