西郷どん 30話 笑福亭鶴瓶師匠の岩倉具視…

西郷吉之助(鈴木亮平)は
一橋慶喜(松田翔太)に見切りをつけ
討幕に向け、動き始めました。

吉之助は朝廷と慶喜を切り離そうと
京の近衛忠煕(国広富之)
近衛忠房(大窪人衛)を訪ねて
力を借りようとします。

しかし孝明天皇(中村児太郎)は
慶喜に頼り切りだと近衛家の2人は
渋い顔です。

吉之助が頭を下げて頼んでいると
ちょうど文が届きました。
近衛忠煕は「所払いされたヤモリからや。
下手くそな字や」と笑います。
「西郷どん 30回 怪人 岩倉具視」です。



笑福亭鶴瓶師匠の岩倉具視…

ヤモリと言われていたのは
岩倉具視で、笑福亭鶴瓶師匠が
演じていました。

鶴瓶師匠は「家族に乾杯」の時のような
いつも通りキャラクターで
京言葉でもなかったので、
まったくお公家さんに見えません(汗)

完全なるミスキャストでした。
駿河太郎さんなら、上品なので
出演してほしかったです(泣)

大久保一蔵(瑛太)が洛外の岩倉邸を
訪ねますが、あばら家で荒れ放題です。

岩倉は「天下のご政道を悪用することが
あれば、すぐに朝廷と幕府を引き離さねば
ならない。それが叶わぬ時は、幕府を倒す
こともやむなし」と文を書いていました。

大久保が「殿からです」とお金を差し出すと
岩倉は奪うように懐に入れ、再び文に
向かいます。

岩倉具視がヤモリと呼ばれる訳

薩摩藩邸で、吉之助は大久保に、岩倉具視に
会わせて欲しいと頼みました。近衛家で、
岩倉の文を読んで、吉之助は心を打たれた
のです。

しかし大久保は、文の最後に、お金を無心
する内容が書いてあるので、当てにするなと
冷たいです。

岩倉具視は、和宮降嫁を実現し、公武合体を
推し進めたのですが、尊王攘夷派の公家が
台頭し、朝廷を幕府に売った大罪人として
朝廷を追われてしまったのでした。

村田新八(堀井新太)がどうしてヤモリなの
と聞くと、夜中に起きて金目の物を探して
いるからと大久保が説明します。

吉之助と大久保、岩倉邸へ

吉之助は大久保と一緒に、岩倉邸を訪ね
ました。門を入っていくと、仕掛けがあって
2人は網に掛かり、吊るされてしまいます。
岩倉は、みごとかかったと大笑い!

岩倉は、ごはんをこちそうしてくれます。
吉之助が「うまか」と食べるのを
岩倉は気に入ってくれたようですが
毒が入ってるかもしれないので
自分で作っていると話しました。

そして岩倉は、吉之助のことは知っていると
帳面に情報が書いてありました。
公家のネットワークがあるようです。

吉之助は、岩倉の言葉は斉彬と同じだと
感動して、力を貸してと頭を下げました。

岩倉が、力を貸そうと、手を出すので
吉之助がお金を出すと、
岩倉は、それを奪います(汗)

岩倉の賭場に、桂小五郎が現れる

やがて岩倉は、畳を敷き始め、男たちが
集まってきました。賭場を開くのです。

岩倉にすすめられて、吉之助は賭けを
始めますが、まったく勝てません。
大久保は、いかさまを疑います。

端に、頬かむりをしている男を見つけ
桂小五郎(玉山鉄二)だと見抜きました。
いつのまにかいなくなってましたが
外で桂を捕まえます。

吉之助は、長州と手を組みたいと
誘いますが、桂は断りました。
禁門の変で、悪府に追われることになり
吉之助を毛嫌いしていたのです。

桂が「薩賊なんぞ」とバカにし刀を抜くと
大久保も刀を抜いて、睨みあいになります。
そこへ岩倉が来て「はい、お開き」
と止めてくれました。

桂と大久保が去ってから、岩倉は吉之助に
お庭方を命じると言います。

一橋慶喜とふき

京の一橋慶喜の元へ、2人の老中・
松平伯耆守(山田明郷)阿部豊後守
(佐藤尚宏)が訪ねてきました。
2人は江戸へ帰って欲しいと頼みますが
慶喜は天子様がお望みであるからと
断ります。

慶喜はフランスのサボンをプレゼント
しますが、ふき(高梨臨)は浮かない
顔です。慶喜と吉之助が仲たがいした
ことが、気に入らないようでした。

岩倉の文

吉之助が岩倉邸を掃除しているうちに
奥の部屋へ入ってしまい、雅な着物を
見つけます。

さらに箱の中には、公家や薩摩、長州、
土佐などへ宛てた文が入っていました。
幕府が朝廷を悪用することがあれば
幕府を倒すべしという内容です。

吉之助が動くべきだと言いますが
岩倉は、天子様の友だと言われてるのに
いまだに許される様子はないと怒り
吉之助は追い出されてしまいます。

笑福亭鶴瓶師匠、お公家さんに見えず

薩摩藩邸で、大久保は岩倉について
出会った頃は自信にあふれていたと
話しました。

吉之助は、岩倉邸にあった雅な着物は
手入れをされていた、都に戻る準備を
していたのに違いないと見抜きます。

数日後、吉之助は西郷信吾(錦戸亮)
小兵衛(上川周作)中村半次郎(大野拓朗)
らとともに岩倉邸を訪ねました。

半次郎や信吾が、文を読んで感動したので
話を聞かせて欲しいと頼みますが
岩倉は、文に書いてあったことは
全部ウソだと言います。

吉之助は一人の若者を連れてきました。
岩倉は「周丸か?」と表情を変えます。
岩倉の息子・岩倉周丸(福山康平)です。

周丸は「天子様よりお許しが賜れたので
ございます。そして『朕は決してそなたを
忘れておらぬ」と伝えてと言われました」
と話します。

岩倉は都の方へ頭を下げてから
まろの話が聞きたいなら、木戸銭を出すよう
要求しました。笑福亭鶴瓶師匠、ぜんぜん
お公家さんに見えませんでした(汗)




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る