西郷どん 29話 柏木由紀さん登場 吉之助の三度目の結婚

西郷吉之助(鈴木亮平)は朝敵・長州に
一人で乗り込み、戦をせずに争いを
避けました。

しかし長州を徹底的に叩こうとした
一橋慶喜(松田翔太)は怒り、
ついに吉之助と決別に至ります。

吉之助が1年ぶりに薩摩に戻ってくると
禁門の変、長州征伐での活躍ぶりは
薩摩に広まっていました。

かつての上司の井之上(おかやまはじめ)が
手のひらを返すようにすり寄ってきますが
吉之助は気さくに応じます。

大久保一蔵(瑛太)が「殿の側用人に
取り立てられたのだから、それらしくして」
と注意しますが、吉之助は誰にでも
丁寧に頭を下げました。

「西郷どん 29回 三度目の結婚」です。
中盤で、 柏木由紀さんが初登場しましたね。



吉之助、大久保に語る

吉之助は大久保とともに、
島津久光(青木崇高)島津茂久(長田成哉)
にあいさつに行きました。

茂久は吉之助の活躍を喜んでくれますが
久光は口をへの字に曲げ「大儀であった」
としか言いません。
それでも吉之助は「ありがたき幸せ。
光栄至極に存じます」と頭を下げました。

帰り道、川のほとりで、吉之助は大久保に
「もう幕府に日本国をかませてはおけん。
このままやったら日本国は、異国でなく
幕府に滅ぼされる。

長州征伐も徳川の脅威となる薩摩と長州を
戦わせ、弱らせつぶしてしまおうち。
日本国はおいたちが守らにゃならん。
そげな幕府ならつぶすしかなか。
日本を変えるには薩摩を変えねばならん。
おはんの力を貸してくれ」と頼みます。

大久保が「おいはついていけん」と断ると
吉之助は「じゃったらしかたなか。
おいは1人でやる」と上半身裸になって
川へ入って、子供たちとウナギ捕りを
はじめました。

通りかかった糸(黒木華)が吉之助を
見ているのに、大久保は気づきましたね。

柏木由紀さん登場

その夜、西郷家で、吉之助の帰りを祝う
宴が開かれ、大山格之助(北村有起哉)
海江田武次(高橋光臣)も集まります。

吉二郎(渡部豪太)は園(柏木由紀)を
娶って、子供ができていました。
柏木由紀さん初登場です。

やがて琴(桜庭ななみ)熊吉(塚地武雅)
だけでなく、大山や海江田も
吉之助に嫁をもらってと言ってきました。

数日後、西郷家に、吉之助のお嫁さん
希望の女性が、たくさん集まってきます。
ところが吉二郎が西郷家には借金があると
言うと、下豊留(金井美樹)たちは
嫌な顔になりました(泣)

吉之助が帰ってきて何の騒ぎかと驚いてると
川口雪篷(石橋蓮司)が現れます。赦免され
沖永良部島から戻ったのです。

雪篷は「下手な女子より、役に立つ。
わしを嫁にせえ」と西郷家に住むことに
なりました。吉之助の命の恩人とはいえ
ちゃっかりしてますね(笑)



吉之助、役者になる

吉之助は急遽お城に呼ばれ
久光から、どうして参勤交代をせねば
ならんのだと叱られます。

3年前、久光は幕府と掛け合って
参勤交代を止めてもらっていたのに
復活となったのです。それは吉之助が
あまりに簡単に長州をねじ伏せたからだ
と言いがかりをつけてきました。

吉之助は、薩摩のためと思ってやったことが
裏目に出てしまったと、顔を真っ赤にして
涙目になって謝ります。

久光は、泣いているのかと驚いて
吉之助の尻ぬぐいのため、
大久保に京へ行くよう命じました。

廊下で2人きりになると、大久保は
吉之助に、どういうことかと聞きます。
吉之助は、慶喜は再び長州を攻めるよう
命じてくるが、薩摩は長州につく。
久光の気持ちを動かすために
媚も売るし、偽りの涙を流すと
明かしました。役者ですね。

桂久武(井戸田潤)が追いかけて来て
久光の命令で、吉之助に嫁を取るよう
言ってきます。君命です!

満寿、吉之助と糸を引き合わせようと

大久保が家に戻ると、満寿(美村里江)
彦熊だけでなく、琴がいました。
吉之助の嫁取りのことで相談に来たのです。

琴が帰ってから、大久保は満寿に
海老原糸のことを調べてとお願いしました。

やがて西郷家に、満寿、糸、糸の父親・
岩山直温(塩野谷正幸)が吉之助の出世祝い
にやってきます。雪篷はお酒と鯛に大喜び!

驚いたことに、糸は離縁されていました。
満寿は糸の離縁を知り、吉之助と糸を
引き合わせようと連れてきたのです。

糸が「すいもはん、私は…」と言うと
園が生まれる!と陣痛で苦しみだし、
糸は産婆さんを呼びに、走り出します。

やがて女の子が無事に生まれました。
直温も、糸をもらってと頼みますが
糸は、離縁されたのは子供が生まれなかった
からだと打ち明け、去ってしまいます。

吉之助、糸に振られる

岩山家は、糸と父親の直温、
兄の直一郎(ミョンジュ)
その妻・トキ(植木夏十)と
その子が暮らしていました。

翌日、吉之助は岩山家を訪ねて
「糸どんさえよかったら、あの家に来てくれ
もはんか」とプロポーズします。

吉之助は、3人目の妻になってくれとは
ずうずうしいお願いで、子供のことは
天に任せようと言いました。

そして、民のための国を作りたいという志を
糸にわかってもらえたら心強いと話します。

しかし糸は「すいもはん」と断り
吉之助は「そうか。無理を言うたな」
と去っていきました。

西郷吉之助、チェスト、キバれ

吉之助は西郷家へ帰って、
糸の断られたと報告します。

岩山家で、直温は糸に、今日は吉之助が
旅立つ日だ、今までつらい思いをさせたが
今度はお前が決めていいと話しました。

トキが子供が泣いてると呼びに来ると
直温はトキを叱りつけ
糸に、吉之助とは二度と会えないかも
と話します。

糸は走り出して、西郷家へ行くと
吉之助は発ったばかりでした。
糸はまた走っていくと、吉之助が
橋を渡っているところで追いつきます。

糸は「死んだらやっせん。あん家で
お帰りを待っちょいもす。西郷吉之助の
妻として、新しき国を一緒に見たか。
ふつつか者じゃっどん、よろしく
お願いしもす」と頼みました。

吉之助は「ありがとな、糸どん」と
笑顔になって、京へ向かうと
「西郷吉之助、チェスト、キバれ」と
西田敏行さんでなく、黒木華さんが
エールを送りましたね。




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る