西郷どん 28話 小栗旬さん 遠藤憲一さんの坂本龍馬と勝海舟

禁門の変において西郷吉之助(鈴木亮平)は
薩摩軍の総大将として出陣し
右足を負傷してしまいます。

戦いは幕府軍の圧倒的勝利となりました。
しかし戦火は京全体に広がります。

薩摩藩は、長州軍が置いていった兵糧米を
焼け出された人に分け与えました。
さらに負傷した長州兵を薩摩藩で保護し
治療をほどこしました。

鎮火したのは3日3晩たった頃で
吉之助は西郷信吾(錦戸亮)に支えられ
焼け野原となった京を歩きます。
吉之助は犠牲になった人を思いやり
がれきの下から犬を助け出しました。

ふき(高梨臨)がぼうぜんと立ってましたが
なぜか髪も、着物もきれいで汚れてません。
ふきが、どうしてこんなことに?と聞くと
吉之助は薩摩、長州、幕府、朝廷、そして
自分の責任だと言います。

「西郷どん 28回 勝と龍馬」です。
小栗旬さんの坂本龍馬、遠藤憲一さんの
勝海舟と吉之助は初対面しましたね。



西郷隆盛と勝海舟との初対面

一橋慶喜(松田翔太)は松平春嶽(津田
寛治)松平容保(柏原収史)小松帯刀らに
勅命により長州征伐に向かうと命じます。

鍵屋で、小松から話を聞いて、吉之助は
慶喜に会いに行こうとします。
お虎(近藤春菜)が足を怪我した吉之助の
ために駕籠を呼んでくれました。

案内させて、慶喜の部屋の前まで来ると、
慶喜が誰かに「とっとと帰れ」と
怒鳴っているのが聞こえます。

やがて部屋から出てきたのが勝安房、
勝海舟(遠藤憲一)でした。
勝は吉之助を見て「西郷どん(せごどん)
じゃねえのか?」と聞いてきました。
これが西郷隆盛と勝海舟との初対面です。

吉之助と慶喜

吉之助が部屋に入ると、慶喜はイギリス
フランス、オランダ、アメリカ4か国が
長州に攻め込んだ、今こそ長州をたたき
つぶすとうれしそうでした。

そこへ、ふきが入ってきて、民のために
戦いをやめてとお願いしてきます。
家臣に連れ出されるふきに吉之助は
口を慎みなされ、ここは女子の来る
ところではないと冷たいです。

ふきが下がってから、吉之助は
「おいにもお役目を下さいませ。
長州征伐に身命をとしてお働き
いたします」と頭を下げます。

慶喜は、海軍をつかさどる勝が
戦をしたくないと言っているので
勝を説得しろと命じてきました。

西郷隆盛と坂本龍馬の初対面

吉之助は村田新八(堀井新太)とともに
大坂へ向かい、勝が滞在している旅籠を
訪ねます。

吉之助が主人に、勝と会わせて欲しい、
薩摩の西郷だと頼んでいると
坂本龍馬(小栗旬)が2階から降りて来て
「薩摩の西郷さん?」と聞きました。
西郷隆盛と坂本龍馬の初対面です。

しかし龍馬は「本物じゃろか?」と疑い
5人の護衛も姿を見せます。
勝に会おうと、有名人の名を語って
やって来る者が後を絶たないのでした。

吉之助が龍馬に追い返されそうになってると
ちょうど勝が戻ってきて「西郷どんじゃ
ねえか」と声をかけてくれます。



小さく叩けば小さく響き、大きく叩けば大きく響く

吉之助と勝が2階で話し合うのを
龍馬が後ろで聞いていました。

吉之助が慶喜からの書状を渡すと
勝はそれを読まずに、長州征伐の話
だろうとわかっていました。

勝は、咸臨丸で薩摩を訪ねた時
島津斉彬が異国の恐ろしさや
大砲や軍艦の大切さを教えて
くれたと話します。

吉之助が「じゃっどん、今生きておられたら
何と言われたか」と言うと
勝は、慶喜からの書状を火にかけて
もし自分が斉彬だったら、もう幕府なんざ
見限ることだと言いだしました。

吉之助が帰ってから、勝が吉之助について
たずねると、坂本龍馬は「小さく叩けば
小さく響き、大きく叩けば大きく響く」
と答えましたね。

第一次長州征討

吉之助から報告を聞いた慶喜は
勝に激怒します。そして長州征伐について
お飾りの総大将をすえて、吉之助に
采配を任せると言ってくれました。

吉之助が「謹んでお受け致しもす」と
頭を下げると、慶喜は「やけに素直じゃな。
てっきり異を唱えると思った」と言います。

吉之助は「たった今、勝ち目が見えました
ので、わしに任せてください」と本当に
素直でした。

2か月後、元治元(1864)年
大坂城に幕府軍が集結し
第一次長州征討がはじまります。

征討軍総督は元尾張藩主・徳川慶勝
(小宮孝泰)でしたが、軍議が
まとまりません。

吉之助は信吾や小兵衛(上川周作)たち
を集めてから、中村半次郎(大野拓朗)
川路利良(泉澤祐希)に長州へ潜入し
様子を探ってくれと命じました。

吉川監物と吉之助

幕府軍が大阪から広島へ進軍したところで
半次郎と川路が戻ってきます。
長州藩内では、幕府に恭順しようという
勢力が多くなってきているのでした。

吉之助は徳川慶勝に、戦わずに終わらせる
道があると進言し、単身長州藩へ乗り込む
ことにします。

岩国で、吉之助は岩国藩主・吉川監物
(猪野学)と対面しました。
吉之助は幕府からの申し状を渡して
厳しい条件ではあるが、それを受け入れたら
幕府軍を引くと交渉します。

三家老の切腹や長州藩主・毛利敬親親子の
謹慎などが条件です。何人かの長州藩士たち
が吉之助を斬ってやると刀に手をかけますが
吉川監物が収めてくれます。

吉之助は返すものがあると言って
吉川監物を別室へいざないました。
そこには傷の手当を受けた長州藩士たちが
いました。小松が連れてきたのです。

吉川監物は吉之助に感謝し、長州の家中に
伝えると約束してくれました。

西郷吉之助、一橋慶喜と決別する

戦いを回避できたことに、徳川慶勝は
満足し、新八や信吾たちも笑顔になります。

ところが慶喜は、吉之助に失望した
城を大砲で吹き飛ばし、城下を焼き払え
と言ったはずだと怒りました。

吉之助は、長州征伐は自分に任せると
慶喜は言っていたと反論すると
慶喜は、天子様と国への裏切りだと
責めてきます。

吉之助が「あなた様がなさろうとしてるのは
幕府を守るためだけの腐った政です。
日本が焼けても、徳川家だけが残ればよいと
思っている」と言うと
慶喜は「許さん!腹を切れ」と立ち上がり
ました。

吉之助は懐から短刀を出し「こん刀を覚えて
おいでですか?かつてあなた様をお守りする
ため、人を殺めた刀にございます」と
短刀を突き出し、前に出ていきます。

慶喜が後ずさりし、腰を抜かすと
吉之助は慶喜の股の間に、短刀を突き刺し
「こいでもう昔の縁は断ち切りもした。
われらも、もはやこれまででございもす。
御免つかまりもす」と去っていきました。

吉之助が廊下を歩いていくのを
ふきが見守っていました。
西郷吉之助、一橋慶喜と決別しましたね。




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る