半分青い 101話 間宮祥太朗さんあさイチ 斎藤工さん退場!?

喫茶おもかげ、鈴愛は裕子(清野菜名)に
「私、たぶん妊娠してる」と言うと、
ボクテ(志尊淳)シロウ(東根作寿英)も
「えっ!」とびっくり!

鈴愛は右耳が聞こえないので、ボリュームの
調整ができないようです。そして鈴愛は
妊娠検査薬を使ったようです。

間宮祥太朗さんが、朝ドラの後、あさイチの
プレミアムトークに出演してました。
いきなりアップで鈴愛にメッセージを
送ってましたね。



涼次はダメダメ

鈴愛が帰ってくると、涼次(間宮祥太朗)は
布団に寝ころんでいて「お金貸して」
と催促してきます。ダメダメです(泣)

鈴愛は財布の5千円の中から3千円を出し
「働きなよ、涼ちゃん。助監督の仕事ある
でしょ?」と言いますが
涼次は「永遠に監督になれない助監督
やっても意味ない」とやる気ありません。

鈴愛が「お金うちに入れてよ」と頼むと
涼次は「いらないよ、こんなはした金」と
夏目漱石の千円札を捨て、鈴愛がそれを
拾いました。

涼次が出て行ってから、鈴愛は「痛!」と
お腹を押さえます。

鈴愛、病院から帰ってくる

藤村家のブザーが鳴ったので、光江が離れへ
行くと、鈴愛は苦しんでいました。

涼次が帰ってくると、鈴愛はいないので
リボン付きの袋をテーブルに置きます。
プレゼントでしょうか?

光江(キムラ緑子)麦(麻生祐未)
めあり(須藤理彩)に付き添われ
鈴愛が帰って来ると、涼次が玄関前で
しゃがんでいました。

鈴愛、涼次に「子どもができたの」

光江は「この子、おなか痛いって倒れて
しまったんや」
麦が「ストレスで、一時的に痛んだん
だって」と言うと
涼次は「本当に、ごめんなさい。この間の
一件でぐだぐだになって。鈴愛ちゃん、
心労で」と謝ります。

鈴愛が何か話そうとするので、藤村三姉妹
は席を外そうとしました。しかし鈴愛は
ここにいてとお願いして、涼次に
「子どもができたの」と打ち明けました。

涼次は「マジすか?やった!子ども!
子ども欲しかった!鈴愛ちゃんとの子ども、
超うれしい」と大喜びし、
鈴愛を抱きしめます。

そして涼次は「俺、目が覚めました。
金輪際、映画はやめる。鈴愛ちゃんと、
おなかの子のために、俺が働く。カタギの
仕事を探す。映画の世界から足を洗う」
と言い出しました。
切り替えが早いですね。

三姉妹と鈴愛と涼次

台所で三姉妹だけで話します。
麦が「あの喜び方は、ヤバい」と言うと
光江は「それ言うたらあかん。言葉にしたら
あかん。ほんまになってまう。鈴愛ちゃんは
気付いとらん。ほんでええ」と言いました。

めありが「でも、子どもができた事は、
本当にうれしいんだよ。小さい頃、
親亡くしてるから」と言います。

離れ、涼次が赤ちゃんのエコー写真を見て
「4センチか、小さい。これ動くの?
今度絶対一緒に検診行く」と大感激です。

斎藤工さん、退場!?

オフィス COOL FLATに、鈴愛と涼次は
祥平(斎藤工)にあいさつに行きました。
涼次はスーツ姿です。

涼次は、映画の仕事をやめて、大納言を
手伝っていくと言い、赤ちゃんのことを
伝えると、祥平はわかってくれました。

そして祥平は名前のない鳥の脚本料をくれ
涼次が映画デビューできるよう力を貸すと
言ってくれますが涼次は断ってしまいます。
もったいないですね。斎藤工さんは
これで退場なんでしょうか?

晴と鈴愛の糸電話

楡野家では、仙吉(中村雅俊)が半紙に
「森山かえで」と書いていました。
ひ孫の名前を考えているようです。

宇太郎(滝藤賢一)が「何やっとりゃす?
鈴愛の子どもの名前、つけるつもりか?」
とからかうと
仙吉は、習字の練習だとごまかします(笑)

晴(松雪泰子)は鈴愛から電話を受け
何かを探し出します。
おなかの中にいいた鈴愛に話しかけた
糸電話でした。晴は涙を流します。




半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る