西郷どん 27話 禁門の変 長州力のリキラリアット

西郷吉之助(鈴木亮平)は
島津久光から軍賦役兼諸藩応接係という
役目を与えられます。
薩摩軍の総司令官です。

吉之助は一橋慶喜(松田翔太)からは
「お前の熱い心を俺にくれ。信じておるぞ」
と手を握ぎられました。

慶喜の屋敷を吉之助が出てくると
ボロ布をかぶった男が紙屑を投げてきます。
広げると「長州」の文字に、京が燃えている
絵が描かれています。

吉之助が近づいていくと、男は戦が始まり
京の町が焼けると書いてあるが本当か?
と質問してきました。

吉之助は「侍の本懐は戦をすることじゃなか
民の暮らしを守ることじゃ。心配せんで
よか」と笑います。
「西郷どん 27回 禁門の変」です。



玉山鉄二さんの桂小五郎と赤塚不二夫

ボロ布の男は桂小五郎(玉山鉄二)でした。
玉山鉄二さんはドラマ「バカボンのパパより
バカなパパ」の赤塚不二夫役もやっています
今回は180度違ったクールな役でしたね。

禁門の変の戦闘シーンでは、
長州力さんが来島又兵衛役で
リキラリアットを炸裂させてました!

吉之助が村田新八(堀井新太)と鍵屋で
話していると、ボロ布の男が訪ねてきます。
長州藩士・桂小五郎だと名乗って
両手をついて頼みがあると頭を下げました。

長州藩の久坂玄瑞(ニ神光)
来島又兵衛(長州力)ら過激派志士が
兵を挙げようとしているので、それを止める
ために一橋慶喜に会わせてというのです。

慶喜の身代わりに平岡円四郎(山田純大)を
斬ったのは長州藩士かと吉之助が聞くと
薩摩の人斬り半次郎ではと言ってきます。

大野拓朗さんの中村半次郎登場

一橋慶喜は孝明天皇(中村児太郎)より
禁裏御守衛総督という役を命じられました。
そして孝明天皇に「長州を討てとお命じ
下さい」と頭を下げます。

薩摩藩邸で、吉之助は小松帯刀(町田啓太)
に、桂が慶喜に会わせてと頼んできたと
報告しました。さらに平岡を斬ったのが、
薩摩の人斬り半次郎という疑惑についても
話します。

小松は迫田友之進(浜田学)とともに
稽古をしている藩士たちのところへ行き
慶喜を斬ろうとした半次郎はいるかと
たずねました。

中村半次郎(大野拓朗)は
「やっておりません」と否定し
川路利良(泉澤祐希)もかばいます。
半次郎は、濡れ衣はおいが晴らすと
出ていきました。

吉之助、桂と慶喜を会わせる

一橋慶喜は松平容保(柏原収史)から
下手人を聞いて「ここまで裏切られる
とは」と顔をゆがませながら笑います。

慶喜がヒー様に変身するのを
ふき(高梨臨)が手伝いながら
「西郷様だけは裏切らないで」
と頼みました。ふきが西郷が好きなので
慶喜は焼いているようです。

繁の屋で、ヒー様と牛男は歌って
踊り始めます。ところが太鼓持ちが
近づいてくると、ヒー様は侍だと
見抜きました。

桂小五郎は自己紹介して、文書を出し
天子様の力おを貸して欲しいと頼みます。
吉之助もお願いすると
慶喜は「わかった」と答えました。

慶喜は「幕府と薩摩と長州が組めば、きっと
この世を正すことができる。ともに天子様を
日本をお守りいたそうぞ」と話します。



枡屋喜右衛門は古高俊太郎

長州藩士たちは枡屋にひそんで、武器弾薬を
準備していました。枡屋の主人は枡屋
喜右衛門(木下政治)でしたが、実は
古高俊太郎という長州藩の患者だったのです

半次郎が訪ねて行って、慶喜暗殺を謀った
犯人を捜しているというと、枡屋は懐から
何か出そうとします。ピストルでしょうか?

そこへ桂小五郎が来て、長州藩士でないと
否定して「西郷君に伝えてくれ、貴殿の
おかげで長州は救われた。我らは同志
じゃと」と言いました。

半次郎が枡屋を去ったのと入れ替わりに
新選組がやってきましたね。

池田屋騒動

ひと月後、松平容保が一橋慶喜に
新選組が古高俊太郎を捕らえて
長州藩士らが御所に火を放ち
天子様を長州へ連れ去る陰謀が
あると報告します。

新選組は池田屋を襲撃し、長州藩士
9名を斬殺しました。池田屋騒動です。

怒れる長州藩は2千の兵を上洛させ、
幕府軍3万と戦になると小松と新八が
言いますが、吉之助は薩摩の役目は
禁裏守護なので、出兵は辞退すると
言います。

中村半次郎と西郷吉之助の再会

吉之助が藩邸の庭にやってくると
迫田友之進(浜田学)が頭を下げました。
吉之助が出世して、立場が逆転です(笑)

半次郎が声をかけてくると
吉之助は幼い半次郎を覚えていて
「半次郎、よか二才になったのう」
と笑いました。

そして吉之助が半次郎を疑ってないと
わかると、半次郎は桂が薩摩と長州は
同志だと話していたと伝えます。

下手人は水戸の者

吉之助が慶喜の邸宅を訪ねていくと
慶喜は陣羽織を着て、戦支度をして
いました。そして「桂の口車の乗せられ
バカだった。お前は薩摩の軍賦役だろう。
なぜ兵を出さない」と指をさしました。

吉之助が「桂を信じます」と言うと
慶喜は家臣たちを下がらせ
「平岡を襲った下手人が見つかった。
水戸の者だった」と打ち明けます。

そして慶喜は誰を信じていいかわからなく
なったと言い、吉之助だけは裏切らないで
と頼みました。

禁門の変

長州軍が山崎、嵯峨、伏見に陣を敷いたと
報告が入り、吉之助は出陣を決意します。
西郷信吾(錦戸亮)西郷小兵衛(上川周作)
も薩摩軍に加わりました。

吉之助は一同を前に、天子様をお守りする
ため出陣するが、長州を討つことが目的で
なく、長州を退去させることだと言い
チェスト!行け!と命じます。

元治元(1864)年7月19日、
禁門の変が始まりました。

薩摩軍は9つの門のうちの乾御門に
陣を敷いて、伝令からの知らせを受けて
います。

蛤御門の会津桑名軍が、長州軍に押されて
いると報告を受け、吉之助は薩摩軍を
動かしました。

長州力のリキラリアット

来島又兵衛(長州力)ら大砲を撃って
猛攻してきたので、薩摩軍も応戦します。
肉弾戦に突入し、長州力さんが
リキラリアットで薩摩兵を粉砕しました。

吉之助は大将の来島だけを倒せと命じ、
川路利良が銃で来島を倒します。
吉之助は薩摩軍に攻めるのを止めさせ
長州軍に命を取らないので、
刀を収めるよう呼びかけました。

長州軍がよろよろと戦闘をやめると
側面から幕府軍が長州軍に襲い掛かって
いきます。

吉之助が制止しようとしたところ
足を撃たれて、倒れてしまいました。
やがて戦火が広がり、京の町は
焼けてしまいます。




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る