西郷どん 26話 小栗旬さんの坂本龍馬、登場

小栗旬さんの坂本龍馬、
遠藤憲一さんの勝麟太郎(海舟)
笑福亭鶴瓶さんの岩倉具視が初登場
しましたね。

大久保一蔵(瑛太)が西郷が京へ来ると
伝えいに行くと、岩倉具視はイワシを
焼いていました。

鶴瓶師匠は関西弁丸出しで
ミスキャストな感じ(泣)
「家族に乾杯」などのまんまで
お公家さんぽくありません。
駿河太郎さんを出してほしかったです。

小栗旬さんの坂本龍馬と
遠藤憲一さんの勝麟太郎は茶屋で
西郷吉之助の噂をしていました。
「西郷どん 26回 西郷、京へ」です。



西郷吉之助、薩摩へ戻る

西郷吉之助(鈴木亮平)は薩摩に戻って
きます。徳之島と沖永良部島へ、流されて
1年半、奄美大島も加えるとおよそ5年の
島暮らしでした。

島津茂久(長田成哉)は「父上はおぬしを
薩摩にとどめておけときつく申され、京へ
上られた。私は飾り物の藩主だ。飾り物で
あっても家臣の声はよく聞く」と吉之助に
話します。

小松帯刀(町田啓太)は、島津久光とともに
京へ上った大久保から、西郷をよこしてと
要請があったので、吉之助にも京へ上る
よう命じました。

吉之助、家族や仲間との再会

薩摩の西郷家へ吉之助は信吾(錦戸亮)と
戻ってきます。仏壇のきみ(水野久美)ら
ご先祖様にあいさつします。西郷家は
家財を没収されたため、家を売り、
小さな借家へ引っ越していました。

安や鷹はお嫁に行き、吉二郎(渡部豪太)
琴(桜庭ななみ)熊吉(塚地武雅)
そして成長した小兵衛(上川周作)が
いましたね。

村田新八(堀井新太)とともに大山格之助
(北村有起哉)海江田武次(高橋光臣)が
やってきます。吉之助が寺田屋騒動で
亡くなった有馬新七のことを残念がると
大山も海江田も涙しました。

吉之助は島で見聞きしたことをまとめて
島民たちの暮らしは地獄だと訴えます。

八月十八日の政変で薩摩と会津が公家や
長州を追い払ったので、長州は薩摩を
憎んでいるので、今日は荒れていると
信吾が心配します。

深夜、1人になった吉之助は斉彬の短刀と
Cangoxinaと書かれた紙を置いて
「殿、戻って参りました。生かされた
天分に従いもす。見守ってたもんせ」
と決意表明です。

参与会議はまとまらず

西郷吉之助は村田新八とともに京へ
向かいました。その途中、糸(黒木華)と
すれ違いました。吉之助は力になれる
ことがあったら言ってくれと話します。
吉之助が去ってから、糸は振り返って
ましたね。

京では朝廷と幕府そして雄藩が合議で行う
参与会議が開かれていました。
中川宮(なだぎ武)一橋慶喜(松田翔太)
松平春嶽(津田寛治)松平容保(柏原収史)
山内容堂(大鷹明良)伊達宗城(長谷川公彦)
そして島津久光(青木崇高)が参預として
召しだされてます。

しかし一橋慶喜が意見をコロコロ変え
薩英戦争について「芋が焼き芋にならなくて
よかった」と久光をバカにし、
まとまりません。その一方で、慶喜は御所に
出向き、孝明天皇(中村児太郎)の
信任を得ていました。

大久保の畳回し

鍵屋の表には「薩賊」などの貼り紙が張られ
てしまっています。薩摩御用宿だったから
です。暗い顔の鍵屋(西沢仁太)
お虎(近藤春菜)たちでしたが
吉之助と新八が姿を現すと笑顔になります。

吉之助と新八が繁の家へ行くと、
大久保が畳を持って回していました。
平岡円四郎(山田純大)中根雪江
(ヨシダ朝)後藤象二郎(瀬川亮)らは
大喜びです。

参与会議がまとまらないので、
大久保は重臣たちだけでもまとめようと
必死なのでした(泣)
おゆう(内田有紀)は手を冷やす手ぬぐいと
腹痛に効く薬を持ってきてくれます。

大久保は吉之助に、久光と慶喜がぶつかり
長州からは薩賊と言われ、薩摩は日本の中で
孤立してしまうと話しました。
そんな中で、吉之助の評判だけが上がって
いるので、薩摩を救ってと頼んできます。
吉之助は「一蔵どん、新八どん、共に
気張っど」と手を取って気合を入れました。



西郷吉之助と島津久光

京の慶喜の屋敷に、ふき(高梨臨)がいて
牛男の絵を持っていました。ふきと慶喜は
親し気な様子です。

吉之助は大久保とともに薩摩藩邸で
久光と対面しました。久光はキセルを
吸って不機嫌そうです。

吉之助があいさつすると、久光は「わしは
許しちゃおらん、一橋も好かんが、お前は
もっと好かん。下がれ」と命じます。

吉之助が去ってから、大久保が「今一度
一橋様に会って下さい。もうすぐ政が
変わります」と頼みました。
久光は「お前はそんために、あん男を
呼び寄せたんじゃろう」と不満顔です。

吉之助と新八は慶喜を訪ねていきますが
平岡に追い返されてしまいます。
平岡は怪しげな男たちを気にしていました。

西郷吉之助と一橋慶喜

吉之助と新八が鍵屋へ戻ると、
お虎が来客を告げます。部屋へ行くと
ふきが待っていました。

ふきは「お懐かしか。こいをうちの人から
預かってきました。すぐに会いたいと」と
「牛男」と書かれた文を出します。
ふきは慶喜に身請けされ、一緒に暮らして
いたのでした。

吉之助と慶喜はお座敷で再会します。
牛男とヒー様です。
吉之助が久光に会ってとお願いしますが
慶喜は芋だとバカにします。

吉之助は「また逃げようとされておるの
ですか?開国すれば天子様に背くことに
なり、攘夷すれば異国と戦になる。どちら
も恐ろしかことでございます」と言います。

慶喜は「なぜ幕府はこんなに弱くなった」
と嘆き、井伊直弼を見直すと言いだすので
吉之助は、橋本佐内ら日本を憂う者たちが
散っていったと否定しました。

そして守るべきは民で、徳川も薩摩も
長州もない!天下に号令をかけられるのは
将軍後見職・一橋慶喜だと訴えます。

慶喜は「なんだかよく似てきやがったな。
斉彬殿に。わかった芋に会ってやろう」
と言ってくれました。

一橋慶喜の心変わり

吉之助は大久保とともに、久光のところへ
行くと「わしは薩摩に帰る。一橋とは
何を話しても無理じゃ」と言いだします。

そして久光は何か言うことはないかと聞いて
きました。吉之助は怒りを抑えながら
「ありがたき幸せにございます」と
頭を下げました。

久光は笑って、吉之助に軍部役兼諸藩応接係
という役職に任じてきます。

一橋慶喜が屋敷を出て、駕籠に乗り込むと
何者かが襲ってきました。駕籠に刀が
刺されると、中から転げ落ちたのは
慶喜でなく、平岡でした。身代わりです。

慶喜は「平岡じゃねえ。斬られたのは俺だ。
やりやがったか、どこの誰だか知らねえが」
とショックを受けました。

吉之助が訪ねていくと、慶喜は上機嫌で
笑顔をたたえていて、久光が薩摩へ帰った
ことを怒っていません。そして今までの
久光へのことは本心ではなかった
謝りたいと言ってきます。

そして「心と心でつきあいたい強き者が
おる。お前だ、西郷。お前の熱き心を
俺にくれ。薩摩と私は共にある。
信じておるぞ」と話しました。

しかし吉之助が頭を下げると
慶喜の笑顔が消えてます。
次週予告に、玉山鉄二さんの桂小五郎が
映ってました。「バカボンのパパより
バカなパパ」で赤塚不二夫役も
演じてますね。




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る