半分青い 86話 草太、大納言へ来て、鈴愛と涼次を見る

嶋田久作さんがカメラ目線で、100円
ショップについて解説してくれます。
100円ショッパー三種の神器は
油性マジック、ハンディモップ、メジャー。

鈴木と佐藤のハンコは常にストック。
店が暇な時は包装用の新聞切りです。

田辺(嶋田久作)は明日は小中学校の運動会
で、めっちゃ混むので心していきましょう
では「位置についてよーいドン」と
おもちゃのピストルを撃つと
涼次(間宮祥太朗)が走り出します。

涼次が「条件反射で飛び出しちゃいました」
と戻ってくると、鈴愛(永野芽郁)は
「一等賞だね」と笑いました。



涼次は藤村三姉妹のおい

光江(キムラ緑子)麦(麻生祐未)
めあり(須藤理彩)は藤村家で
明太子パスタを食べています。

涼次は光江たちのおいで
田辺にはおいであることを内緒で
大納言で働いてもらっている
と光江が話しました。

そして光江は3月うさぎをつぶしたく
なかった。涼次と一緒にやりたかったと
打ち明けます。

三姉妹とも涼次のことが
気に入っているようですね。

涼次のやさしさ

田辺から漫画家だったから
ポップを描いてと言われ
鈴愛は困った様子になります。

すると涼次が自分が描いていいかと
手を挙げてくれました。
出来あがった絵は、子供が描いたような
ほのぼのとした絵です(笑)

女の人がバラン(実は、おかずカップ)の
サイズ違いがないかと聞いてから
機関車エルモのはないかと聞いてきます。
鈴愛が困ってると
涼次はこっちにあると教えてくれました。
涼次、やさしいですね。

その女の人は嫁はシロガネーゼだと言い
「嫁は流しの下からもらえってよく言った
もんだわ」とぼやきます。
嫁は格下の家からもらえということわざ
なのです。

女の人が「あなたぐらいがよかったわ嫁」
と言われ、鈴愛は喜びますが
ほめられていません(汗)

田辺、謎の美女と失踪する

東雲(大方斐紗子)が来て
「こうして、こうなったの欲しいの。
丸くてキラキラ」と言ってきますが
鈴愛も涼次もわかりません。

行列ができていると言うと
東雲はさびしそうに帰っていきます。

次の男性は、ひげそりが無いか聞いてきて
涼次が田辺を探しに行きますが
田辺はいません。田辺は謎の美女から
「イッチ、来ちゃった」と言われ
失踪してしまったのです(笑)

草太、大納言に来る

草太(上村海成)が大納言にやってくると
鈴愛は「いいとこ来た。レジ入って」
と頼みました。
鈴愛と草太は赤いエプロンをつけて
レジに2人で並びます。

イケメン2人が入って、女子高生の客も
増えて、ごった返してきました。
草太はレストランのバイトをしていたので
レジ打ちはお手の物なのです。

女の人が負けてくれと言ってくると
涼次が、それはもうけ1円しか出ないと
説明し、納得してもらいました。

草太「姉ちゃん、あの人のこと好きなの」

ピークも過ぎて、お客さんがまばらに
なります。涼次は子供と遊んでいました。

鈴愛が「草太、お姉ちゃんは見ての通り
とても充実しているの。この店が
明日の運動会を支えているの」と言うと
草太は「チェーンの100円ショップ
ですが。大納言、岐阜にもあるよ」
と言い返します。

鈴愛は「漫画家はやめたけれど、とても充実
している。この新聞切るのも楽しい。だから
お母ちゃんと楡野家の人たちによろしく
言っておいて」と頼みました。

草太が「俺が言うの?姉ちゃん、自分で
母ちゃんに言うって言ってたじゃないか」
と文句を言うと、鈴愛は「頼むよ1つ」と
両手を合わせお願いします。

草太が「姉ちゃん、あの人のこと好きなの」
と涼次のことを言うので
鈴愛は「なんで?は?何言っとりゃあす」
と大慌て!

草太は「だって何度も見てたから」と言うと
鈴愛は「そんなことない気のせい。だいたい
涼ちゃん、明日でいなくなるし」
と答えます。草太、鋭いですね。




半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る